第17話 Эолотой петушок《ザラトーイ ピトゥショーク》金鶏

「中隊長!」

「何だね、ペトロヴィッチ曹長?」

「やられたのは何処の部隊ですか?」

「第2装甲化狙撃師団所属の部隊だ」

「おいおい、まじか?」

と、ウラジミールがパチンと手を叩いた。

「一昨日の映像だそうだ。二個少隊が哨戒任務中、そのまま連絡が途絶えて、この有様だ」

「あっ、もう一機映った!」

と、オレクが叫んだ。

「いや、三機……四機」

漸く引き揚げる気になったらしい。画面の中のドイツ機は次々と小さくなっていき、吹雪の中に消えて行った。

「って事は、6対4で全滅ですかい?」

「そうだ。司令部から十分警戒するようにとの御達しだ」

「警戒って、どうしろと? こんなのが来たら、瞬殺ですぜ」

ウラジミールの言う事も最もだ。今、我が中隊には三機の装甲狙撃兵が残るのみだ。しかも旧式のDe-3。対峙でもしようものならと思うと、ゾッとする。自殺行為だ。

「せめて、三機だけでもDe-9を今すぐ回してもらえるように出来ませんかね。なあ。そうだろう、ペーチャ?」

「ああ、そうだな」

私はもう一度映像を見ようと、中隊長のタブレットに手を伸ばした。

「上にはいちごがいっぱーい! もう我慢出来ない。一つ頂きますね……うーん、甘酸っぱ~い。ロシア兵の皆さんにも食べさせて上げたいな。おひとつ、どうぞ。はい、あ~ん」

「中隊長。何ですか、こりゃ?」

と、ウラジミールが笑いを隠さず、申し上げた。

中隊長も隠れてドイツの宣伝放送を聞いていたらしい。私も笑いを堪えずにいた。

ふと視線を横にやると、オレクが真剣な眼差まなざしで、放送に聞き入っていた。

「どうした、オレク? 女が恋しくなったか?」

「いえ……」

「それとも、母ちゃんか?」

と、ウラジミールが茶化した。

「これって、使えませんかね?」

「ん、どういう事かね、軍曹?」

と、赤ら顔のテデーエフ中隊長がただした。

「えーと。つまり。我々が女性の振りをして、戦ってみてはどうですか?」

「はぁ? 女装して、戦えだと? お前、気は確かか?」

と、ウラジミールがオレクを一発叩いた。

「いや、そこまでは。声だけです。声だけ。通信だけ、機械で女の声に変えて。勿論、女言葉を使うんですけど。敵がそれを聞いたら、ひるむと思うんですけど。駄目ですか?」

「女性搭乗員の振りをするという訳だな、オレク軍曹?」

「はい、その通りです」

「面白い。使える!」

「ちょっと待って下さい、中隊長。やだわ~、とか言いながら、操縦しろと?」

「そうだ」

「おい、ペーチャ。お前も何とか言え」

「うん……効果的ではあるな。機械的にも直ぐにでも対応出来そうだし」

「ですよね」

と、オレクは嬉しそうに相槌あいづちを打った。

ウラジミールは右手で顔を押さえていたが……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます