第9話 昇天

午後の昼下がり。私は鼻歌混じりに、任務を遂行していた。もうこの頃になると、小便器の茶色い汚れも、便器にこびり付いた糞もいとおしくさえ思えて来る。トイレットペーパーの三角折りも板に付いてきた。此処ここが私の戦場なのだ。

「はい、おいらは~、ちょっとこの辺の名物だ~、ホイサッサ。誰にでも知られた、掃除夫さ~。便器を磨いて、輝かせるのが得意~。愉快な仕事~、頑固な汚れはおいらの獲物~」

段々調子に乗って来た。はい、二番。

「はい、おいらは~、ちょっとこの辺の名物だ~、ホイサッサ。誰にでも知られた、掃除夫さ~。トイレットペーパーを取り替えて~、三角に折るのが得意~」

ドアがかすかに音を立てて開いた。それと共に、五、六人の男達が中へと入って来た。

私は目を疑った。はっ、と我に帰った私は、直ぐに直立不動の敬礼をした。

「随分とたのしそうに掃除をしているな」

「……」

私は生きた心地がしなかった。

「返事をせぬかっ!」

と、傍に控えていた将官が怒鳴ったが、その御方は右手で遮り、質問を続けになされた。

何処どこの所属かね?」

「昨日までは報道局新聞班でした」

「今日は?」

「経理局主計課であります」

「ふむ……で、何をやらかしたのかね?」

「あっ、う……」

先程の将官が凄い形相でこちらを睨んでいた。まぁ、言っても、良いだろう。相手は御偉いさんなのだから。

「スネグラーチカに関する極秘書類を目にしたからであります」

「ほぅ。スネグラーチカ?」

「はっ!」

御付の者達の顔色が一変した。

「偶然ですが、見てしまい」

「それで?」

「班長に全て忘れろと言われましたが、昨日、休日を利用して、市民図書館でスネグラーチカに関する児童書を貪り読んでしまい。それが上官の知れる所となり、今朝、転属の辞令を受け取った次第であります」

「はは、そうか。それは災難だったな……君はスネグラーチカに関してどう思うかね?」

いや、どう思うかねと聞かれても、文書の冒頭を少し読んだだけで、ちんぷんかんぷんで、答えようがないのだが。ふと、視線を逸らすと、先程の将官が早く答えろとあごでこちらを促していた。

「我がバイエルン王国だけではなく、神聖ローマ帝国に取って脅威になりる存在となりましょうや。必ず、これを除去しなければならないと、わたくしは考えます!」

「うむ。そうだな」

「はっ!」

何とか言いくるめた。

「君、名前は?」

「ティル・シュライベンであります」

「ティル・シュライベン少尉……覚えておこう」

「光栄であります、閣下っ!」

「儂も士官学校時代には懲罰で、よく便所掃除をさせられたものだよ。ははっ」

「閣下、御時間が」

と、またもや横槍が入る。

「シュライベン少尉、頑張りたまえ」

「はっ!」

一団は男子トイレから去って行った。私はブラシを片手に、ポツンと一人残された。間違い無く、先程まで此処ここに陸軍大臣のヘルムート・フォン・クレーマン大将が居た。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます