星剣使いの見習い騎士

瑞谷 桜

クラウ・ソラス

第1話漆黒の剣と新入試験


 ある者は求めていた――運命を砕く圧倒的な力を。

 ある者は求めていた――皆を従え支配する権力を。

 ある者は求めていた――自身以外誰にも持つことのできぬ富を。

 ある者は求めていた――誰にも負けぬ気品を。

 。だが何かを求めることすらも許されぬ闇の中で奇跡を信じ、もがいていた。

 そのような者たち各々の元、落ちる流星。その流星、剣へと変わる。そして、その剣に触れた者らは、自身の求めたその欲を叶えた。だがそれは、血生臭く醜い戦の引き金へ。。が、戦は起きることはなかった。……今はまだ。

 ――その後、その者たちはそれぞれ国を造った。

 力の国――クラウ・ソラス王国。

 権力の国――インペリアム帝国。

 富の国――グラム王国。

 品性の国——イクスカリバー教国。

 四つの国それぞれに、各々が持つ剣の銘を与え、国を治めた。ただ、最後の一人、奇跡を信じた闇の者の行方だけは




「わぁ……ここがクラウ・ソラスかぁ……!」

 馬車に乗りながらクラウ・ソラス王都を見て感動する少年。彼の名はクロム――クロム・フェイカ。

 彼が王都を訪れた理由。それは――

「ボウズ、そろそろ着くから準備しておけよ! お前さんの晴れ舞台だ!」

「はい、おじさん!」

 ——それは、王国騎士見習い生新入試験を受けるためである。クラウ・ソラスを含む四国では、その国で成人(クラウ・ソラスでは15歳)になった男女に、国王、または帝王に仕える者になる権利が与えられるのだ。なので、この時期になると、わざわざ田舎などからも試験を受けに少年少女たちが集まってくる。——試験は、《騎士》《魔法士》《学者》《農芸化学者》……その為多くの試験が実施されるが、大体の者達は《騎士》《魔法士》の試験を受ける————

 ということで、この国の端の端——ド田舎にあるフェイカ家から、クロムはやってきたのだ。

(絶対になって見せる、騎士に!)

 実家の地下から発見した黒塗りの鞘に納められた剣をぎゅっと抱きしめ、クロムは何かに誓うのだった。



 王国騎士の試験会場である王城へ着くと、クロムは自分を村からここまで送ってきてくれた商人に礼を告げ、内部へ続く――多すぎる、と思ってしまう程の段数の階段を上っていく。

(うわぁ、予想以上に人が多いなぁ……)

 周囲を見回すと、少年少女が階段を上っている。皆実家から持って来たのであろう剣を手にし、緊張を振り切るように、一歩一歩、一段一段進んでいる。

(それにしても高いなぁ。進んでいる感じがしない)

 クロムは人並みよりやや上程の体力があるが、先程から軽く疲労感と似たようなものを彼の身体は感じている。――そう感じるのも、彼も緊張と不安を纏っているからであろう。だが、幾ら身体がその感覚に襲われようとも、クロムにはその程度では折れない程のこころの強さがある。彼には、何としてでも騎士になるという目的がある。その目的を完遂するまで、剣が折られることはないだろう。


 …——程なくして彼は、階段を上がり切り、王城内部へと到着した。

「はぁ……はぁ……。スゥ……ふぅー……」

 鼻で息を吸い、口から吐く……この呼吸法は繰り返すことで呼吸の働きを正常にできるのだ。

 息が整い、門番兵士に声をかける。すると門番に「家名と自身の名は?」と訊かれ、「フェイカ家のクロムです」と伝えた。門番はそれを、手に持っている羊皮紙の貼られた板に記す。そして別の門番を手招きで呼び。クロムを王城の中へ案内させた。



 絢爛豪華な城の、よく手入れされた壁や床をチラチラと見つつ、門番について行く。

「この部屋で待機していてください」

 案内された部屋に入ると、中には先客——6人の少年少女がいた。どうやらクロムより先に着いていた者達のようだ。壁に寄りかかり座っている者もいれば、ふかふかとしていそうなソファーで寝ている者。楽しげに話す者達に、皮の水筒の中身を飲んでいる者。

 クロムはその水筒を見て、(そういえば喉が渇いたなぁ)と思ってしまい、無意識にそれを眺めてしまった。——それに気がついた皮の水筒を持った少女は、「喉が渇いたの? これ飲む?」と水筒をクロムに差し出してくれた。

 それに対し「ありがとう!」と目を輝かせながら、クロムは水筒の中身をグビッと一口飲む。 すると、喉が潤うのと同時に、何か違和感を覚えた。

「! これって――」

 驚くクロムを見て小首をかしげながら、少女は中身の正体を告げる。

「おいしいでしょ! 私の村のお酒!」

 そう……水筒の中身は酒だったのである。酒など飲んだことのなかったクロムが驚くのも無理はないが……、

「私の村では子供の頃からお酒って飲むものなんだけど、もしかして君のところは違った?」

「う、うん。というか水だと思って飲んだから驚いた……」

「あー、ごめんねー伝えるの忘れてた! 君名前は?」

 名を訊かれ――酒でもなんでもすんなり飲ませてくれたことに好感が持てたので、正直に教える。

「クロム、クロム・フェイカ」

「クロム……か、いい名前だね! 私はウルス・ルリビネア。よろしくね♪」

「ああ、よろしく!」とクロムが握手を求めると、ウルスも気を軽く彼の手を握った。

「——それにしても……」とクロムが会話を切り出す。

「こんな水筒初めて見たよ。水筒というか水袋っていう感じだし」

「ん? そんなに珍しいのこれ?」

「うん、僕の村だと、水筒と言ったらこれだから……」

 荷袋の中身を漁り、クロムは空の筒を取り出した。

「これ水筒なの?」「うん」

「確かに筒だね。あ、上の穴にコルク? で栓がしてある! ここを開けて中身を飲むんだね」

「そうだよ。竹ってやつで出来ているんだ。中身はここに来る前に飲んじゃったんだけどね。そうだ、その水筒の仕組み良かったら教えてよ」

「いいよ! これはね、中身がちょっと漏れてそれが中身を冷やしてくれて――」

 二人が水筒の話で盛り上がっているうちに、試験の刻は訪れた。



『これより、王国騎士見習い生新入試験を開催する‼』

 馬鹿でかい声で騎士団長が開催を告げ、観客が更に大きく『『『ワァァァァァ』』』と叫ぶ。

 ……何故試験に観客がいるのかというと、この国では毎年の恒例行事として、この試験を見世物として王が城の闘技場をひらいているのだ。これが好評であり、毎年非常に多くの見物者で溢れるのである。

『今年は昨年に比べ人数が少ない! なので今年はルールを変更し、君たちには一対一で王国騎士と模擬戦を行ってもらう。少ない数が、さらに少なくならんことを祈っているぞ‼』

(この数で少ないの⁉)

 クロムは心底驚きながら、多すぎると思っていた自分が実はおかしいのでは? と疑った。

「…——うーん、現王国騎士か……。もしかしなくても強いんだろうなぁ」

 どのような立ち回りをすればよいかなどもイメージしたが、相手の力量を知らない分うまくいかない。うーん……。と頭を抱えていたが、無駄だと感じ、クロムはため息を一つ吐いた。――…ふと、手にしている自身の剣に視線を移す。

(この剣も、中身を見てなかったな……)

 ――彼が実家から馬車でこの王都に出発する際、父親が剣を所持して向かわなければならない、と言っていたのを思い出した。急いで家中を探したが……見つからず――ジメジメとしていていつも入りたくないと思っていた地下へ、仕方なく足を踏み入れた。すると、奥にはなんと、ミスリル(最高級の合金)で出来た箱が置かれていた。それを開けると、中には、漆黒の鞘に納められた剣が入っていたのだ。ミスリルの箱に入っていたことに若干違和感を覚えはしたが、クロムは焦りに焦っていたので、その剣を持って大慌てで馬車に乗り込んだ――

 取り敢えず持ってきたものの、安心しきったクロムは王都への長旅の間、一回もこの剣を抜剣して確認していない。なので、もしかしたら剣身が錆びを起こしていたり、ヒビや刃こぼれをしている可能性もあるのだ。

(流石にそんな剣で模擬戦に出るわけにはいかないし、確認しておかないとね! 戦う相手のことは一旦置いておいて……、まずは抜いてみよう!)



『——では、次! クロム・フェイカ‼』

「は、はい……!」

『?』

 名前を呼ばれ、クロムは冷や汗をかきながら模擬戦を行う壇上に上がる。そんな彼を見て、騎士団長は怪訝な顔をした。何故なら、

『フェイカ、剣を抜かなくていいのか……?』

 そう、クロムは抜剣していなかったのだ。……いや、抜剣できなかったのである。

 ——クロムは剣の刃を見るために、鞘から抜こうとした。右手で柄を持ち、左手で鞘を抑えて引いた。だが、剣は抜けなかった。フンッ! ともう一度力を込めて引っ張ったが、やはり抜けなかった…――

 …——そういうことで、クロムは仕方なく剣を納めたまま模擬戦へ出ようと思ったのだが、(ダメだったのかな?)

『ふむ、余程自信があるようだな。フェイカ』

「い、いえそういうわけでは……」

『いいぞ! 私はそういう度胸のあるやつが騎士になってほしいからな! 鞘に納めたままではいけないなどルールには書いていないから、頑張れよっ‼』

 そうクロムに向かって、言いながら団長は拳をグッと握り応援してくれる。

 クロムがホッと胸をなでおろすと。何故か、歓声の嵐が闘技場一帯を包んだ。

「おお、おおお!?」「凄いわ。あの子……」「ウィ〜、ヒック……こりゃあ久しぶりに楽しめそうじゃわい!」「おい、爺さん飲みすぎるなよぉ〜ヒック」

 ……どうやら皆、馬鹿でかい声の団長のようにクロムがわざと剣を抜かないのだと本気で思っているようだ。

『では、フェイカ! 壇上へあがれ』

「はっ…………はいっ!」

 目的の達成のために怯みを捨てて、クロムは壇上へあがる。

 相手役の騎士も、剣を納めたままの彼を見て、こめかみをピクピクとさせていたが、すぐにフルフェイスの兜を被り、模擬戦用の木剣を構えた——受験者が安心して真剣を抜けるのは、騎士達が鎧を着用しているからというだけではなく、手練れだという点もある。騎士達は真剣相手でも怯まない程の者が選ばれている。騎士達はハンデで木剣を使い、受験者が全力を出せるようにしてくれている。なので、鞘に納めたままの剣で試験を受けるなど、逆にハンデを与え相手の騎士にお前は未熟者だ。手加減してやる、と愚弄していると受け取られる――この騎士は自分相手に剣を納めたまま戦おうとされたことがなかったのだろう、クロムは自分をなめている。と勘違いしているようで、兜を被る前に見えたが、青筋を立ていかっていた。

『両者お互いに構え! 勝負……始め‼』

 そして、クロムの試験が開始された。



 先に動いたのは相手騎士の方で、クロムへ向かって鋭く木剣を振るった。

 対しクロムは、瞬間的に避けると同時に、鞘入りの剣を騎士の胴に叩き込んだ。

 ——試合は、王国騎士の場合、受験者を戦闘不能にするか、場外に追い出すことで受験者は不合格になる。対し受験者は、王国騎士と同様に場外へ追い出すか、胴鎧や小手、兜、脛、のどれかに剣を三本当てれば合格である――

(まずは一本……!)

「……ッ⁉」

 この騎士は本気を出していたようで、絶対に自身の一撃が当たると思っていたのだろう。クロムとあったその目は、フルフェイスの兜越しでも分かるほど驚きを隠せていない。

「せいッ‼(一気に畳みかける!)」

 クロムは軽く跳躍しつつ、両手で大きく振りかぶった鞘入りの剣を、今度は兜へ向かって振り下ろした。漆黒の軌跡を描きながら、剣は加速し、

——…ゴッ…——

と鈍い音を立て、兜へ吸い込まれるように当たる。

(やった! あと一回当てれば――…)

「——僕が勝利するビジョンは見えたよッ……!」

 ……着地すると同時に剣の柄を握っていた右手を下へスライドさせ、左手を離して腰の位置まで落とし――柄下を右手だけで持って、ターンする。騎士は焦って、またクロムへ木剣を振り下ろしたが、先程とは違い、鋭さはほぼなかった――焦りが生んだ隙だ。

 なので、鞘の重さのかかった遠心力により加速したクロムの鞘入りの剣には、焦りによって遅くなった木剣は速さで勝てず、彼の剣は再び騎士の胴に打ち込まれたのだった。



『さ、三本あり! クロム・フェイカ、合格……‼』

 ——…あまりに一瞬の出来事に、会場は一時言葉を失った。受験者が騎士に勝つなど、そんなことは珍しくない。……問題は、クロムの速度。彼は皆の前であり得ないと思ってしまう程の速度で、騎士から三本を奪った。試合開始から終了まで、その時間僅か一分。——そう、騎士達は全員手練れ。いくら手加減していようとも、大抵の受験者は少なくとも6~7分程打ち合ってしまう。ましてやさっきの騎士は、クロムに挑発されたと思い、本気で意識を刈り取りに来ていた――会場を一時包んだ静寂は、拍手により切り裂かれた。そして、それに続くように、

 ——ウォォォォォォォォォォォォォォォ‼‼

 大歓声の嵐。それと共に戻ってきた、捨てたはずの怯みに襲われながら、クロムは見習い騎士になるという目的への一歩目を果たした。



 ――…少女は見つめていた……。大歓声を浴びる、自身と同年の少年を。



 兵士に休憩場へ連れていかれる途中。突然後ろから肩をガシッと掴まれ、勢い殺せずクロムはひっくり返った。

「フェイカ殿⁉」と、兵士が心配そうな声をかけてくるが、クロムの後ろを見るや否や、ビシッと姿勢を正し敬礼を行った。。

 何事かと混乱しつつ、クロムも後ろを見るために振り返ると、そこにいたのは、

「——…キレイだ……」とクロムが自然に口にしてしまった程の美しい少女であった。膝よりやや下までの動きやすそうなドレスを着ており、それの布はキラキラと輝いていて、髪はシルバーアッシュにピンクゴールドのメッシュが入っていて、毛先の方もややピンクゴールドがかっている。……クロムも思春期の男子、視線は直ぐに彼女のふくよかな胸へ移ってしまった。が、しかし、そんな容姿に似合わぬ腰に携えた——煌めく装飾が施された剣へと視線が移った。――彼女はクロムに迫り、流れるような自然な動きで抜剣し、喉元に切っ先を突き付けた。

「……な……」

「えっと……な?」

「……な……な、なな、何を言っているのですか、このたわけぇぇ‼」

「うぇえええええええ⁉」

 よく見ると少女は顔を赤くしており、剣を持った手をプルプルと震わせている。

 そのまま剣先はクロムの喉元に――なので、

「ヤバい、それヤバいから! 首切れるから! シャレにならないからぁぁ‼ ああっ、もう少し切れてるっ⁉︎」

「うるさいです、うるさいです、たわけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ‼」

 何故か(クロムは普通の反応)お互いにパニクりだす。少女が剣を振りかぶった瞬間に、慌てて兵士止めに入る。

「姫様! 落ち着いてください! 彼を殺してしまったら貴女様が困るのではないのですか⁉︎」

「姫だって⁉」

 衝撃に衝撃を重ねられ、クロムはさらに混乱してしまう。

「どうか落ち着きください! ティファル様」

 兵士のその言葉に、ティファルと呼ばれる姫は落ち着きを取り戻した。



「先程は……申し訳ございませんでした……」

 そう言いつつ、ティファルは頬を赤く染めうつむく。そんな姿がなんとなく可愛いな。とクロムは心中で思う。

「姫様も反省しているようなので許してあげてください」

「い、いえそんな、僕も悪いみたいですし……」

 まだ混乱はしているが、何故暴れたのかは分かったクロム。実はこのティファル姫、男性に「キレイ」などと言われたことが無かったようで、会うなりその言葉を自分に言い放ってきたクロムに、驚きと恥ずかしさ、そして嬉しさ(?)が混ざってしまい、パニックを起こして暴れてしまったようだ(恥ずかしさが一番勝った)。

(それにしても、恥ずかしくて暴れちゃうって、それはそれで可愛いな)

 クロムは改めて姫を見て、キレイだ(美しい、可愛い)、と思う。姫と言われれば、納得してしまうのはおかしくないだろう(事実なのだが)。それ程に彼女の容姿は人を夢中にさせるものであった。

 クロムが姫に見とれていると、兵士が突然真面目な顔になり、言った。

「フェイカ殿、姫様から貴方にお伝えなさりたいことがあるようなので、少しよろしいでしょうか?」

「ええ、まあいいですけど……?」

 クロムがそう答えると、「姫様。頑張ってくださいね」と、親指を立てながら言って、兵士はどこかへ歩いて行ってしまった。そして姫は「コホン」とわざとらしく咳払いをすると――


「——クロム・フェイカ様…………私の……、になってください!」

「え。…………ええええええええええええ⁉」


 それは、ティファル姫渾身の告白であった。


 一話、終



『登場人物紹介』

 ――クロム・フェイカ。

 王国騎士見習い生新入試験を受けるため、クラウ・ソラス王国端の端の東側......田舎にある、『ガラッド村』から王都へやってきた少年。

 鞘から抜けぬ謎の剣を実家の地下にて発見。それを持ちガラッド村から旅立った。

 ——剣の能力は未知数。


 ――ティファル・K・ヴァリアス。

 クラウ・ソラス王国の第二王女。クロムの試合を見物し、何か思うことがあったようだ。

 容姿端麗であり、その美しさに王国で開かれるパーティーの際によく貴族が求婚しようと挑むが、兵士達に制止される。(下手に彼女の『恥ずかしさ』というものに触れられると、怖ろしいことになるため。――クロムまでには手をまわすことは出来なかったようだが)

『力のクラウ・ソラス』を王から与えられている。

 ——剣の能力——

 1.『運命粉砕フェイトクラッシュ』、使い手に、『命に係わる運命』が訪れた時、その瞬間の光景を三分早く使い手に伝え、運命を変えるために粉砕させる。

 2.『剣力付与・エンチャント・ウィース』、使い手の身体能力(主に筋力)を大幅に強化する。追加効果で、剣に炎を纏わせる。

 3.『???』、能力不明。


 ——ウルス・ルリビネア。

 クロム同様、王国騎士見習い生新入試験を受けるため、王国近辺にある酒造が盛んな『バルソーム村』から王都へ出発した。

 常時皮水筒に酒を入れている。いくら飲んでも酒がなくならないのは、彼女だけの秘密。

 細かい技巧の加えられた製品に目がなく。主にクロムの竹水筒などの、自身の村には無いものに興味を示す。

 ——ただの鉄剣なので、剣に能力は無い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます