九月 : 語りかける長月

 今年も庭のキキョウが咲いた。星型の紫の花が咲くたび、君の居ないこの家が広く感じるよ。鈴虫の音しか聞こえないこの時間、長月と言われる夜の長さが辛い。


 僕等のどちらも悪くは無い。

 それは判ってる。


 君は君の才能を信じて進んだだけ。

 僕は僕のあり方を変えられそうになかっただけ。


 そう、判っている。

 判ってはいるけれど、君が居ないと感じるたびにやはり辛くなるんだ。

 理性では判っていても、整理がなかなかつかない。

 人の気持ちは難しいものだね。


 あれからもう二年が過ぎたね。

 たまに君のことを帰省した妹から聞くよ。

 妹と君の妹は仲が良いから、ここから遠く離れたところでも今も遊んでいるようだ。

 君の名前を妹から聞くたび、懐かしさと寂しさが胸に残るよ。

 僕の中に残る君はあの時のままで、顔も声も手の温もりも全て思い出せてしまうからね。


 こうしていまだに君を忘れられない僕が嫌いだ。

 失ったものをいつまでも悲しんでいる自分が嫌なんだよ。

 だって、きっと頑張っている君の今を悲しんでいるようじゃないか。

 

 キキョウの花言葉には誠実という意味もあるって、君は言っていた。

 自分に誠実でいたいのと別れる時に君は懸命に説明していた。

 ああ、君の誠実さが好きだった。

 自分にも他人にも君は誠実だったし、今もきっとそうなんだろう。


 でもあの時だけは、君の誠実さを恨んだんだ。

 馬鹿だよね。

 君の君らしさを恨んだんだよ。

 それで君を好きだなんて、なんてみっともないんだ。


 二人で別れを決めたあと、庭のキキョウを抜いて誰かに渡そうと何度も思ったよ。

 でも、できなかったんだ。

 キキョウがこの庭から消えると考えるだけで、胸に何かが刺さるんだ。


 きっとこれからもしばらくはできないだろう。

 君の名前を聞いても、懐かしさだけ感じられるようになるまで、僕はキキョウの花にこうやって語ることをやめられない。


 ――今夜も夜の長さと付き合うよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!