公女殿下の家庭教師

作者 七野りく

8,604

3,116人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まだ全部は読んでいないけど、気づいたら50話くらい読んでしまうほど引き込まれる。
設定がありきたりじゃないし、話自体もおもしろい。たまにクスッっとわらえるところもある。
あと、ヒロインがみんなかわいい!(ここ重要)
書籍版を買っていないことを本当に後悔した。
異世界系が苦手な人でも楽しく読み進められると思う。
本当に素晴らしい作品。
出会えてよかった。

★★★ Excellent!!!

電子書籍を買い物中にこちらの既刊が出て来たので気になり、カクヨムで読んでみたのですが。リディヤのおかげで初めてツンデレ(ヤンデレ?)の良さが分かりました。
他の作品と何が違うんだろうと考えると、アレンとの対等な信頼感なんですかね。

カクヨムではキャラクターが魅力的に描かれていて、発刊されている書籍では世界観の描写がプラスされて、ほぼ書き下ろしされているようなので双方読むと満足感が倍増しました!

★★★ Excellent!!!

年下殺しの主人公がわけあり少女達を開花させる物語。
登場する少女達が魅力的で可愛いくて、主人公が他の子と仲良くすると妬いちゃうシーンとかニヤけちゃいます。
女の子だけでなく、ティナの父親である公爵や教授もいいキャラしています。特に娘離れ、かつ大人の階段をのぼる娘を目にしてショックな公爵さんとか読んでて面白いです。

★★★ Excellent!!!

どこまで作り込んでいるんだとあきれるばかりの凝った設定。しっかりとしたメインストーリー。魅力溢れるヒロインたちと脇役たち。少しキャッキャウフフがしつこいかな?とも思うが、まあ許容範囲。主人公の無双ぶりと不憫さのバランスが絶妙。メイドさんたちがいい味出してる。魔法に限らず映像のイメージが分かりやすいので、アニメ化してくれるといいなぁ…。

★★★ Excellent!!!

登場人物がとにかくカッコイイ人が多い、余りのかっこよさ、そして優しさにうるっと来てしまうような最高の異世界モノです!。そして、何よりアレンが戦闘面だけでなく人として強いと言うことが上手く書かれていて今まで読んできた本の中で最高の主人公になっていると僕は思っています。

★★★ Excellent!!!

読みやすいけど、キャラクターが前フリもなく意味のわからないセリフで伏線を貼ってくるのやめて欲しい。
王女様が墓所の件っていってるけど、それだってアレン達は知ってるはずなので、王女様が知ったことを知らないのか、それとも別件なのか分からない。
みんなが皆頭がいい設定なのか、会話してるはずなのにたまに噛み合ってないように感じる。
言外の言葉を察しているのか、それならそれで地の文で出してくれないと読者は理解出来ません。
読者の理解力に期待している節が見受けられるかと存じます。
また、セリフ中で悲哀を表現する間が少なかったり、憤りを表現するタメが短かったりするのでサクサク読める割に共感を得られない様に感じます。

★★★ Excellent!!!

8巻を読み終わりすぐ続きを!!となり最新話まで読んでしまいました。
まだまだ完結が全然見えてきません...w
先生が出している「辺境都市の育成者」とのリンクもあり、楽しみながら読めております!!
魅力的なキャラや、死闘の数々、すべてが最高です!!
ステラちゃん可愛すぎます。

Good!

辛口感想
web版10章まで読了かつ書籍版未読
ヒロインたちに迷惑をかけられてもなんでも許すやれやれ系主人公と主人公を慮ろうとしない女性陣(+教授)が織りなすファンタジー作品。
主人公に卑屈さを除けば不快さは感じないし、設定はいいし、文章も読みやすいのでサクサク読める作品ではある。しかし、ヒロインの見せ場を出すために段々と主人公が舞台装置と化していく点と、そのヒロインたちもかなり似通ったキャラばかりで取り合いばっかりしていることかつ、ヒロインの行動の所為で主人公が命の危機に陥る羽目になったりするのでヒロイン1人1人にあまり好感が持てない点が残念。しかも、あるヒロインは最新11章で主人公の意見無視して強引に同行するとか成長している様子も見えないのでそこも難点。
そのようなヒロイン陣でも物語を楽しみたいと思えるなら良いファンタジー作品として読めると思う。
辛口で文句言っている自分が10章まで読み切れたのだから。

Good!

他の方も書いていますがニヤニヤが止まらない作品です。
ヒロインは全て可愛い(ノ≧▽≦)ノ
リディアがメインヒロインなのかなぁ?
えっ?違うのか?と、とてもおもしろい
ですが一方でヒロイン過多!一度戦闘に入るとそのヒロイン全ての視点で各場所の戦闘が始まるため、主人公全然出てきません(^-^;
日常てニヤニヤ
戦闘でモヤモヤダラダラ
主人公メインで見たい方はツラいかと(ヒロインメインなら感動)

★★★ Excellent!!!

まず驚かされるのが話が進むごとに広がっていく世界観です。細かい設定まで丁寧に作り込まれていて読んでいてワクワクします。
ヒロイン達も可愛くて、砂糖増し増しの甘さです。ハーレム苦手な人には少し厳しいかも!作者さんである七野りく先生本人は「まだギリ若葉マークの作家です」と供述してますが若葉から大木になるタイプの若葉なのでご注意ください。

★★★ Excellent!!!

叛乱あたりから面白さが一気に上がる。
序盤から4章まで、のらりくらりで読む気が失せてしまった。お気に入りの数が半減しているのも同じように思った人が多いのかと。終わりまでこういう流れかと思ったが、失礼しました。
諦めず読んで正解だった。読めばわかる。久しぶりに面白い小説だった。