第149話 鬼軍曹

 防空壕に逃げ込んだのは、ビンセントをはじめ、サラ、イザベラ、マーガレット、キャロライン、ヨーク少尉。

 カーターが連れてきたのが、ワイルド伯爵、タリス軍曹、エイリー上等兵、マッキー二等兵。それに、今日初めて顔を見る兵士が五名。

 元々近くに居たハットン。


 しめて十七名。

 砲弾の雨が降り注ぐ状況では、外の様子も伺えない。


 サラが溜息をつく。


「こまったなー。これじゃあ、港まで行けないよー」


「港ですかい?」


 タリス軍曹が身を乗り出した。


「そうなんだよー。わたしのお船が来てるから、ここに寄ったらそれに乗ってオルスに行く予定だったんだー。皇帝と仲直りするはずだったんだけどなー」


 王女が直々に帝都に乗り込んで皇帝と和議を結べば、現在の二正面作戦を解消でき、対神聖エイプル一本に絞ることができる。


「…………」


 誰もが無言だった。

 王都奪還のために集められた精鋭とはいえ、その兵力はたかが一個大隊、六百人。

 集合が遅れており、現在は半分も集まっていない。


 帝国と停戦した後、前線に出ている軍を王都に呼び戻して指揮下に加え、王城を制圧する手筈であった。

 王都を占拠している神聖エイプルの指揮下にあるのは、第三連隊だ。兵力はおおよそ二千人。

 しかし、それはあくまでもクーデター当時の人数であり、現在ではどれほどの将兵が恭順し加わっているのか、予想すらできない。


 何よりも、今の砲撃で味方には相当の被害が出ているはずだ。

 平民の兵士の集合が遅れている事が、せめてもの幸いだったかもしれない。


 暗闇の中、息をひそめる。

 砲撃の間隔は、徐々に短くなっていった。

 運用している者も慣れてきたのだろう。


 今は身を潜めるしかない。


「…………」


 やがて、砲撃が止んだ。


「様子を見てきます」


 ビンセントは立ちあ上がろうとする。しかし。


「待て。俺が行く。ハットン、お前も来い」


「うへぇ」


 立ち上がったのは、ヨーク少尉だった。


「俺が戻らなければタリス、指揮を引き継げ。……この目で状況を確かめたい。……大丈夫だ、無茶はせん」


 ハットンを伴ってヨークは地下壕を出ていく。


「…………」


 ビンセントは入口のマンホールをどうにか持ち上げ、外を覗いてみた。

 人、人、人。

 どこを見回しても銃を構えた兵士ばかりだ。


「やはり、屋敷は完全に破壊されています……ん?」


 今度は銃声が断続的に響いた。

 ヨーク少尉とハットンが全速力で走ってくるのが見える。

 そのまま蓋を跳ね上げると、二人は中に転がり込んだ。


「ハァッ、ハァッ…………!」


 二人とも息を切らし、全身が汗だくだ。


「まずいぞ。屋敷が包囲されてる!」


「神聖エイプルのやつらです……! あいつら、短機関銃まで持ってやがる……!」 


 続くハットンの言葉に全員が青ざめ、誰もが言葉を失った。


「あいつら、殿下を探しているみたいです! 瓦礫を掘り返してる! 隊長、俺、敵の指揮官を見たことあります!」


「ああ、確かノーラ・ギボンとか言ったかな……今回の作戦に参加するはずだった。裏切りか、スパイか」


 キャロラインは苦虫を噛み潰したような表情で額に手を当てた。


「ノーラはエリックのハーレムの一員だよ。噂じゃ酷い嗜虐趣味だそうだね。男には目がないくせに、女には容赦がない。平民のメイドを……何人かSMプレイが過ぎて死なせているそうだよ……いや、SMというより――」


 キャロラインは俯くと、青い顔で絞り出すように続ける。


「拷問だ」


 ビンセントは息を呑んだ。

 ノーラと会ったのはカスタネの夜会と、その後の打ち上げのみ。

 よく知らないが、そんな危険人物だったとは驚きだし、それを手なずけているエリックもまたただ者ではない。


 サラはイザベラに抱き着くと、腹あたりに顔を埋めた。

 全身が震えている。

 瓦礫を掘り返しているということは、死体でも構わないということだ。


「わたし、どうなるのかなー……」


 イザベラはサラの肩をしっかり掴んだ。

 しかし、掛ける言葉は見つからないようだ。

 お尻ペンペンでは済みそうにない。


「…………」


 昔、革命が起こって王政が打倒されたピネプル共和国では、王とその家族は捕らえられ、一方的な裁判の末に断頭台に送られたという。


「覚悟はさー。……してたつもりなんだけどさー」


 その更に前に王政が廃止されたアリクアム共和国もまた、王族は全て処刑された。

 こちらは断頭台ではなく、股裂きや磔刑など、各人それぞれ趣向を凝らして公開処刑されたという。

 サラも当然、そのくらいは知っているはずだ。


「大丈夫……大丈夫ですよ……」


 イザベラがサラの頭を優しく撫でるが、完全に出まかせだ。何の根拠もない。


「こわい……こわいよぉ……」


「大丈夫です……」


 ビンセントには、ただ見守るしかできなかった。

 サラは、まだお子様だ。

 その恐怖がいかなるものであるか、想像を絶する。

 しかし、何とかして打開策を考えなければならない。

 引き渡す訳には行かない。


「俺さぁ。殿下と同じくらいの娘がいるんだわ」


 沈黙を破ったのは、タリス軍曹だった。


「難しい事はわかんねぇけどよぉ。平民の俺なんざ、足元にも及ばない高貴なお方、つってもよぉ。ただのガキじゃねぇか」


 タリスはそのまま壁際に行くと、掛けてある銃を手に取った。

 短機関銃だ。


「なんつうの? よそのガキっつってもよぉ。怖くて泣いてるガキをよぉ。自分が危ないからってよぉ」


 話しながらもタリスは手を休めない。

 弾薬箱を開け、弾倉に弾を込め始めた。


「殺されるとわかって、ホイホイ差し出すなんざ、俺はゴメンだね。娘になんて顔して会えばいいんだよ」


 慣れた手つきだった。

 弾倉を短機関銃に取り付けると、もう一揃い準備を続ける。


「俺だってよぉ。家に帰れば『父ちゃん』な訳よ。殿下にゃ親父さん居ねぇけどよ、だったら誰かが父親役やらなきゃならねぇだろ。扶養義務ってやつ?」


 手榴弾を点検し、サスペンダーに括り付ける。


「王女だったらよ、エイプル王国全員の娘だろ。妹だろ。孫だろ。だったらよう、これからも生きて、国民全員の姉に、母に、祖母になるまで生きてもらわねぇとな!」


 初弾を薬室に送り込む。短機関銃二丁、両手持ちおじさんの完成である。


 ヨーク少尉はビンセントの肩に手を置いた。

 その顔には、恐怖も同様も伺えない。


「ビンセント。悪いがサラ様を……頼めるか?」


「はっ! しかし隊長――」


「頼む」


 ヨーク少尉は、ビンセントの目を真っ直ぐに見つめた。

 その目に宿るは、覚悟。


「…………」


 ビンセントも壁の小銃を手に取ると、弾を込めはじめた。


「伯爵はこちらに残り、カスタネのケラー首相に連絡をお願いします」


「わ、わかった。ヨーク君、君は……」


 ヨークは壁の銃を指さし、声を上げた。


「タリスの気持ちがわかる者ッ! 壁の銃を取れッ!! これは命令ではない! 逃げても敵前逃亡とは見なさん」


 カーターが、エイリーが、マッキーが、一緒に来た五人の兵士が小銃を取った。

 それぞれ弾を込め始める。


「…………」


 そんな中、ハットンは俯いて黙っていた。


「ハットン。お前は残るんだな?」


「め……命令じゃ……ないんですよね……?」


「そうだ。死にたくなければ逃げるか隠れるか、あるいは降伏しろ。ただし敵に何も喋るな」


 ヨーク少尉も意外に無茶を言う。

 捕虜が尋問されないことなどあり得ない。


「みんな無茶ですよ! 一個大隊はいますよ? あの人数相手に、まともに戦うなんて……!」


 ハットンは敵兵の数と装備を直接見ている。

 やむを得ない事だった。


「俺は……残ります……」


 ヨークは柔らかな笑みを浮かべ、俯いて震えるハットンの肩に手を置いた。


「いいんだ。それもまた、勇気だ。戦場に巣くう『死』に、その身を囚われてはならん。お前は生き残れ! これは、本当に命令だ!」


「はい……すみません……」


 涙と鼻水を垂れ流すハットンを、誰も責めなかった。

 本当に勇気があるのは、ハットン上等兵だったからだ。

 むしろ、臆病な者であれば銃を手に取ったことだろう。

 かつてのビンセントのように。


「やっぱり嫌だ、という者は今のうちに銃を置け。ハットンとここに残り、隙を見て脱出しろ」


 銃を置く者は居なかった。


「よし」


 タリス軍曹がサラの前に歩み出ると、膝を付いた。

 サラと同じ目線で語りかける。

 普段はとても見せない、穏やかな目だった。


「殿下。このロイド・タリス、生涯に一度の不敬をお許しくだせぇ」


「…………うん」


「俺ぁ今から、『人違い』をします。良いっすか?」


「…………うん。人違いは、誰にでもあるからなー」


 決してふざけている雰囲気ではない。

 タリス軍曹は、穏やかで優しい瞳をしていた。

 まるで、父がレベッカを見るような。


 サラが頷くと、タリス軍曹はサラをきつく抱きしめた。


「頑張ってくるからなぁ! 父ちゃん、お前と母ちゃんのために、立派に戦ってくるからなぁ! 身体に気をつけてな! 達者で暮らせよ! …………マチルダ!」


 サラもまた、タリス軍曹の肩に手を回す。


「無理しないでね、父ちゃん。…………ありがとう」


「マチルダ……マチルダ……マチルダあっ…………!!」


「父ちゃーん……」


 ビンセントはこの時、タリス軍曹の娘の名前を初めて知った。

 サラと同年代の女の子、ということしか聞いていなかったが、休憩中など事あるごとに写真を取り出しては眺めていた。

 写真を覗き込もうとしたり、冷やかそうとするものがいれば、彼はたちまち鬼軍曹と化したものである。

 その形相は鬼のようでありながら、どこか温かいものが隠しきれていなかった。

 まるで悪戯をした子供を叱るような、そんな顔だった。


「…………失礼しました。人違いです。殿下」


「いいんだよー。ごめんなー」


 ビンセントはサラをおんぶすると、適当な紐で離れないようにくくる。

 少し、余った。


「よこせ」


 タリス軍曹があまった紐を銃剣で切ると、鉢巻のように頭に締める。


「どうよ!?」


「イカすぜ! おっさん!」


 カーターが親指を立てると、二人はしばらくの間見つめ合い、やがて笑いあった。

 タリス軍曹が檄を飛ばす。


「さぁイクぜ野郎ども!! お姫様の船出だ!! 見送りの紙テープと花束、忘れんじゃねぇぞ!」


 全員が笑顔で頷く中、ヨーク少尉だけは冷静に指示を出していた。


「エイリー、マッキー、小銃擲弾を使うぞ。準備しろ!」


「はっ!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます