第132話 鏡の中の自分 その二

 医者がハサミでビンセントの服を切っている。

 骨折の疑いがあり、そのまま脱がすことはできないのだ。

 医者は顔をしかめた。


「殿下。イザベラさん。マーガレットさん。部屋の外へ出て頂けますか?」


 三人は顔を見合わせた。


「ちょっとね、彼もあんまり女の子には見られたくないと思うから」


「何でよ! ちんこ見るチャンスじゃない!」


 マーガレットは思い切りスリッパでイザベラを叩いた。

 医者は苦笑いするが、ドアを指差す。


「お医者様の言うことくらい聞いたら?」


 マーガレットは立ち上がった。しかし、サラは裾を引っ張ってそれを止める。


「サラ様?」


「せんせー。こいつらは見たほうがいいと思うんだよなー」


「しかし……けっこう刺激が」


 サラはかぶりを振る。


「だめだよー。こいつら、何も知らないんだからなー」


 医者はしばらく考えていたが、やがて頷くとビンセントの服を剥がしていく。


 誰もが息を呑んだ。

 ビンセントの身体のおおよそ半分は、醜いケロイド状の火傷の痕で覆われていた。


「これが、この戦争の現実ですよ。リーチェで使われたのはびらん性のガスで、マスクも防護服も侵食する厄介なものです」


 マーガレットは思わず目を逸らしてしまう。

 思った以上に痛々しかった。

 今にして思えば、ビンセントはどんな時でも長袖を着ていた。

 誰にも肌を晒そうとしなかったのだ。


 しかし、イザベラはビンセントに歩み寄り、膝をつくと穏やかな顔でその髪を撫でた。


「知ってたわ。見たことは無かったけど」


「リーチェは、確かに地獄よ。あんな所に行くなんて、もう絶対に嫌。死なないほうがおかしい、そんな世界よ、狂ってるわ。……でも、誰かが行かなきゃならないの」


 イザベラもまた、目に涙をたたえていた。

 傷を優しく撫でる。

 意識のないビンセントに、傍らで見守るマーガレットに、優しく、とても優しく語りかけた。


「……ブルースは、私たちの代わりに、そんな地獄に行ってくれたの。この傷は、そこで負ったものでしょう? ブルースが居なかったら、誰が行ったというの?」


「イザベラ……」


 マーガレットは目を逸らした自分を恥じた。


「そうですわ。これは、わたくしたちのために負った傷ですの。わたくしたちが……付けたのと同じなですわ。それを怖がるような、そんな無責任な女ではなくてよ」


 医者も寂しそうに笑った。


「そうですか、良かった」


 医者はテキパキと傷口を縫合し、骨折箇所に添え木を当て、包帯を巻いていく。

 手当はモニカも手伝った。

 専門家に任せるのが一番良い。マーガレットもイザベラも、治療を見守る。


 ものの一時間で、全身包帯だらけのミイラ男が誕生した。


「これで大丈夫。治療には時間が掛かるから、定期的に通院しなさい。容態が急変したら、すぐに連絡を頼むよ。夜中でもいいからね」


 医者は道具をカバンに詰め直しながら呟いた。


「若いってのは、良いものだ。ブルース君は幸せだね。いや、不幸……なのかな? 私も昔は……いや、言うまい。寝た子を起こす事になりかねん」


 遠い目をして医者は立ち上がる。

 白衣が儚げに揺れた。


「では、お大事に」


 玄関のドアがゆっくりと閉じた。

 イザベラが踵を返すと、まるで楽しみにしていた雑誌の発売日のような笑顔だった。


「さ、お義母様が戻らないうちにうちに、ちんこ見ようっと」


「ちょ、お待ちなさい!!」


 ◆ ◆ ◆


 ムーサから王都までのタクシー代金は、銀貨十枚。

 地球の価値で言えば、おおよそ一万円ほど。隣町である。

 それでも、王都の一般的な労働者の日当二日分。

 もしビンセントなら、汽車を使うかここまで歩こうとするはずだ。

 彼は非常にケチでみみっちい男だった。エリックもかつてはそうだったのだ。

 そういう所も、じつに気に食わない。


「ありがとうございましたー!」


 気前よく多めに渡すと、青い顔をしていた運転手は途端に笑顔になる。

 タクシーは走り去った。


「……ん?」


 屋敷が妙に賑やかだ。

 エリックが王都の屋敷の門をくぐると、メイドたちが列になって傅いていた。

 帰宅の連絡などしていないはずだ。


「お帰りなさいませ。旦那様」


 おそらく、王都で使用人の誰かに目撃されたのだろう。

 大した問題ではない。

 エイプル王国は自動車の普及が地球より大幅に遅れており、タクシーであっても誰が乗っているのかがかなり気にされる。


「ご苦労」


 メイドの制服も野暮ったかったので、エリックが自らデザインした。

 黒のミニスカートにフリル付きのエプロン、黒のストッキングはガーターベルトで吊るようになっている。

 地球時代に観たお気に入りのアニメで、ヒロインが着用していたものを再現したのだ。

 町の喫茶店が真似をして売上を大幅に伸ばしたと言うが、知ったことではない。

 こちらには本物が居るのだ。

 メイドはステータスだ。


 五分ほど歩いてやっと玄関に辿り着くと、そこには女たちが待っていた。


「お帰りなさい!」


「待ってたわ!」


「エリック!」


 レイラ。ドリー。メイ。ノーラ。エミー。マイラ。ドリス。そしてローズ。

 皆、エリックの恋人たちだ。


 生前、何気なくネカフェで読んだ少女漫画。

 それに出てくる、いけ好かないイケメンキャラを真似ると、なぜか彼女たちは頬を染め、やがて自分から恋人になりたいと言い出してきた。

 最初は驚いた。

 先王がジョージとマリア王女を結婚させる際、身分による結婚制限撤廃と同時に一夫多妻制を解禁したという。

 エリック自身にはそんな気はなかったのだが、一人、また一人と増えていき、やがて結託してローテーションで恋人になる、という話にまでなっていた。

 しかし、たまに複数で楽しみたい時もある。

 その時は苛烈な女の戦いが繰り広げられるのだ。

 なるべく平等に扱うつもりなので、調整は苦労する。


「どうしたんだ、お前たち。揃いも揃って」


 ローズがエリックの腕にしがみ付く。

 順番をつける気はないが、ローズが一番好みだった。

 スタイルも最高だし、誰よりもエリックを想ってくれる。

 何よりも、地球時代に好きだったアニメのヒロインに瓜二つだ。

 そのキャラの絵を描いたが、カスタネの食堂の親父がどうしても、というので譲ったのだ。

 背景が故郷のリーチェだから、と言われればやむを得ない。

 絵はまた描けば良い。


「うふふ……」


 エリックに会えたのが嬉しいのか、ローズは顔をクシャクシャにして笑った。

 確かにエリックの好みにピッタリだ。


 ただし、ローズは膜付きではなかった。

 そこが不満といえば不満だが、それを言う資格もない。

 エリックもノーラに喰われていたのだ。無論、性的な意味で。

 なお、ノーラはどう考えても年齢詐称っぽいが、違うらしい。

 さすが異世界、何でもありだ。


 ダイエットに成功したイザベラに、ちょっかいを出したのもそのためだ。

 やはり新品が良い。

 しかし、どうやらビンセントと親密らしい。あれは間違いなくヤッている。

 よほどのヘタレか、身体に問題……インポか、大火傷で肌を晒せないとかでなければ確実だ。

 ならばもう、どうでも良い。

 そもそもイザベラは将来リバウンドしてデブに戻る可能性もある。


 少し前に転がり込んできたルシアも、最後には子持ち――しかも二人、と判明した。

 冗談ではない。他人の子供など、育てる気は全く無い。

 自分から出ていってくれたのは、運が良かった。新しいパトロンが見つかったらしい。


 ローズは満面の笑みを浮かべていた。


「もうすぐ、あなたの誕生日じゃない? 少し早いけど、わたしたちね、あなたにプレゼントがあるの」


「なんだ、覚えていたのか」


 表面上はそっけない態度を取るが、素直に嬉しかった。

 地球時代は、女の子に祝ってもらった事などなかったのだ。


 メイド服姿のマイラが、ビロウドの布が乗ったトレイを差し出す。

 彼女は元々はマーガレットの家、ウィンターソン家のメイドだった。

 紆余曲折を経て今はフィッツジェラルド家にいるが、マイラの方から言い出した事だ。


 ローズが布をどける。

 姿を表したのは、プラチナに無数の宝石をあしらった王冠であった。


「エイプルの王様は、あなたにこそ相応しいわ。受け取ってくれる?」


「……………………」


 サプライズなプレゼントにしては、やけに豪勢だった。

 エリックが内心ドン引きするほど。


 マーガレットの父は衛兵隊の総司令。

 こんなアウトローの集団を囲っていては、婚約関係などとても維持できるものではない。

 エリックは婚約破棄という選択の正解を確信した。

 自由に生きることができなくなってしまう。


「まあ、それも悪くないな」


 力を持つものは、それを行使する権利と義務がある。

 面倒ではあるが、せっかくの異世界だ。

 行ける所まで成り上がってみるのも悪くないだろう。

 こんなことは地球では絶対に不可能だ。


「でも、まずは飯、風呂、寝る、だな」


 これだけは生前から何も変わらない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます