第131話 鏡の中の自分 その一

 ムーサの町から王都へ向かうタクシーの車内で、エリックは図らずも己の過去を振り返っていた。


「………………ちっ」


 思わず舌打ちした。

 ビンセントを見ると、どうしても思い出してしまう。

 以前よく見せていた、死んだサバのような目。

 まるでかつての自分自身だ。


 彼は下げたくないであろう頭を下げた。嫌々土下座しているのが丸わかりだった。


 それが、過去の自分に重なる。

 そのため、ついカッとなってしまったのだ。


 忌々しい遠い過去。もう、無関係なことだ。

 運転手が不安そうな顔をバックミラーごしに向けてくる。


「どうしました? お客さん」


「何でもない。いいから運転しろ!」


 思わず声が荒くなる。

 運転席の背もたれを蹴ると、運転手は小さくなった。


「し、失礼しました」


「…………」


 ◇ ◇ ◇


 この世には神も仏もない。栄えるのは、いつだって悪だ。

 そんな簡単なことに気がつくのに、ずいぶんと長い時間がかかってしまった。


『お前、いい加減にしろよ! お前一人のミスで全員が迷惑するんだからな!! やる気ないなら辞めろッ!!』


 ブラック企業に務める社畜。

 パワハラ上司に毎日のようにいびられ、過大なノルマは常に『その男』を追い込んでいた。

 下げたくない頭を下げ、心にもない謝罪の言葉を紡ぐ日々。


『すいません……以後、気を付けます』


 明らかに人が足りないにも関わらず、人員の補充は見込めず、給料も上がらない。

 時に一日六時間にも及ぶサービス残業は、当然無賃金。

 休日も出勤しなければならない。やっぱり無賃金。

 奴隷以下の待遇だった。


 独身で恋人もできず、たまに風の噂で聞く同級生たちは、とっくに結婚して子供を育てている。

 ある者はマイホームを建て、ある者は起業して社長になった。

 しかし、自分には何もない。

 彼女いない歴=年齢、立派な高齢童貞である。魔法は当然使えない。

 焦りはあった。後悔もあった。

 しかし、今さらどうしようもないのだ。


『いや、いいです』


『まだ何も――』


『もう充電無いんで』


 独身でフリーの女など、手の届くところにはいなかった。

 連絡先を聞けば、彼女らの携帯は常に都合よく電池が切れている。

 自分の番号も覚えていないそうだ。

 しかし、数分後には男に迎えを頼む電話を掛けている。

 何をやっても上手くいかない。


『なんだ、お前も草食系ってやつか! 俺らの時は――』


 バブル時代を謳歌したらしい先輩は、事あるごとに昔の豊かだった時代の自慢話を長々と続ける。

 正直、うんざりしていた。

 物心ついた頃から氷河期と呼ばれる時代で、仕事は無いのが当たり前。

 クルマも高級時計も、夢のまた夢だ。

 そもそも、最初から興味がない。


 ある日のこと。


『お、俺は……いったい何を……』


 気がつけば、満員電車でいつの間にか女子高生のスカートに手が伸びそうになっていた。

 そんなつもりは無かった。無意識だった。

 震える両手に渾身の力を込め、吊り革を握る。

 あやうく押しとどめたが、同僚が無実の罪で痴漢に仕立て上げられ、解雇された事を思い出した。

 あながち、本当に無実だったかどうかもわからない。

 彼の先例がなければ、自分がそうなっていたかもしれないのだ。


『うう……疲れた』


 ドブ臭いスラムのような一角、築六十年のオンボロアパートの一室が、自分の世界。

 安い缶チューハイと、毎週楽しみにしている深夜アニメだけが癒やしだった。

 しかし、それらもやがて飽きが来る。

 年々飲酒量が増えていく。

 ついにはストレスから不眠となり、睡眠薬に頼る日々。


 コンビニ弁当とインスタントラーメンに頼り切った食生活は乱れに乱れ、たった一年で体重は三割増えた。

 鏡を覗けば、そこには疲れ切った顔。

 目の下には深いクマが刻まれ、目やにと無精髭は不潔極まりない。

 スーパーで売れ残ったサバのような。そんな目だった。


『……まるで幽霊だ……どこにも俺の居場所なんて……』


 鏡から目をそらすようにシャワーを浴び、床につく。

 灯りを消すと、部屋の片隅に積み上げられたゴミ袋からカサカサ、と音がする。

 食べ残しにたかるゴキブリだった。


『う、うわあああああぁっ!!』


 紐を乱暴に引いて灯りをつけ、丸めた新聞紙でゴキブリを追い回す。


『クソッ、クソッ、クソッ!!』


 ゴキブリが上司の顔に見えた。

 渾身の力で新聞紙を振り下ろすが、ゴキブリは流しの隙間へと逃げていった。


『チクショウ……チクショウ……!』


 異変に気付いたのは、翌朝のことだった。


『…………ッ!』


 身体が、動かない。

 視界に映る天井が歪んでいる。

 自分が泣いているのに気がつくのに、かなりの時間を要した。


『誰か、助けて……』


 枕元の携帯が鳴った。

 アラームの鳴る時間には、まだ早い。


 言うことを聞かない腕をどうにか動かし、ディスプレイを覗き込む。

 見たこともないアカウントからのメッセージだった。


『異世界、行きませんか?』


 続きを読むと、指定された場所はすぐ近くだ。

 時間はもうすぐ。

 イタズラか、変な業者の広告だと思った。

 しかし、何かが引っかかる。根拠などわからない。

 ただ、身体が、精神が、悲鳴を上げていた。

 これ以上、こんな世界に居たくない。嘘でもいい。気休めでもいい。


 藁をも掴む思いで、寝間着代わりのジャージ姿のままジャンパーを引っ掛け、足を引きずるように指定の場所へ向かう。

 ひどく身体が重い。しかし、何かに導かれるように足は動いた。

 何の変哲もない、普通の公園。

 朝早くだからか、誰もいない。

 ベンチに腰掛け、その時を待つ。しかし。


『そりゃあ……そうだよな』


 何も起きなかった。

 目の前にあるのは、いつもと同じ公園。

 雀の声だけが聞こえる。


『…………』


 今日も、これから出勤しなければならない。

 殺人的な混雑の満員電車に乗って、嫌な上司にいびられ、先輩の自慢話に嫌々付き合い、過重なノルマをこなさなければならない。


 上司の叱責も、理由など何でも良い。

 怒鳴りたいから怒鳴る。そのために理由を探している。

 おかげで常に緊張を強いられ、疲労は何倍にもなる。僅かなミスも許されない。


 腹の底から突き上げる、不愉快な感覚と苦痛。


『ゲフッ! ゲフッ! ……?』


 思わず口に当てた手は、血に濡れていた。

 胃潰瘍だ。


 病院に行きたいが、そんな気力もない。

 病院に行くから遅れる、などと言えば、何を言われるかわからない。


『…………』


 嫌だ。嫌だ。嫌だ。


 何もかも放り出して、消えてしまいたい。




 ―― 人生をやり直したい!!




 ジャンパーのポケットの中には、睡眠薬。

 もらったばかりで、薬袋一杯である。


『もう嫌だ、もう嫌だ、もう嫌だ…………』


 プチプチと薬の包装を開く音だけが耳にこだまする。


『…………』


 手持ちの全てを開け、コンビニで買った缶チューハイで無理矢理胃に流し込んだ。


『ううぅ…………』


 強烈な吐き気が襲ってくる。

 朦朧とした意識で膝を着こうとするが、そのまま倒れ込んでしまう。

 遠ざかる意識の中、ぼやけた視界に青い光が浮かんできた。

 縋るようにして、手を伸ばす。

 しかし、その手が何かを掴むことはなかった。



『      』




 気がついた時、視界はぼやけたままだった。

 何やら声が聞こえる。しかし、意味はわからない。


『――――。――――?』


『――――! ――――!』


 巨人が覗き込んでいた。

 いや、巨人ではない。

 自分自身が、赤ん坊になっていた。


『――――!』


 どうやら生まれ変わったようだ。それに、ここは異世界らしい。

 それも、かなり裕福な家だ。

 フィッツジェラルドという貴族らしい。

 エリックと名付けられた新たな人生が幕を開けたのだ。

 新しい肉体は脳も出来が良いのか、知識をどんどん吸収できる。

 この世界でも近年は科学文明が発達しており、社会の変化で更に勝ち馬に乗る事ができそうだった。


 エリックは決心した。

 今度こそ、望むように生きてやろう、と。

 誰かの餌になって搾取されるのではなく、搾取する側にまわってやろう、と。


 この世界には魔法がある。

 地球では空想上の概念でしかない魔法は、貴族だけが使える。

 ならば、誰よりも早く魔法を身につけ、更なる力を得てやろう。

 前世では叶わなかった、恋人を作るという夢も、誰よりも早く叶えてやろう。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます