第三章 カスタネより愛をこめて

第60話 さらばカスタネ

 広場のベンチ。

 激闘の余韻は冷めやらず、人々は未だ熱狂の中にいた。

 そんな中、カーターは広場を後にする。


 イザベラとマーガレットの戦い。

 理由には全くもって興味が無かったが、彼女らの体捌きは見事であった。そして、強力な魔法。

 威力、射程は銃器に劣るとはいえ、魔法は『手ぶらで』『魔力の続く限り』使える。決して侮ることはできない。

 軍事的には陳腐化しているが、要人警護などではこの先も役立つだろう。

 イザベラは確かに強い。マーガレットとかいう女も同じくらいだろう。


 このままでは、カーターの『ブルース・ビンセントの相棒』の立場が危うい。

 色仕掛けで迫られては、カーターの筋肉をもってしても勝ち目はないだろう。

 カーターは両手で勢いよく自分の頬を叩く。


「オレは無敵だッ! オレは最強だッ! よし!」


 カーターの頭の中には、保養所の部屋にあったカスタネ周辺の絵地図が入っている。

 カスタネは初めてだが、駅と繁華街が離れているのは目印として都合がよい。

 滅多なことはないだろうが、町で万が一のことがあってもいずれ駆け付ける事ができる。


 カーターは走った。ただ走るだけではない。

 筋肉により大きな負荷を与えるため、一抱えもある岩を抱えてのジョギングだ。

 街はずれで拾った岩を駅まで運び、それを繰り返すのだ。

 かつて、魔力は体力に比例するという説があった。現在では否定されているが、経験則としては近いものがある。


「……ぬおおぉッ! コイツぁキツイな!」


 もちろん街中でこんなことはできない。

 安全は全てに優先するのだ。


 ◇ ◇ ◇


「ハァッ! ハァッ! ハァ……」


 カーターは駅に着いた。

 距離自体は大したことはないが、さすがにヘビーなウェイトである。


「み、水……!」


 トレーニング中に水を飲むことは体に悪いとされていた時代もあるが、単なる精神論であり、現代では医学的な根拠から明確に否定されている。

 脱水症状を起こさないために、適度な水分補給が必要だ。

 水分の他にも体から失われるミネラルや電解質を補給する『スポーツドリンク』を商品化したいとカーターは思っているが、金もコネもなく残念ながら実現には至っていない。


「なッ……! 水道も井戸もないのかッ!」


 あるにはある。

 しかし、全て有料であった。カスタネは観光地である。


「クソッ、どうせ金払うなら別のもの飲むぜ! おばちゃん、ビール!」


「あいよ」


 カーターはビールを買うと、ベンチにどっかと腰を降ろす。

 素手で瓶の王冠をむしるように取ると、一気に煽った。


「美味いッ!」


 思わず力が入り、王冠を握りつぶす。それほどまでに美味である。


「何だこれはッ!? こんな美味いモノがあって良いのか!?」


 カスタネ限定品らしく、王都でもフルメントムでも見たことがない。

 ラベルをまじまじと見つめると、横から声がかかった。


「……うるさいわね。汽車待ってるんだから静かにしてよ」


「あぁん?」


 大きなトランクを持った女だった。黒髪のおさげで、泣いていたのか目元が腫れている。


「お気楽な事言っちゃって。人の気も知らないで」


「オレが知るかッ! 何があったッ!? 話せば残りをやっても良いぜ!」


 カーターは女にビール瓶を突き付ける。


「暑苦しいわね……」


 女の口元に、微かな笑みがこぼれる。女は、訥々と身の上話を語り始めた。


 ◇ ◇ ◇


「つまり、雇い主の婚約者と男女の仲になって、それでクビってことだな!?」


 女は無言で力なく頷く。


「アンタが悪いッ!! どう考えても庇いようがないッ!!」


「はっきり言うわね」


「その婚約者ってのも悪いけどなッ! ぶっ殺しても良いぜ! オレが許すッ!」


「殺すなんて……」


 カーターはビール瓶を女に突き出す。中身はまだ、半分ほど残っている。


「殺した気になって新しい人生を送れ、って事だぜ! 本当に殺す必要はねぇよ!」


 女は少し戸惑っていたようだが、結局ビールを受け取った。一気に煽る。


「……良い事言うわね」


「オレ様は良い事しか言わんッ! 見ろッ!」


 カーターは立ち上がると、両腕の力こぶを強調する。『フロント・ダブルバイセップス』だ。

 そのまま女に背を向け『バック・ダブルバイセップス』へ。『フロント・ラットスプレッド』、『バック・ラットスプレット』と続ける。

 女に笑顔が戻った。そう、これこそが肉体言語である。鍛え上げた筋肉は千の言葉よりも人の心を動かす。


「ふふっ。もういいから」


「まだだッ!!」


 まだ基本ポーズの途中だ。ボディビルは八種の『基本ポーズ』の後、『フリーポーズ』へと移る。


「いや、本当にもういいから」


「ダメだッ!!!!」


 まだ基本ポーズすら終わっていない。

 構わずに『サイド・チェスト』、『サイド・トライセップス』、『アブドミナル・アンド・サイ』と続け、『モスト・マスキュラー』に入ろうとした時……


「マイラ!」


 息を荒げながら、もう一人の女が走ってきた。

 カーターは舌打ちする。横槍以外の何物でもない。


「ドリス!? なぜここへ?」


 ドリスと呼ばれた女は、それには答えずマイラの胸に飛び込んだ。


「マイラ! ああ、何てこと!」


「ドリス……私――」


 マイラの言葉は、ドリスの唇によって塞がれた。

 そのまましばしの時間が流れる。


「マイラ……王都で待ってて。大丈夫、何も心配いらないわ」


「ドリス……」


「私だけじゃない。みんな、あなたの味方だから」


 二人は抱き合ったまま、頬を染めて見つめ合う。

 まるで、二人の他には世界に何も存在しないかのように。

 声をかけても、一切何も反応がない。言葉などいらないようだ。


「……ま、人生色々あらぁな」


 カーターは何だか色々とどうでも良くなり、カスタネの町へと足を進めた。


「せっかくオレ様がポージングを決めてやろうというのに、もったいない奴らだぜ」


 筋肉こそ全ての悩みを解決する。

 それがこの世の真理だ。

 しかし、価値観を急に押し付けるのも良くないだろう。

 長い付き合いの中で、徐々に馴染ませるしかない。


「あばよ、未来の女性ビルダー」


 フルメントムでカーターの帰りを待つエミリーの顔が脳裏に浮かぶ。

 必死の努力にも関わらず、エミリーはまるで筋肉が付かない。サボっている様子はないのに、だ。

 むしろトレーニングをするほどに柔らかく、しなやかに女らしくなっていく。


「何事も無理は禁物、って事かねぇ」


 カーターは、岩を持ち帰るのをやめた。



 ◆ ◆ ◆


 売店のおばちゃんは激怒した。


「誰だい! こんな所に岩を置いたのは! 邪魔でしょうがないよッ!!」


 おばちゃんが押しても引いても、岩は微動だにしない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます