第48話 誰がために

「相変わらずすごいですね、すっかり元通りです」


 ビンセントは、手を握りしめ、肩をぐるぐると回す。

 剣で貫かれた腕も、なんの痛みもない。思い通りに動かせる。

 鏡を覗けば腫れ上がって別人のようになっていた顔も元通りだ。

 親知らずは抜けたままだったが。


 これが、王家の血筋だけが扱える特別な魔法。

 しかし、エイプル王国に使い手は目の前の少女だけだ。

 医学の常識を覆す奇跡は、制限も大きい。


「どうだー、すごいだろー」


 サラが両手を腰に当て、胸を張る。


「無理をさせて、すみません」


 ビンセントは深々と頭を下げる。

 本来、回復魔法を受けられるのは地位の高い貴族か、外国の王族くらいなのだ。

 ビンセントのような平民で回復魔法を受けた者は、歴史上存在しないのではないだろうか。


「仕方がないよー、お前を治さないとイザベラが泣くもんなー」


「案外泣き虫ですからね、あの人……おっと失礼」


 思わず口が滑った。

 当の本人は柱の陰からこちらを覗いている。怒らせてしまっただろうか。


「じゃー、あと頼むなー」


 サラは外に駆け出し、イザベラが歩み寄る。

 その精悍な顔つきは、まるで何事も無かったかのように、いつもと同じ。

 凛とした表情と話し方は、素直に格好良いと思える。


「バカめ。オルクごときに苦戦するようでは困る。所詮あいつは、あの程度の男なのだ」


 そう言うとイザベラはふん、と鼻を鳴らす。


「なんか、すいません……」


 確かに、情けない姿を晒してしまった。

 しかし、魔法の使えない平民が、魔法使い相手に銃無しで、かつ相手を殺さないように立ち向かう方法は、殆ど無いだろう。


 イザベラは、唇をきゅっと結ぶと、ビンセントを見据えた。


「ビンセント。跪け」


「え? はい」


 言われるままに膝をつく。

 イザベラはポケットから金属製の光る何かを取り出すと、ビンセントの胸に取り付ける。


「これは……」


 サイダーの王冠に穴を開け、イザベラの髪を縛っていたリボンを通したものだ。

 胸ポケットに留めた金具はヘアピンである。


「ブルース・ビンセント一等兵。勇敢な行いと戦功を称え、イザベラ勲章を与える」


「え……これを……俺に……」


 イザベラは少し顔を赤くした。ちょっと恥ずかしいのだろうか。

 わからないではない。自作勲章は恥ずかしいだろう。


「ち、ちなみにイザベラ勲章というのは今作ったものだ。国の正式な勲章ではない。年金も出ないからな」


 イザベラは言葉を区切り、少しだけ俯く。


「……お前ほど勇敢な男を、私は知らん」


 この時、ビンセントの中で何かが大きく動いた。

 灰色の世界に色が付いたような、そんな感覚。胸の奥から暖かいものが湧き上がってくるような、こんな感触は久しく忘れていたものだ。

 イザベラの口調が柔らかくなった。


「でも、もうあんな無茶は――」


「来たぜ! 相棒!」


 イザベラの言葉を遮ってカーターの大声が響いた。

 心配されたような気もする。しかし、ビンセントは聞こえないふりをした。

 これからも戦いは続くだろう。魔法も剣術も使えず、格闘も心許ない自分に取れる戦法は限られる。

 そして、その大半はリスクを伴うものだ。


 しかし、ビンセントは何だってやる気持ちになっていた。

 これまで彼にとって、戦いとは単に『作業』に過ぎず、否応なしにやらなければならないものであった。

 しかし、今は少し違う。イザベラ、カーター、サラに危険が及ぶのがどうしても我慢ならない。



「ありがとう……か」


 誰にも聞こえないように小さな声で呟く。


「ん? 何か言ったか」


「いいえ、何も」


 ビンセントは自分の髪に触れる。先ほどまで包帯から飛び出ていたあたりだ。

 穏やかな笑みがこぼれる。

 ビンセントはそれが周囲にばれないよう、下を向いた。


「何だって、やってやるさ」


 ビンセントは報われたのである。


 ウィンドミル監察官が手配してくれた馬車が届いた。

 今度はある程度ちゃんとした幌馬車で、エクスペンダブルが曳いている。


「ウヒヒ! ウホッ!」


 馬の奇妙な笑い声が響いた。

 馬車にはカーターがウィンドミルに頼んでくれた毛布、着替え、保存食、補充の弾などが積まれている。


 ◇ ◇ ◇


 空はどこまでも青く、澄んでいた。爽やかで優しい風が吹く。


「雨はあがったようだな。行くぞ、ビンセント」


 いつもの調子でイザベラが言う。


「ええ、今行きます」


 ビンセントは勲章をポケットに大切にしまう。

 靴紐を結びなおすと、馬車に乗り込んだ。



 目的地カスタネはもうすぐだ。


 カスタネから南に進めば、中立国アリクアムとの国境。北に進めば、最大の戦場、リーチェ。

 王女とその騎士を待ち受ける、大きな分岐点がそこにある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます