第46話 人でなしの恋 その五

「ヒャッハーーーーーーッ!! 待ァたせたなアッー!」


 ドアが勢いよく蹴破られ、部屋中に響く巨大な銃声が轟く。

 ほぼ同時に、ビンセントを踏みつけていた甲冑ゴーレムが弾け飛び、バラバラになって部屋中に飛び散った。

 

 カーターはボルトを操作し、対魔ライフルの排莢をする。しかし、次弾装填は行わずに対魔ライフルを放り投げた。どうやら弾切れらしい。


「そんな馬鹿な……! 七十体のゴーレムを突破しただと?」


 オルクの狼狽した声が響く。


 この時をずっと待っていたのだ。

 この言葉が聞きたかったのだ。

 この顔が見たかったのだ。


 ビンセントは狂喜し、醜悪で歪な笑みを浮かべた。


「悪いな相棒、遅くなっちまったぜ!」


 カーターは側面から大胸筋を強調するポーズをとる。サイドなんとかと言うらしい。

 飛び散る汗と真っ白な歯が輝き、不快極まりない。


「遅刻の言い訳くらいしろ、バカヤロウ」


 憎まれ口をきくのがやっとだ。だが、これだけは言っておく。


「カーター、お姫様たちを頼んだ」


「無理すんな! 後は任せろ!」


 しかしビンセントはかぶりを振る。

 どうしても、どうしても自分でやりたかったのだ。


「お姫様を助けるのは王子様……だろ? ボールドウィン卿」


「オレは貴族じゃねぇ」


「いいや。そこの人形マニアより――」


 ビンセントは最後の力を振り絞ってオルクに駆け寄る。


「ひぃッ?」


 走る。全力で走る。

 そのまま勢いをつけて、顔面に渾身の飛び蹴りを叩き込んだ。


「――よっぽど貴族らしい」


「ふぐぉ……!」


 オルクが鼻血を吹きながら派手に倒れ、ジタバタとのたうち回る。

 殺すな、とは言われている。さすがにこの程度で死ぬことはないだろう。

 カーターは微かなため息を漏らし、寂しそうな目をした。


「形勢逆転、だなー」


 壊されたドアの影から、サラが歩み出た。両手を腰に当て、仁王立ちだ。

 ビンセントは叫ぶ。


「サラさん! イザベラさんは何らかのクスリを盛られています! 毒かも!」


「うむ、まかせるのだー」


 サラは深く頷くと、右手をイザベラに向ける。

 現れた魔法陣から山吹色の光が溢れてきた。


「サラ……だと? それにこの光、まさか……まさか回復魔法!?」


 腫れ上がったオルクの顔色が、あからさまに青くなる。

『セーラ』の正体をオルクは知らない。


「エイブラハム・オルク子爵ー。わたしだよー。忘れたのかー? この顔、よーく見ろー?」


 サラが人差し指で自分の頬を指さして、満面の笑みを浮かべる。

 ぷにぷにと少女らしい餅肌であった。


「お……王女殿下……?」


「にししー。やっと思い出したかー」


 オルクは顔面蒼白、ここは畳み掛けるところだ。

 もう二度と変な気を起こさないように。権威を傘に威張り散らす者は、それ以上の権威に弱い。

 これは例の隊長も同じだった。


「さあ、王女殿下に弓引く謀反者のオルク子爵!」


 なんという爽快な気分だろうか。

 あの偉そうな、いけすかない貴族が狼狽している。

 権力を傘に、相手を見下すのがこんなにも気持ちが良いとは思わなかった。


 ここはダメ押しに奥の手を使うべきだろう。


 ビンセントはポケットに手を入れると、黒い塊を取り出す。


「俺の火属性魔法で――」


「ひいっ! どこが魔法だ! 手榴弾じゃないかっ!」


 本当に、本当にいざという時にだけ使うつもりだった。

 王都の森でイザベラたちと初めて会った時に、トラックに積まれていたものだ。

 ピンに指をかける。

 もっとも、オルクを殺すわけにはいかない。この場を収めるためのブラフだ。

 実際に使うわけではないが……


「おやめください!」


 しかし、そこに乱入する影があった。

 スラリとした長身。青い瞳の美丈夫。オルク家の執事だ。

 彼は両手を広げて立ちはだかった。


「お願いです。手榴弾をお収めください!」


「どけ。あんたも吹き飛ぶぞ」


 青年は首を振る。


「私のことは、好きにして構いません。でも、エイブラハム様だけは! お願いです!」


 青年はビンセントに背を向けると、着ている服を脱ぎ散らかし、パンツ一丁で四つん這いになった。


「さあ! 覚悟はできております! エイブラハム様のためなら、このくらい……!」


「だ、ダニー!?」


 ダニーと呼ばれた青年は、オルクに穏やかな笑みを向けた。


「エイブラハム様……幼少の頃より、お慕いしておりました……。私は、何があっても、何をされても、最後の最後までお仕えいたします……!」


「お前、そこまで僕のことを……!」


 オルクの目に涙が光る。


「ダニー、僕が間違っていた! お前だけそんな目に遭わせるわけにはいかん! オルクの名がすたる!」


 執事の青年の、自分を犠牲にしてでも主人のために尽くす姿が、オルクの心を動かしたらしい。

 どん底に叩き落され、さらにそこから引き上げてくれようとする者に、人は弱いということだろうか。

 オルクはダニーをかばうように、自らもまた服を脱ぎ捨て、パンツ一丁、四つん這いになった。

 ビンセントに尻を向ける。


「ダニーには手を出すな! かわりに僕を好きにしろ!」


 二人とも顔をこちらに向け、何故か頬を紅潮させている。

 ビンセントの胃から不快な、極めて不快な酸味が一気に押し寄せ、嘔吐した。


「おえぇ……」


 吐瀉物が撒き散らされる。

 本気で気持ち悪かった。鎮痛剤で胃が荒れたせいもあるかもしれない。


「どうして……」


 いっその事、本当に手榴弾でこの気色悪い連中を吹き飛ばそうかと思ったが、ビンセントにはピンを引き抜く力さえ残されていなかった。


 カーターのガッシリとした手がビンセントの肩を叩く。

 その目からは熱い涙が滝のように流れている。


「相棒……あとは任せな!」


 カーターは服を脱ぎ捨ててパンツ一丁になると、アブドミナル何とかという両手を頭の後ろに回すポーズをとる。

 流れる汗が照明の光を屈折させ、虹色に輝いた。


「あんたらの貧弱な筋肉で人の心を動かそうたって、無理な話だ!」


「ごめん、もう無理」


 ビンセントは我慢できず、本当に最後の最後の力でピンを抜いた。


「ああーーッ!?」


 イザベラを包んでいた光が消えていき、彼女は必死の形相で駆け寄ってくる。



 ◆ ◆ ◆



 体の麻痺は嘘のように消え、全身に自由が戻った。

 イザベラは跳ね起きるとすぐにビンセントに駆け寄り、彼を抱えて廊下へと飛び出した。

 サラも一緒だ。


「あのバカどもは、ほっとけー」


 轟音とともに爆風が開け放たれたドアから吹き出した。

 辺りが粉塵で包まれ、細かな破片が降ってくる。


「ブルース!」


「どうして誰も、百合の素晴らしさを……わかって……くれないんだ……」


 ビンセントの嘆きに応える者はいなかった。

 この場において、彼はマイノリティであったらしい。


「イザベラさん……無事で……よかった……」


 彼は微かな笑みを浮かべ、気を失った。


「しっかりして! ブルースッ!」


 イザベラはビンセントを抱き起こすが、彼は完全に気絶していた。

 オルクとダニーを抱えたカーターが悠々と歩いてくる。

 防御魔法を使ったらしく、三人とも無傷だ。


「怪我人はいねぇ。相棒だけだ」


 カーターは二人を放り投げる。


「サラ様、お願いがございます! 何卒、回復魔法を――サラ様ッ!」


 サラもふらついて倒れた。

 しかし、カーターが逞しい腕でしっかりと受け止め、抱え上げる。


「回復魔法ってヤツは、相当負担が大きいらしいっすね。さっき、俺の為に二回も使ってくれたんすよ。……ゴーレムを七十体ブッ壊すハードなトレーニングでした。負荷によって破壊された筋繊維は、再生する時により成長をするんすけどね」


 イザベラの顔が青ざめる。

 回復魔法の連発は危険だ。ましてや、一日に都合三回とあっては最悪の場合は命にかかわる。


「じゃあ、ブルースは……!」


「……大丈夫だよー、肩と腕の傷は酷いけど、致命傷は避けてるみたいだよー。本当に時間稼ぎだけ頑張ったんだなー。……あとで……かけて……」


 最後まで言い終える事無く、サラは目を閉じた。静かな寝息が響く。


「行きましょうや、イザベラさん。姫様を頼みます。俺は相棒を――」


「カーター! ……私がブルースを運ぶ……」


「意識のない人間は、ひどく重たいもんすよ」


「黙れ! 私が運ぶと言ってるんだ!」


 イザベラはビンセントの脇の下に手を入れ、担ぎ上げる。


「ごめんなさい……ごめんなさい……許して……」


 涙で何も見えない。だがビンセントの体温を感じる。心臓の鼓動を、呼吸を感じる。

 生きている!


「お手伝いしますよ」


 廊下の角を曲がってこちらに歩いてくる男がいた。

 鋭い目つきを隠すように帽子を目深にかぶり、くたびれたジャケットを羽織る中年男である。


「お前は……!」


「また会いましたね。光栄です、チェンバレン様」


 フルメントムで会った政府のエージェントだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます