第44話 人でなしの恋 その三

 イザベラは、いつかの会話を思い出していた。



 雨が上がって、しばらく経った頃、馬車の荷台で。

 カーターは御者席だった。

 あの時、ビンセントは靴を脱ぎ、足をこすり合わせては溜息をついていた。


『どうした、水虫か?』


『はぁ、そうです』


『伝染ったら困る。あまり近付くなよ』


『……すいません』


 ほんの軽口だった。いつもの、ほんの軽口のつもりだったのだ。

 サラが手を伸ばしてビンセントの頭を撫でる。


『よしよしー、あんまり気にするなー。イザベラには悪気はなかったんだよー。許してやれよー』


『わかってます。気にしてはいません』


 イザベラは急に不安になった。

 たしかに口は悪かったかもしれないが、そこまで酷いことを言ったつもりはない。


『イザベラさんよぉ』


 御者席のカーターが、こちらを見ないまま言った。

 低く、ゆっくりとした……諭すような口調だった。


『一番困るのは、雨っすよ。頑丈なブーツなのに、どんどん水が染み込んできやがる。オレはまだマシっすけどね。リーチェの塹壕に、水虫に罹っていない兵隊なんて、いませんや』


『…………!』


『水虫なんざ、まだマシっすよ。つま先を――』


『カーター、やめろ』


 珍しくビンセントが声を荒げた。


『俺は大丈夫だったんだ。日頃のケアの賜物だよ』


 ビンセントは自分のブーツを掲げる。

 顔が映るほど、ピカピカに磨かれていた。

 ビンセントはイザベラに笑顔を向ける。


『さ、イザベラさんも靴を出してください。おしゃれは足元から、って言いますからね』


 ビンセントは手を差し出した。右手にはブラシが握られている。


『さぁ』


『う……うん、頼む』


 ビンセントは、慣れた手つきで靴を磨き始めた。

 ものの数分で、顔が映るほどピカピカだ。


 怒ってくれても、良かったのだ。

 誰にでも触れられたくない話題はある。イザベラとて例外ではない。


 ほんの一年前まで――


 ◇ ◇ ◇


 バケツを叩くような音で、イザベラは現実に帰る。


「硬いな……!」


 ビンセントは手近にあった燭台をゴーレムに叩き込んだが、効果は全くないようだ。

 ゴーレムは生物ではないので、痛みも疲れも感じない。

 ダメージを与え弱らせるという発想では倒せないのだ。おそらくライフルも効果は薄い。


 通常、ゴーレムは大量生産が前提で、脆い石膏等で作られる。

 高度な魔法使いであれば土塊から造ることも可能だというが、おそらくオルクにはできないはずだ。

 マジックアイテムを使って一度に多数制御するのが普通で、動きも鈍く、単調。

 そのため数次第で魔法無しでも戦えなくはない。


 しかし、このゴーレムは鋼鉄で出来ている上に、完全にオルクの意のままに動く。

 事実、掴みかかっては投げ飛ばされ、殴りかかっては拳から血を流していた。

 どうにか立ち上がったビンセントの顎を甲冑ゴーレムが顎を殴りつけ、ふらついた所を蹴り上げた。身体が宙を舞って落ちる。


「ま……まだだ……!」


 それでも呼吸を整えながら立ち上がる。

 全身は小刻みに震え、まるで生まれたての子鹿のようだ。


 オルクはスツールに掛けたまま頬杖をつく。


「しぶといやつだ」


「……慣れてますんで」


 もう、何度目かもわからない。

 立ち上がって血を吐き捨てると、悪態をついた。


「……眺めて楽しめば良いものを……お人形さんで遊ぶのは良いですがね、……大人になったら人に隠れて楽しむものですよ……そういう趣味は……」


 お人形遊びとはよく言ったものだ。

 イザベラはふと、王立学院を思い出す。

 断片的な情報が次々と頭の中で組みあがっていく。彼は決して同級生や先輩には関わろうとはしなかった。後輩の下級貴族や平民としか関わらなかったのだ。


 しかし、いつからかイザベラに絡むようになっていた。

 それはいつからか。『修行』の効果が現れだした頃からだ。それ以前は見向きもしなかったくせに、だ。


「イザベラ、ちょっと待っててくれるかい? 今、邪魔者は追い出すから」


 そう言ったオルクに、ビンセントは歪んだ笑みを向けた。


「まあ、俺も実を言うとお人形は嫌いじゃないんですけどね……俺を見下さないし、他の男と付き合わないし、不釣り合いに高い収入や身分を要求する事もない。でも子爵様、……残念ながらイザベラさんは人間です」


「よくもまあ、まだ減らず口を叩く元気があるものだ。なぜそこまでして立ち上がる?」


 オルクは腕を組んだままビンセントに問いかけた。


「ふふふ……」


 イザベラも気が付いた。

 オルクが欲しいのは恋人ではなく、自分の望み通りに動くお人形。

 彼の望む言葉を、望む行為を望みの時に与えてくれる存在だ。

 残念ながら人間同士の付き合いではそんな事はありえないし、そんな女性も居ないだろう。哀れな男だ。


 しかし哀れだろうがなんだろうが、オルクは明らかにビンセントよりも強い。

 銃を持たない平民と魔法使いでは、勝負は火を見るより明らかだ。

 仮に銃があったとして、領主を殺す訳には行かないだろう。


 ビンセントの顔は青アザだらけで、血みどろの顔はあちこちが腫れ上がっており、もはや元の顔とは別人と言ってよい。

 左目は特に酷く、腫れ上がったコブでほとんど隠れている。

 イザベラは正視するに堪えられず、思わず目を伏せた。


 ――気絶でもしてくれれば、これから先を見られなくて済む。


 口元の血を拭い、ビンセントは不敵な笑みを浮かべる。


「どんな辛くても……終わりが見えれば……耐えられるものですよ……」


 終わり。終わりとは何だろうか。

 嫌な想像が脳裏をよぎる。


 ――まさか?


「ほう……?」


 甲冑ゴーレムがビンセントを殴り倒し、背中を踏みつける。


「ぐっ……」


 オルクは壁に掛けられた剣を取ると、鞘から抜いた。鋼が鈍く光る。


「ならば望みを叶えてやる。お前は夫婦の寝室を血とガラス片で汚した罪を償わねばならない」


 オルクがビンセントに近づいていく。本当に殺すつもりだ。


「や……やめて!」


 イザベラはすぐにでもオルクに飛び掛かりたかった。しかし、身体は動いてくれない。

 ふと、屋敷に来る前に馬車から見た光景を思い出す。

 雨に濡れても、ビンセントは決して文句も不満も言わず、歩き続けた。


「あの時だって……」


 あの時に雨具を渡さなかった事を後悔した。気分的にはあの時と似ている。

 雨粒が理不尽な暴力に変わったというだけだ。

 言ってくれれば雨具を渡した。座席を詰めて一緒に乗っても良かった。

 しかしビンセントは何も言わない。言ってくれない。

 それが、さも当たり前であるかのように。


「ごめん……なさい……」


 ビンセントたちは平民の歩兵であるから、濡れ鼠、泥まみれで当たり前。

 そんな風にイザベラが考えていると思われるのは嫌だった。

 言い訳をしたかった。弁解させて欲しかった。死んでしまえばそれも叶わない。

 涙が止まらない。

 どうしてそこまで耐えるのか。

 イザベラは必死に口を動かした。


「や……やめて! オルク! 殺さないで! ブルースを助けて! 私の事は好きにしていいから!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます