第18話 来るべき日のために

「よし! 次はランニングだ!」


 カーターは立ち上がるなり、そのまま玄関を飛び出す。


「行ってらっしゃ~い!」


 サムとローラに見送られ、走り出す。

 エドガーとグレンも付いてこようとするが、まだまだ無理だ。


「エドガー、グレン、今はまだ付いて来られなくても仕方がない! だがいつか俺に追いついてこい! 待っているぞ、ハッハッハ!」


 子供たちとの時間も大切だが、トレーニングの時間を削るわけにはいかないのだ。一日の怠惰は三日のトレーニングで埋めなければならない。


「ちくしょ~、今に見てろ~!」


「ハッハッハ!」


 フルメントムは王都のような都会とは異なり、自動車はほとんど走っていない。交通事故の概念が無いのだ。人々には車に気をつけるという習慣がない。

 だから、たまに王都に出向くと事故に遭いやすい。

 しかし、彼は違った。


「右よし! 左よし!」


 交差点では律儀にも確認を怠らない。

 カーターは、軍では車両の運転、物資の輸送全般を任務としている。いわばプロの運転手である。


 彼は運転免許を誇りにしていた。

 ほんの一昔前までは、概念すら存在しなかった自動車。

 魔法使いの貴族すら持っていなかった、馬の要らない車。さらに馬車よりも速く、快適に、大量の人や物を運ぶのだ。


 以前、友人で同期のブルース・ビンセントにこっそり運転を教えてやった時など、得意の絶頂だった。

 そういえばブルースは今どこで何をしているのだろうか?


 教会を出て畑を周り、商店街を横目に走ると、畑の向こうにブラシカ山脈が見える。

 三千メートル級の連峰が続く山脈で、エイプル王国を南北に分断しており、真夏でも消えない万年雪が常に人々の暮らしを見下ろしている。


 夏でもさほど暑くならないフルメントムは、トレーニングに最適の町だった。

 畑が途切れ、森へ。森は空気は良いし、きれいな川も流れている。休憩にはもってこいだ。

 適度な休憩は、食事、トレーニングと合わせて『三位一体』とカーターは呼んでいる。


 川べりにしゃがむ。手で水をすくい、一口飲む。


「美味い!」


 ブラシカ山脈の雪解け水が地面に染み込み、永い永い時をかけて湧き水となって上流から流れてくるらしい。

 この水を瓶に詰めて、貴族に売っている者もいるという。わざわざ買い手がつくのだから、その質は折り紙付きだ。


 しかし、あまり大量に飲むわけにはいかない。血中の塩分が不足してしまうからだ。


 がさり、と後ろで何かが動く音。

 カーターが振り向くと、そこには黒髪の少女が茂みから顔だけをだしている。


「おじさーん、ティッシュー」


「おじさんではない! この筋肉が見えないのか! ぬぅん」


 カーターは大胸筋と腹直筋を強調するポーズをとる。真っ白な歯が陽の光を浴びて光った。


「無いのー?」


「無い! オレは生まれてこの方、小便した後に拭いたことはない!」


「ぶー。わたしにはちんこが無いんだぞー」


 少女は口を尖らせる。しかし、なぜこんな所に女の子がいるのだろう。

 ティッシュ・ペーパーは脱脂綿の代用品として開発され、防毒マスクのフィルターにも使われているが、使い勝手がよく場面で利用される。


 しばらくすると少女が茂みから出てきた。川で手を洗う。


「おじさーん、町は遠いのー?」


 このあたりの子ではない。

 本来白いはずの夏物ワンピースが妙に汚れているのが気になるが、大した問題ではないだろう。フルメントムは農業地帯、泥などいくらでもある。


「だからおじさんではない! お兄さんと呼べ! 失礼な子供だな! まあ、俺なら走って二十分とかからんぞ! だがお嬢ちゃんはどうかな!? 身体を鍛えれば、いつかそのくらいで行けるかもな!」


 ハッハッハ、と笑うと、カーターは新たなポーズを取る。鍛え抜いた背筋も見て欲しい。


「サラ様、一体誰と話しているのです」


 再び茂みが揺れる。

 出てきたのは亜麻色の髪を腰まで伸ばした若い女性だ。

 泥で汚れてはいるが、服装は近衛騎士団の制服である。


 近衛騎士がなぜここに? この少女の知り合いか?

 カーターは直立不動の姿勢を取り、敬礼する。


「大変失礼いたしました! 近衛騎士様のお知り合いとは存ぜず、申し訳ありません!」


 敬礼しながらも、さり気なく三角筋と上腕二頭筋を強調する。俺を見てくれ。

 騎士は軽く答礼すると、静かな口調で言う。


「……少し聞きたいことがある」


 ◇ ◇ ◇


 彼女の話は衝撃的なものだった。


「クーデター? 初耳です! ……ということは、あの女の子は!」


「サラ・エイプル王女殿下である。控えよ」


 サラの名を告げると、カーターは飛び込むようにひれ伏した。

 一介の兵士が王女に拝謁など、あり得ない。


「大変失礼いたしました! ご無礼、お許し下さい!」


「いいよー、ブルースなんて私がおしっこするの覗こうとしたんだからー」


 怒りが湧いてくる。自分の君主を、それもこんな小さな子供を辱めるなど、度し難い暴挙だ。


「同じ名前の友人がおりますが、とんでもない奴ですな! 変態め! とっちめてやりましょう!」


 上腕二頭筋をパンプ・アップさせる。


「どこの誰です! その不届き者はッ!」


 サラは黙って森の奥を指差す。そこにいるらしい。


「ぬおおお!」


 カーターは駆け出し、茂みに飛び込む。同じ名前の友人を貶められた気分だ。

 しかし、そこに居たのは見知った顔だった。市場で売れ残ったサバのような目は、忘れようがない。


「……何でお前がここにいるのだ!? ブルース・ビンセント!」


「お前が暑苦しいからだよ。カーター・ボールドウィン」


 ビンセントが小銃の銃口を上げた。


「河原は涼しくて良いね。お前が居ても、それほど暑苦しくない」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます