第14話 地底旅行 その二

 転がっていた木切れと消毒用のアルコールで、即席の松明を作る。


「この揺れる炎が手がかりです。必ず出口があるはず……」


 揺れる炎を頼りに出口を探す事になる。

 必ず、というのは語弊がある。しかし、天然の洞窟とは違い、人工的に掘られた坑道だ。可能性は高い。


 出口がなければ干からびるか、あるいはどうにかして入り口を掘り起こす事になるが、それでは出口で捕まってしまうだろう。


 サラの暗殺が目的なら、さすがに遺体の確認はするはずだ。

 そうなればサラとイザベラはともかく、生かしておいてもなんの意味もないビンセントは確実に殺される。


 いずれにせよ、出口を探すほかに選択肢はない。


 イザベラを先頭に進んでいく。その足取りは確かだ。

 ビンセントは、ふと素朴な疑問が浮かんだ。

「元々何を掘っていたのでしょう?」


「わかんないなー。ニコラスならわかるかもなー」


「そういえば総理はどうなったんです?」


 ニコラス・ケラー。エイプル王国の総理大臣であり、サラの摂政である。

 彼はジョージ王の腹心で、王の立身出世も彼なしではあり得なかったとされる。


 かつて、身元の知れないジョージの才能を見出し、惜しみない援助を与え、ついには王座にまで登らせた立役者。

 王の死後はサラを実の娘同様に育てた人格者、というのが世間の評価だ。


「無事だと思うよー」


「何故そう思うんです? 首相官邸も襲撃されていたのでしょう?」


 首相官邸はエイプル城の敷地内の一角にある。今回のクーデターで無事だったとは思えない。


「わたしを生き埋めにしたということは、わたし無しで国を乗っ取れるって事だろー。摂政だぞー。王様代理なんだぞー」


「なるほど、傀儡政権になるか、新しい首相を立てるか、といったところですか」


「あるいは大統領制に移行するかもなー?」


 それは、王国の終焉を意味する。

 しかし、ビンセントにはあまり関係がない。税金の納め先が変わるだけだ。

 サラは飄々としているが、深刻に考えても今この場ではどうしようもないのは確かだ。


 時に黙り、時に話し、休み、食事をしつつ一行は進む。


「鉱山といえばトロッコだろー? 悪者に追われてー、トロッコに乗ってー、でもってブレーキが壊れてー」


「銃で撃ってポイントを切り替えるんですね」


 いかにビンセントが歴戦の勇士とはいえ、そんな芸当はできない。

 十分な照明があればあるいは可能かもしれないが、それでも出来て数回、一回の失敗でひっくり返るのにそんな事は不可能だ。


 それでも途中にトロッコがあったので試しに押してみたが、車輪が固着して全く動かなかった。


「お前もあの映画観たのかー、お約束だよなー」


「現実には嫌ですよ、そんなの……」


 不思議とイザベラが話に加わらない。あまり映画に興味がないのだろうか。


「イザベラ様は映画は……」


「ふん。映画も演劇も、色恋話ばかりだ。私はそんなものに興味はない。騎士としての使命を全うするには邪魔だからな」


「さすが騎士様です」


「黙れ下郎」

 

 しばらく進むと、比較的平らな空間があった。


「少し休みましょう」


 ビンセントは背嚢を開ける。


「サラ様のお口に合うか、わかりませんが」


 食事はソーセージの缶詰とビスケットだ。


「いい加減、様はいいよー。堅いやつだなー」


「はぁ。しかし」


「今後、様付けでと呼んだらギュー、だぞー」


「ええと……サラさん」


「よーし。わたし缶詰好きだよー。たまに食べると美味いんだよなー。これも父様が開発に関わったんだぞー」


 王族の食事としてはどうかと思ったが、杞憂だったようだ。


 しかし缶詰にまでジョージ王が関わっていたとは初耳だった。

 缶詰は軍隊向けに濃い味付けになっている。『こんなものが食えるか!』という反応を予想していたので、少々肩透かしだ。


「おいしー」


 こうして見ると、年相応の子供にしか見えない。もちゃもちゃと缶詰を食べている。

 ビンセントは、故郷の妹を思い出した。


「サラさん、今更ですが、傷の治療ありがとうございます。……ところで、さっきはわざわざ俺が起きるのを待たなくても、勝手に食事を取っていれば良かったのではないですか?」


「ああー、それはイザベラがなー」


「んんーっ!!」


 不意にイザベラがビンセントの手から水筒を奪い取る。

 胸を叩きながら一気に飲むと、大きく息を吐いた。


「す、すまんな。ビスケットが喉につかえて……」


 軍人たる者、食事は素早く、というのはやはり体に悪い気がする。


「いえ……」


 水筒を返してもらおうと、イザベラに手を差し出した手をサラが跳ね除けた。


「ブルースー。イザベラが口を付けた水筒をペロペロするのは許さんぞー」


 どうしてこの人は、すぐそういう方向に話が行くのだろうか?

 思わず苦笑いしてしまう。

 そして、ふと気付くのだ。


 自分が最後に人と笑いながら食事をしたのは、いつだったろうか……?


 故郷で待つ家族……両親と妹は無事だろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます