第3話 騎士の産声

「パパ! ママ! 私、受かったわ! 受かったのよ!」


 チェンバレン伯爵は、パイプの煙をくゆらせながら、胸に飛び込んできた娘を受け止めた。

 けっこうな勢いだったが、娘の豊かな胸がクッションになって衝撃はあまりない。

 妻の若い頃にそっくりだ。

 

 あやうくパイプを上に上げる。万が一にも娘が火傷をしてはたまらない。もっとも、娘の背はわりと高いので、もうあまり意味はない。


 ついこの間までクッションを布団代わりに寝ていたというのに。伯爵自らオシメを替えたこともある。

 ついこの間、というのは語弊がある。年をとると時間の流れが早くてたまらない。そんな気がするだけだ。娘にとっては覚えてもいない大昔だろう。

 そんな娘も、もうすぐ王立学院を卒業する。全ては一瞬だった気がしてならない。


 優しく娘の髪を撫でる。亜麻色の艶やかな髪は、母親のそれと同じだ。


「おお、良かったな! イザベラ!」


 代々続いた軍人の家系。まさか娘までもが継いでくれるとは思わなかった。

 しかし、同時に不安も覚える。

 今は戦時だ。平時ではない。

 しかし、娘が入る部隊はほとんど広報が目的だし、前線に出る可能性はない。

 むしろ国で一番安全と言えるだろう。国民の大多数を占める平民よりは、よほど生存率が高い。


 伯爵夫人は嬉し涙を拭きとると、娘を抱きしめた。


「今夜はお祝いね。今夜はイザベラの好きなものを、たくさん用意して……」


 しかしイザベラは口を尖らせる。


「ママ! それじゃ、せっかくの努力が無駄になっちゃうわ! 私、もうあんなのはごめんよ」


 これが娘だろうか。

 内気で、引きこもりがちで、変な本ばかり読んでいた、あの娘だろうか。

 イザベラは、この一年間、まさしく死ぬほどの努力を重ねてきた。

 その成果がやっと出たのだ。


 かつての姿とは似ても似つかない。まさしく生まれ変わったと言って良いだろう。

 しかし、誰よりも優しく、まっすぐな心根は何一つ変わってはいない。


 自慢の娘だ。

 しかし、お祝いをしたいという母親の気持ちも分かってやって欲しい。


「あら、ごめんなさいね、シェフにちゃーんと考えてもらうから、それで良いでしょ?」


「うん、それなら」


 現金なものである。


「ハッハッハ! もう昔の服は捨てても構わないな?」


「うん! 新しい制服も早速届いたの! さっそく研修だって! 明日の朝、楽しみにしててね!」


 娘は明日のことを知っているのだろうか。確かめておく。


「研修初日に、いきなりパレードだぞ? それが伝統だ」


「ええっ?」


 イザベラは、困ったような顔をした。


「私……自信無い……」


 伯爵は娘の肩を優しく叩く。


「大丈夫、大丈夫。お前は母さんに似て、とっても美しくなったのだからな。もう写真機カメラから逃げる必要もない」


 イザベラは頬に手を当て、溜息をついた。


「酷いのよ、あの子ったら。いきなり撮るんだもの。でも思えば、あれがきっかけだったのかしら。あの子が一年間留学に行くから、帰るまでに見返してやるんだ! って思えたのね」


「ははは、感謝しなきゃな」


 ◇ ◇ ◇


 娘の大躍進を祝って、家族だけの宴が催された。


「お兄様は? また残業?」


「あいつも色々、忙しいからなぁ……」


 軍で少佐の地位に付く息子が帰ってきたのは、三人があらかた食事を終えた後だった。


「ただいまー、やれやれ、今日も疲れた」


 疲れた顔で息子は帰宅した。


「お兄様! 聞いて聞いて、私ね、受かったの!」


 息子は、娘の報告を聞くと我が事のように喜んだ。


「そうか、良かった! その口調も直さなきゃな、騎士はもっと凛々しくなければ。さっそく練習だ!」


「ええー? 明日からじゃダメかしら……」


「ハハハ、冗談だよ、研修でたっぷりしごかれるからね。嫌でも身に付く。でも、『くっ、殺せ!』くらいは練習しようか」


「意味がわからないわ!」


 明日、新たな騎士が産声を上げる。


 王家の剣。


 王家の盾。


 それが、近衛騎士団。


 一時はどうなることかと思ったが、これから娘の人生は明るいことだろう。

 あとは嫁ぎ先だが、伯爵家は息子が継ぐし、娘の事を第一に思ってくれる人が良い。

 気弱だが、おしとやかで優しく、そして美しい娘だ。どんな男も選び放題だ。


 伯爵は万感の思いで暖炉の横の壁に目を向ける。


「……うむ」


 そこには、去年撮った家族写真が飾ってある。毎年、写真屋を呼んで撮っているものだ。


 そうだ。娘は美しい。

 ちょっと我儘で泣き虫だが、可愛いものだ。


 雷鳴が轟き、大粒の雨が窓を叩き始めた。


 暖炉の側に、娘の愛読書が置きっ放しになっている。

 伯爵は何気なく手に取った。


『――あ、兄貴! オレ、もう我慢できねぇ!

 ――サブ……俺もだ。俺にはお前しか……!

 ――兄貴ィ!

 ――サブ!

 二人は熱い抱擁を交わし、しばし見つめ合った後、口付けを――』


「あとは、この悪趣味を隠し通すことが出来れば……娘の趣味を受け入れてくれれば一番良いが、……無理だろうなぁ」


 伯爵の諦めにも似た嘆きは雨音にかき消され、誰の耳にも届く事はなかった。


「パパ! 違うの! それは友達が勝手に――!」


 伯爵は窓越しに天を仰ぐ。


「ジョージ王よ。娘を導き給え。願わくば、いつの日か娘を正しい道へとお戻しください」


 教育は親の努めと言わんばかりに、近くの避雷針に雷が落ちた。


「もっと早く手を打っていれば……人格形成が完了した今となっては、もう……」


 避雷針もまた、ジョージ王の発明である。

 雷の正体が電気であることを、科学的に発見したのだ。

 そして、魔力に頼らずに電気エネルギーを利用する機器は、いまや生活に無くてはならないものばかりだ。



 ◆ ◆ ◆


 翌日、パレードは滞りなく終わった。

 人混みは例年以上で、特にカメラを構えた者が目立った。数多のレンズが娘を追っているような気がする。


「無事に済んで、良かった……」


 本人以上に心配し焦燥しきっていた伯爵も、一日ぶりに眠ることができた。

 明日からしばらく、娘の写真が載った新聞、雑誌を買い逃さないように使用人に命じてある。


「がんばれ、イザベラ。これからは忙しくなるぞ……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます