カラードの乱~黒人武芸者の革命譚~

作者 紫衣彪牙

69

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 差別というテーマを扱いながらも、スピード感あふれる戦闘シーンを描いたアクション要素もあり、個性的な登場人物も相まって、物語に奥行きを感じます。

 異世界ファンタジーというジャンルでありながらも、しっかりとした論理的背景の下地に描かれる世界観はとても説得力があり、描かれる人間ドラマもとてもリアルで、感情移入しやすかったです。

★★★ Excellent!!!

奴隷船に乗って人種差別が蔓延する国に運ばれてきた二人の黒人武芸者。二人はある貴族に助けられ、戦闘員として雇われます。神の眼と呼ばれる特殊な能力のある銀色の目と複数の人格を持つ主人公は差別と闘いながら、やがて大きな争乱の中へと巻き込まれていきます。

差別という重いテーマでありながらスピード感のあるアクションシーンや魅力的なキャラクターたちのおかげで暗さは感じません。また、東洋と西洋を混ぜたような世界観は細部まで作り込まれており、主人公を通して異世界の生活を体験できます。

物語が進むにつれて主人公たちにはいくつもの謎があることが明らかになっていきます。それと同時に国の情勢が緊張感を増していき、彼らの身にも危険が降りかかります。果たして彼らは陰謀を阻止することができるのか。そして差別をなくすことができるのか。続きが気になる物語です。

★★★ Excellent!!!

表面上は撤廃されたとはいえ、いまだ人種差別の横行する架空の世界を舞台に、神の目とよばれる天性の才能をもち、三つの人格を心に宿した少年や、彼が兄と慕う謎多き少年、策士ながら身体能力は人並み以下の貴族に、人の心をよむ能力をもつインターセクシャルの女性などなど、個性豊かな登場人物たちが織りなす、差別との戦いの物語です。

緻密に描かれる戦闘描写の迫力にくわえて、根強く残る差別に反対する皇帝と、差別を容認する皇太子という皇国を二分する巨大な権力の相克のなかで、複雑に張り巡らされた人と人をむすぶ糸が次第に解きあかされていく面白さもありました。

王道のファンタジーに差別との戦いという要素が加わったことで、ファンタジーが好きな方やアクションシーンが好きな方、そして人の織りなすドラマが好きな方にもお勧めできる作品です。

★★★ Excellent!!!

奴隷船で輸送される途中の黒人少年・アリシエが、何者かの手引きで秘密裏に解放されるところから始まる物語。
類稀な戦闘センスを持った彼は、とある貴族に雇われ、やがて皇国を揺るがす戦いへと巻き込まれていく。

本作の見所は、なんと言っても緻密に描き込まれた戦闘シーンです。
まるで目の前で繰り広げられているかのような大迫力の連続バトルに、きっとあなたも惹き込まれること間違いなし!

そして、敢えてご紹介したいのは、魅力的な男性キャラたち。
二重人格の主人公アリシエを始め、頼れるお兄ちゃんながら謎多きソニック、冷静沈着な貴族党主の金牙に、豪胆な性格のリアン、随一の変態キャラであるフィールなど。
幾重にも織り込まれた物語の中で展開される人間関係は、どこをどう矢印引いても美味し(ry
そんな中、私の推しは紅一点の虹牙ちゃん。凄絶な過去を持つ彼女の陰に惹かれます。

まだまだ様々な謎が隠された本作。続きも見逃せません。

★★★ Excellent!!!

戦闘に次ぐ戦闘、そして戦闘!
とにかく盛り込まれたアクションシーンには強いこだわりを感じます。
細部まで書き込まれた戦闘描写には、きっと息を飲むことでしょう。

しかも注目すべき点は戦闘シーンだけではありません。
テーマとして「差別」を根底に置いた世界感を舞台に魅力的な登場人物達の抗争や暗躍、葛藤、その他様々な人間ドラマを描く本作は、確かな王道を歩むファンタジー作品です。

そして謎多き主人公、アリシエとアルウィス。戦い続ける彼等は、一体どの様な道を歩むのか……。

この大活劇、見逃す手はありません!

★★★ Excellent!!!

なんといっても精緻な戦闘シーン!しっかりと書き込まれた戦闘シーンは目に浮かびます。
そして、序盤から幾重にも張り巡らされた伏線…。読めば読むほど深まる謎と、回収されまた展開される伏線たち。とても面白かったです!

あと、短編について。
主要キャラの一人の半生について書かれたものですが、刺激は強め。ですが、どうしてそのキャラがそういう行動をとっているのか…すべて読んだ後に読むととても納得でき、かつ深い嘆息が漏れ出ます。ですが読む価値あり!ぜひ、本編を読んでから読んでくださいね!

★★★ Excellent!!!

第1章を読了。
混沌の時代に力を合わせて生きるソニックとアリシエは黒人という被差別民である。
この二人がやたら強いです。しかし彼らが身を寄せる暁ファミリーの人間は彼ら以上の強さを持ち、一癖も二癖もある男達。彼らに腕を買われ、戦闘員としての日常が幕を開けます。
アリシエに眠るもう一つの人格、アルウィスの過去も謎に包まれており、物語の核心への興味がそそられます。