NEW WORLD 2

 遊剛は思い出す。

煙草と揚げ物の匂い。暖房代わりの人いきれ。座り心地の悪い硬い椅子に座って、スクリーンをじっと見つめる。とにかく薄汚い映画館だったということは覚えているが、それが上野にあったか池袋だったか、そこまでは思い出せない。鮮明に記憶するに値しないと脳が判断したのだ。それでも、当時感じたじれったい喉の渇きなどは鮮明に記憶している。遊剛は映画について想像すると、必ず喉の渇きを連想する。

それはいつも、鑑賞中無計画にドリンクを早めに飲み終わってしまうからだ。


「ポップコーンばっか余るから、いっつも喉乾くわけ」

隣の彼女に向けて、自虐的に笑う。

「計画性がねーんだよな。俺ってさぁ、きっといつか、重大な選択ミスを犯すんだろうな。詐欺とかに遭いそうだよなぁ、ホント」

彼女は小さく微笑むも、言葉を返したりはしない。

 ちょうど彼らの目の前のスクリーンにも、策に嵌められて命を失った男女が映っていた。『俺たちに明日はない』のラストシーン。鳥が飛び立つ。茂みから銃口が覗く。ボニーとクライドは嵐のように銃弾を浴びる。何十発も、ただただひたすらに。撃たれるたびに二人は踊ってるみたいに身体を揺さぶる。

二人の英雄的な銀行強盗は絶命し、銃弾の雨は止んだ。そのままエンドロールも無しに映画は終わる。黒い背景に浮かぶ『THE END』の文字を見て、あの時の自分は何を思ったのか。


「これで終わり?」

 空になったビールのカップを指で弄りつつ、呟く。こんな映画ってありなのか? 何一つ報われないじゃないか。お前もそう思うだろ? 彼女へ向き直る。普段から、彼女は過剰なほど寡黙だった。そのことを遊剛は知っていたし、受け容れていた。

「もう一回見たいな」

消え入りそうな声で、彼女はぼそっと言った。


「マジで?」

小さく彼女は頷く。

しかし、遊剛はあくまで形式的に驚くような素振りをみせただけだ。彼女がどういう発言をしても、それに従っただろう。

バッドエンドが確定した映画をもう一度始めから見たっていいじゃないか。

すべては彼女の為すがまま……

「じゃあ、なんか買ってくるよ。ビール飲む? ハナゾノはなにか、飲みたいものある?」



  あー、なるほど……

シュリはあたかも暗記のために参考書を読み上げるみたいに、淡々と述べるのだった。

遊剛は焦燥よりも納得を感じた。そういうことだったのね。


 彼女は、事件の決定的証拠の置かれた部屋へ誰か、を誘導することを目的としていたのだ。手負いの俺は、それに最適だったというわけ。

そうだ、と思い出す。俺はさっき、確かにあの紙幣に触ってしまった。確実に指紋は付着したはずだ。


「私の『役割』は、このお金を全部すること」


 彼女の言葉を反芻する。

鼓動が加速する。彼女はワナを貼って、待ち構えていたのだ。罪をなすりつけて逃走するための罠を。アリジゴクの如く。虎視眈々と。いや、彼女そのものが、エモノをおびき寄せるための疑似餌エサだったんじゃないのか。もっと、ヤバいものが後ろに……


 この時すでに遊剛は、彼女が三億円事件の犯人であると完全に信じ込んでいた。

そう考えたほうが辻褄が合うような気がした。

しかし、だからといって逃げ出そうとか、反抗しようとか、そういう気にはならなかった。いまいち本気になれない。

「ごめん……ごめんね。君が、君がんだ」

シュリは明確にかぶりを振った。一片の迷いもなさげに、きっぱりと言う。

「うーん、それは別にどうでもいいんだけどさぁ。この後どうすんの」


 遊剛の声が軽快な音に掻き消された。ドアチャイムの音。誰ががチャイムを鳴らしたのだ。

シュリはそれにはいっさい気を留めていない。

「あの紙幣に俺の指紋をつけて、君はこの部屋から逃げ出すわけだろ? そして、のちのち警察がここを調べたとき、俺の指紋がついた五百円札が見つかって……三億円事件そのものの犯人を俺に仕立て上げるっていう寸法。いいんだけどさぁ、それじゃ不完全なんじゃないの? 他に物的証拠がありすぎるよ」


 再びチャイムが鳴った。

「呼び鈴鳴ってるよ」

「どうせセールスか何かだよ」

それにしては執拗だ。そう思うつかの間、また鳴る。今度は連続していた。チャイムの電子音が続く。ボタンを連打しているようだ。どうしても反応してほしいのか。居留守であることを知っているのか、ドンドンと激しくドアをノックし始めた。

「……君の仲間か?」

シュリは目をしばたたかせて、うつむく。

「違うよ……」

鳴り続けるチャイムとノックが思考を妨害する。

「私にもわからない。本当だよ。……出てみる」

シュリは溜息を吐いたのち、玄関へ向かった。

いったいどうして、の彼女が涙目になり、手を震わせているのか。

遊剛は無言で彼女の背中を見つめる。

まるで、、そんな風に思えた。


 シュリは恐る恐るドアを開けた。

カギを開けた音を聞くや否や、チャイムを鳴らしていた人物は食いつくように部屋の中を覗き込む。スーツ姿で、エルメスのビジネスバッグを抱えている。

見るからにセールスマンといった風貌だとシュリは思う。ビジネスバッグの他に、キャスターのついたキャリーバッグも持っているようだった。

「結構ですので」

言い放ち、彼を追い返そうとした。

瞬時、セールスマンはズイと顔を近づけてその場に留まろうとする。

「お話だけでも」

「いや、ごめんなさい。お金もないんで」

たかが学生相手にそこまで食い下がることもなかろうと、シュリはペコリと頭を下げ、扉を閉めかけた。それでも彼は、扉に手をかけたまま動かない。隈の目立つ目つきから、なんとしてでも商品を売らねばならないという執念を感じたが、金がないというのは本当である。それに加え、この部屋についてが他に知れてしまうというのは避けなければならない。


 遊剛はその様子を目を細めて眺めた。ここまで仕事熱心なセールスというのも珍しいな。真面目すぎるがゆえに空回りしてしまう。その気持ち分かるよ、と勝手に同情する。

「いいんだよ相手にしなくて。閉めてしまえ」

案外彼女は、面と向かってNOを突きつけられない質であるのかもしれない。セールスマンに詰め寄られて、ハッキリと断りかねているらしい。

「でも……」

遊剛は玄関側へ向かった。男と目が合う。彼は遊剛を一瞥したとき、嘲るように唇をかすかに震わせた。彼女のヒモかなんかに思われてたらヤダな。

「あの、すいません。帰ってもらえます?」

蝿を追っ払うようなジェスチャーを伴って言う。

「いや、あのですね、お時間は取らせませんので……」

遊剛は男の目つきに深刻はものを感じた。もしかすると、セールスというより宗教か何かの勧誘であるのかもしれない。

「しつこいな。彼女、迷惑してますよ」

「申し訳ありません。でも……」

「でもじゃなくてさぁ。仕事なのは分かるけど、加減ってものがあるじゃないですか。さもないと警察行きますよ」

あくまで警告のために発した警察という言葉に反応し、びくっと肩を震わせたのは隣にいたシュリだった。ああそうか、と遊剛はふと察する。三億円犯人なら、警察なんか呼べねぇよな。

セールスマンが一瞬言葉を詰まらせた隙に、遊剛は勢いよく扉を閉めてしまった。

が、扉は完全には閉まらなかった。なにかがつっかえている。彼は眉をひそめた。

そこにあったのは革靴の爪先だった。セールスマンの男は足を挟むことによってドアを閉めるのを防いだのだ。遊剛は生唾を飲み込んだ。

「本当に。お時間は取らせません……!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます