深淵のタギ

作者 真木

476

181人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーというよりは異世界SFと中世の混合といった世界観ですが、バランスが良く、こんな物語があったんだ!と読み始めた時は驚きました。
主人公の俺TUEEEEやハーレム展開が無いところも、物語をしっかりとした読み物たらしめています。(主人公強いですが。
戦闘の描写に色々詰め込んでいないあたりが、逆に高度な技術で戦っているのを感じさせて上手いです。

淡々とした文章のリズムは足並み崩れる事なく私たちを物語の世界に誘います。
お恥ずかしい事に、最近やっと政治劇が物語に含まれている事に気付きました。施政者の姿を描くのも上手いですね。
ラノベ系ではない出版社のほにゃらら文庫から出版されそうなクオリティ。

★★★ Excellent!!!

独特な文脈と入念に入り組んだ設定、そして少女と主人公タギを取り巻く壮大なストーリーに目と心を奪われました。
また子連れ狼や北斗の拳にも似た、確固たる親愛で徐々に結ばれる二人の姿に単純なニヤケとは異なり、心がほっこりするような温かさが芽生えます(笑)
また主人公が滅茶苦茶チートという訳ではなく、定められた範囲内で力と知恵を最大限に活かして窮地を脱する、もしくは他人の数手先を打つという振る舞いは頼り甲斐のある百戦錬磨の戦士のようであり、それが彼の魅力を更に押し上げています。
物語の歯車が進むにつれて様々な勢力と思惑が複雑に入り乱れ、更なる混迷へと突き進む中、この物語の中心に居る彼が如何に運命の荒波を乗り越えるのかが見所です。

★★ Very Good!!

第4話まで読ませていただきました。
タギの強さ、男らしさ、何事にも動じない精神、そして人情と優しさが素直に格好いい。行く先々で街の人達と親交を持っているタギですが、それは彼という人間が頼れる男だという証拠。決して慌てることなく、単独で敵に立ち向かい一人で何人もの男を倒す様は、まるで映画「トランスポーター」で主役を張るジェイソン・ステイサムのよう!

タギの出自の秘密、国の動乱に巻き込まれていく展開、その中で語られる街の人達の生活様式の緻密さと、とても読み応えのある作品です。

★★★ Excellent!!!

主人公は、能力的に強い部類に入るのだろうが他を圧倒するわけでもない。
また、主人公の人間関係や過去の経験からくる葛藤をうまく描き、
戦闘や無双を主題にしていないので、登場人物達の感情や関係が物語に深み?をもたらし、引き込まれる。
剣、槍、弓などの戦の武器が歴史の中で鉄砲などに移りかわって行く技術の進歩を現実からひっぱって来ているところも面白い。
さらに、物語は複雑でありながらも読みやすいので、よく考えられて作られた作品だと思われる。

★★★ Excellent!!!

文章を読み、目を閉じれば、そこには作者様の設定した世界がありありと浮かんでくる。そしていつの間にかこの不思議な世界に没入している自分に気がつくはず。
過不足ない描写と丁寧な言葉で綴られていくこの物語は、きっと誰しもが腰を据えてじっくりと読みたくなるはず。

ライトノベル風の設定を生かしつつも重厚な物語が進んでいくこの作品を、ひとりでも多くの人に読んでもらいたい。