白黒世界の色術師

作者 犬のニャン太

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第40話 たどり着いた出発点へのコメント

    おもしろい

  • 第64話 利己的な決意へのコメント

    変なところでシエラと因縁がありましたね。
    さて、この内乱でどう動くことになるのか、楽しみです。

    ところで誤字報告です。
    >アンダルフィアに有効的な → 友好的

  • 第58話 アルムの素性へのコメント

    何だか急に物語の主軸が一本にまとまった感じですね
    この後気になるぅ😳

  • 第57話 神の道へへのコメント

    お、ちょっと重要そうな展開

  • 第56話 色彩の契約へのコメント

    冒険パーティーが賑やかになった‼️

  • 第55話 解放の時へのコメント

    リンちゃん。。。😅

  • 第54話 包囲へのコメント

    リンちゃんかわいいと思ったらやたら強い😅

  • 第53話 銀の弾丸へのコメント

    火縄銃キター💕
    リンちゃんかわいい笑笑

  • 第58話 アルムの素性へのコメント

    弟子が亡命王女と亡国の皇太子……ガジルの弟子運が凄すぎるという(笑)。

    ところで脱字報告です。
    >説明しようと思ったら朝なる。 → 朝になる

  • 第51話 抜け目のない男へのコメント

    黄色い果実
    どう考えても美味しそうじゃないのにだんだん美味しそうに見えてくる不思議

  • 第50話 襲撃へのコメント

    隠れみの術‼️

  • 第48話 追跡者へのコメント

    イヤハー(*゚∀゚*)

  • 第57話 神の道へへのコメント

    生まれ故郷の情報が明らかに…?

  • 第46話 順路決定へのコメント

    キゼットさんとアルムの会話好き

  • 第45話 全力疾走へのコメント

    キゼットさんの出身地とかってただの設定じゃないんですね!
    立派な伏線だった!
    なんだかワクワク💕

  • 第55話 解放の時へのコメント

    ロリゲットだぜ!

  • 第53話 銀の弾丸へのコメント

    身の丈10倍の熊もとんでもないけど、拳銃が存在する世界なのも設定の幅が広がりましたね。

  • 第43話 無謀な選択へのコメント

    タルナス様の青二才感が笑
    でも嫌いじゃない(*゚∀゚*)

  • 第42話 危険な任務へのコメント

    冒険が始まる予感!

  • 第41話 妖精の卵へのコメント

    どんな妖精が出てくるかな?
    イケメン執事がいい笑

  • 第二幕 序章へのコメント

    2章!
    さあ読むぞ(*゚∀゚*)

  • 第51話 抜け目のない男へのコメント

    ユルさん、まさかの師匠と知り合い!
    一気に物語の根幹に関わって来ましたね。師匠の消息とかも知ってたりして?

  • 第49話 妙な男へのコメント

    ユルさん、食えない奴ですね。モグリの術師なのかも知れませんが、今のところ敵ではなさそう?

  • 第48話 追跡者へのコメント

    こういう斜に構えた風の男キャラは実はいい奴!

  • 第47話 魔の森へへのコメント

    ゆるキャンの始まりですね!ゆるくないけど。
    美人のシエラ様と寝食を共に過ごしたいだけの人生だった…。

  • 第45話 全力疾走へのコメント

    キゼットさんお久しぶり!
    シエラ様が偉い人だと判ってもタメ口で語り出す辺りが、この人らしいというか(笑)。

  • 第42話 危険な任務へのコメント

    アルムが指名される前に、シエラ様が取りまとめるんですね。どんな人選になるのか気になります(≧∇≦)

  • 第41話 妖精の卵へのコメント

    さて、どんな妖精が出るのやら…美人メイド風か猫型ペットが良いです(願望)。

    作者からの返信

    ではその方向も検討して……(謎)

    2018年5月30日 11:47

  • 第41話 妖精の卵へのコメント

    続き待ってました!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    とても励みになりました。
    嬉しいです!
    今後もよろしくお願いします!

    2018年5月28日 07:38

  • 第23話 色付け完了へのコメント

    長く連載されるそうで、がんばってください。

  • 第36話 クルアガ渓谷の魔竜へのコメント

    パウ様かっこいい‼️

    作者からの返信

    そうです。
    パウ様はカッコイイのです!

    2018年1月10日 12:48

  • 第40話 たどり着いた出発点へのコメント

    いろいろ政治的な裏はありそうですけど、ひとまずはアルムの喜びようが微笑ましくてこっちまで元気をもらいました。おめでとー!

    作者からの返信

    快活なアルムの素直さを前面に押し出して、第一幕は完結です。
    お付き合い、本当に有難う御座いました。
    とても励みになりました!

    2018年1月10日 12:48

  • 第40話 たどり着いた出発点へのコメント

    一気読みしました。
    世界観がすごい!面白かったです。

    作者からの返信

    コメント感謝です!

    一気読みとは、最高の誉め言葉です!
    有難う御座いました!

    2018年1月10日 12:47

  • 第40話 たどり着いた出発点へのコメント

    第一幕完結、お疲れ様でした。面白かった!!
    王道、王道ですよ。
    見たことの無い異世界設定、魅力的な主人公、師匠、ヒロイン、そして親切なおっちゃん(笑)。
    あ、これでレビュー書こう(笑)。
    第一幕というからには、第二幕ありますよね?
    コンテスト関係なく、続きが読みたいです。
    先になるかもしれませんが、首を長くして待ってますね。

    作者からの返信

    お付き合い有難う御座いました!
    第二幕は書き始めている所で、コンテスト終了後に公開出来るように頑張ります。

    本当に有難う御座いました!

    2018年1月10日 12:46

  • 第39話 決着へのコメント

    アルムの活躍が大衆に目撃されたから、ひとまず評判は上々、力量も示された格好ですね。
    下半身すっぽんぽんは嫌なビジュアルですが(笑)。
    それも公衆の面前にさらされることとなるのか……。

    作者からの返信

    下半身すっぽんぽんの描写はありませんし、今後もない予定です(笑)

    2018年1月10日 12:46

  • 第38話 色が持つ力へのコメント

    アルムの色付け、シエラの色付け。
    弟子どうしのコンビネーションですね。

    作者からの返信

    第一幕のタイトルが「鬼才の愛弟子」ですからね。
    そうでなくっちゃって感じです。

    2018年1月10日 12:45

  • 第34話 開錠へのコメント

    何が出るかなっ
    何が出るかなっ
    って、そんな軽い雰囲気じゃなさそうですね😅

    作者からの返信

    ちょうどお昼時ですし……

    2018年1月10日 12:44

  • 第33話 封印箱の中身へのコメント

    おーアルム凄かった💕
    ハモンさんも頑張って👍

    作者からの返信

    ようやくアルムの実力が披露されました。
    ハモンも頑張りますよ!

    2018年1月10日 12:44

  • 第32話 認定試験・開始へのコメント

    ルービックキューブだ😝

    作者からの返信

    そうですそれです。
    かちゃかちゃ回すアレです。

    2018年1月10日 12:43

  • 第31話 認定試験・前夜へのコメント

    ハモンさん頑張ってほしいなぁ

    作者からの返信

    応援有難う御座います!
    がんばってもらいましょう!

    2018年1月10日 12:43

  • 第30話 信じて待つへのコメント

    キゼットさん男前👍

    作者からの返信

    全てはキゼットさんの男気があっての物語です!

    2018年1月10日 12:43

  • 第29話 赤と紫へのコメント

    タルナス様、意外と可愛い💕

    作者からの返信

    色男ですけど、お茶目な感じの設定だったりします。

    2018年1月10日 12:42

  • 第28話 試験に向けてへのコメント

    高級料亭の貸切個室‼️
    塔の管理者様はすごいですね😍

    作者からの返信

    アンダルフィアの中枢を担う立場ですから、こういった特権もあったりするのです。

    2018年1月10日 12:42

  • 第27話 試験の前倒しへのコメント

    良いぞよいぞ😛

    作者からの返信

    然様、良いぞよいぞ。

    2018年1月10日 12:41

  • 第37話 イルセニアの火竜へのコメント

    古代語はモデルになった言語とかあるんでしょうか?
    ここでアルムがドラゴン撃退したら一躍有名人ですね、試験もうやむやになっちゃったけど、合格しちゃいそう。

    作者からの返信

    古代語は……雰囲気です( ;∀;)

    2018年1月5日 14:18

  • 第35話 若き色術師の防戦へのコメント

    色術師の戦闘、久々に見ました。
    今回は使い魔を召喚するような形式でしたね。
    ていうか竜、強ええ!

    作者からの返信

    プロローグでシエラが言っていた使用人の存在が、ようやくここで登場した感じです(^^;)
    竜強いですよ、最強です!

    2018年1月5日 14:17

  • 第34話 開錠へのコメント

    試験の優等生はみんな一癖も二癖もありますね。
    アルムはさすがの開錠、二位や三位も難なく突破。彼らは良きライバルとなるのか、敵となるのか……。

    作者からの返信

    ここで登場した受験生は今後の登場枠はありません(笑)

    2018年1月5日 14:16

  • 第32話 認定試験・開始へのコメント

    これルービックキューブですよね(笑)。
    色を付けて合わせる試験という意味ではなかなか目の付け所が良いな~。
    で、全部合わせると封印が解ける……!?
    中の物をいち早く出せれば合格ってことですかね。
    それとも中身にもまだ何かあるのかな。

    作者からの返信

    実用的な魔法アイテムとしてはかなり優秀な物ですよね。
    一応、超高額という設定です(笑)

    2018年1月5日 14:15

  • 第32話 認定試験・開始へのコメント

    ルービック・キューブ! 色の試験としては確かに有りですね。面白い!!

    作者からの返信

    ルービックキューブを何という言語で表記するか凄く悩みました(笑)

    2018年1月5日 14:15

  • 第23話 色付け完了へのコメント

    リンちゃん😅
    それはともかく嬉しそうなアルムくんにほっこりです👍

    作者からの返信

    リンちゃんは……こんな感じです(笑)

    2018年1月5日 14:14

  • 第31話 認定試験・前夜へのコメント

    お師匠の教えがしっかり染み付いていますね。シエラとの会話、安心できるやりとりでした。
    ハモン君も、アルムと良い親友になれそうですし、合格して欲しいなぁ……。

    作者からの返信

    共通の師を持つ主人公二人、この雰囲気を大事にしていきたいと思っています。

    2018年1月5日 14:14

  • 第30話 信じて待つへのコメント

    キゼットさんの見送り、かっこいいですね。
    アルムが合格することを信じているから言える台詞です。

    作者からの返信

    キゼットさんの立ち位置は妙な格好良さがありますね(笑)

    2017年12月31日 15:50

  • 第29話 赤と紫へのコメント

    何やら政治的な思惑が蠢いていますね……!
    アルムを巡る問題は予想以上に根が深い……??

    作者からの返信

    そこらへんも想像しながら読んでもらえると嬉しいですね!

    2017年12月28日 10:21

  • 第27話 試験の前倒しへのコメント

    パウ様の老獪な口調が良いぞよいぞ。
    ひとまず議会は想定通りに終了、試験本番で何が起こるのか楽しみです!

    作者からの返信

    良いぞよいぞ(*´ω`*)

    2017年12月28日 10:20

  • 第25話 緑之席パウへのコメント

    パウさんは頭が切れますね!
    あえて赤の策にハマった振りをしつつ、試験を真っ向から受けて立つと。

    ……そもそもガジルさんが失踪しなければこんな面倒なことにはならずに済んだんですけど(笑)、人物相関図がストーリー展開に密接に関わっていて、読んでいて飽きません。

    作者からの返信

    重厚な世界観の演出には多くの登場人物を用意するのが手っ取り早い一方で、それをやると読者としては覚えきれないという弱点も。
    ストーリーに直接関与しない人物を極力排除しつつ、薄くならない程度にはモブ的な人物を差し込みつつ、相関図としては誰一人として孤立しない絵図。
    これにはかなり気を使っているつもりですm(_ _)m

    2017年12月24日 08:56

  • 第24話 急な招集へのコメント

    アルムってそんなに警戒されているんですね……。
    まぁワケアリ少年ですしね、出自も不明ですし。

    作者からの返信

    そこら辺もまた、物語の主軸を担う予定だったりしますm(_ _)m

    2017年12月23日 09:07

  • 第23話 色付け完了へのコメント

    色付けの過程が、RPGのキャラメイキングみたいで楽しそうです。髪や肌の色をどうするのかとか。
    色を塗ることにもこんなに多種多様な意味を込めて作業しているのが驚きでした。色を付けているだけなのに、とても壮大。

    作者からの返信

    いつでも色を変えたりできる楽しみも、この世界のファッションだったりするのです。

    元からあるものではないからこそ、よく考え、慎重に選ぶという感じですかね。

    2017年12月23日 09:06

  • 第20話 シエラの家へのコメント

    力を抜いて、とか、初めてなの?とか、完全に会話がアレですねアレ!

    作者からの返信

    本作ではここまでが限界です(笑)

    2017年12月23日 09:03

  • 第19話 伝言へのコメント

    リンさん実は耳年増!?
    女性二人に全裸を見られながら色付けされるんですね、ご褒美じゃないですかーやだー!

    作者からの返信

    クールな耳年増という設定に挑んで見ました!

    2017年12月23日 09:02

  • 第11話 新米色術師セイルへのコメント

    今更ですが、場面転換のアーガイル柄風のが、白黒世界を演出していていいですね。

    作者からの返信

    これは偶然ですが、なんかいい感じになってラッキーです。
    三人称で物語を紡ぐ中で、世界観を語る手法を一人称風に仕上げた結果こうなりました(笑)

    2017年12月22日 10:17

  • 第16話 訪ね人へのコメント

    ガジルに頼まれていたことだから、シエラさんも素直に動きますね(*・∀・*)

    作者からの返信

    ここら辺から色術師の中身が語られて行く事になります。
    シエラさんとアルムくんの今後を見守ってやってくださいませ。

    2017年12月22日 10:19

  • 第15話 アルムの才へのコメント

    アルムが入学したら、ハモンさんも同級生になったりするのかな。

    作者からの返信

    作者からハモンさんに与えられた役回りは……
    まだ内緒にしておきます(笑)

    2017年12月22日 10:20

  • 第11話 新米色術師セイルへのコメント

    少年、ガジルのこと心から尊敬しているんですね。
    居なくなっちゃったけど……。

    作者からの返信

    居なくなった事もまた、少年にとってはリスペクトに値するのです。
    たぶん。

    2017年12月22日 10:16

  • 第10話 色を付けるへのコメント

    色付けにも食品だの物質だの、分野に系統があるんですね。細かい。

    作者からの返信

    色を付ける行為が簡単ではない事。
    知識と経験で出来る範囲が変わって来る事。
    師匠ガジルが鬼才と謳われた凄み。

    今後細かい設定を主軸にしていく予定は無いのですが、上記のための演出ですかね。

    2017年12月22日 10:15

  • 第7話 少年の旅立ちへのコメント

    予想以上の収穫が!
    色付きの、という注文が付随されているのもこの世界ならではですね。

    作者からの返信

    色が無い事を誰もが知っていて、色を後から付ける事も誰もが知っている。
    そういった世界観を演出するため、態々差し込んだエピソードに近いです(笑)

    2017年12月22日 10:14

  • 第5話 色の無い少年へのコメント

    色嫌い教と言う設定が良いですね。
    色をありがたがる人ばかりじゃないってことですよね。
    以前もテーマに異を唱える少年が出ましたが、色嫌い教も主人公のスタンスに真っ向から対立する考え方で、一方向だけじゃない多角的な世界構造を提示できていて感心しました。

    作者からの返信

    色嫌い教というのは探検家エンデカさんの皮肉めいた言い方であり、彼の主観なのですが、そのほうが雰囲気でるかなと思いまして。
    色の存在の意義を問い続ける事が本作のテーマになっているため、様々な思惑が交錯する世界を作りたかったので伝わって安心しました。

    2017年12月22日 10:12

  • 第17話 よく知る他人へのコメント

    私の乳は育たなかった😱
    シエラちゃん羨ましい限り‼️

    作者からの返信

    ふくよかに育った事実をガジルさんは知りません(笑)

    2017年12月22日 10:09

  • 第10話 色を付けるへのコメント

    ほー。
    色も使えるきまりがあるんだ。
    トマトも難しそうだね。

    作者からの返信

    変な色を付けると良くないという考え方があるため、厳しく管理されているのです。
    トマトに限らず、美味しそうな色に染めるのも腕ですね(笑)

    2017年12月22日 10:08

  • 第4話 師から弟へへのコメント

    少年の未来に素質を感じて世話を頼む、ってかっこいいですねぇ。
    誰も信じないけど、自分だけは「あの少年は必ず頭角を現す」って確信しているのも良い会話(*・∀・*)
    三原色とかも説明が出ていて、色彩らしくなって来ましたね!

    作者からの返信

    想いが受け継がれていく事もテーマなので、序盤はそれが主軸になってしまいました。
    色彩はアンダルフィアに到着するあたりから色濃くなっていくと思います!

    2017年12月19日 15:03

  • 第14話 貴族の涙へのコメント

    なんだかほっこりですね〜👍

    そろそろエンデカさんの手記が気になり始めてます!
    何処かでまとめて読めませんか?(笑)

    作者からの返信

    エンデカさんの手記は……読めません(笑)
    たぶん!

    2017年12月16日 14:01

  • 第2話 答えのない問いへのコメント

    色の書き方が上手で感激しました!
    モノクロの世界に突然極彩色の街が広がっているとか、ビジュアルイメージに直接訴えて来る情景描写が素晴らしい……!

    子供の「どうしてみんな、色を欲しがるのかな」という、いきなり作品テーマに問題提起するのもエッジが利いていますね。普通、こういう問いかけは中盤とかで出すものなのに。攻めてますね~!

    作者からの返信

    有難う御座います!
    褒め過ぎな気がしますけど、嬉しいです(笑)

    色の詳細を文字にして伝えるよりも、色の無い世界を前面に押し出してそこから色彩の雰囲気だけをぼんやりと書くようにしてみました。
    読者さんが脳内で色付けしてくれたらいいなと……

    作品テーマへの問題提起というよりも、ここが主人公たちを突き動かす原動力だったりするので、こちらがメインテーマかもしれません。
    一つの形として成り立っている世界観に対する疑問。
    世界の成り立ちを描くのではなく、その世界に対する挑戦を描いていこうと思っています。

    2017年12月16日 14:00

  • 第7話 少年の旅立ちへのコメント

    色がなければ、金貨もその価値がないか。あるけどさ。腕がいい金だよね。

    作者からの返信

    元々白黒の世界ならば金も銀も価値はないのでしょうが、元は色のあった世界ですから、その価値を人は求めてしまう。という設定です(笑)

    2017年12月14日 11:41

  • 第5話 色の無い少年へのコメント

    うーん。
    反対の思想を持つのが出て来て、リアリティーが増したと思いました。
    重さでお金を量るのも良かった。
    そして、色がないのに色術師になりたい。
    銀河鉄道999を思い出しました。機械の体。

    作者からの返信

    物語が動き出すところですね!
    ない物を求めるという姿勢は確かに似ているのかもしれませんね。
    ですが、アルム君の本当の意図はこれから徐々に見えてくると思います。
    どうか気長にお付き合い下さいm(__)m

    2017年12月12日 22:25

  • 第0話 虹と金の色術師へのコメント

    会話に議会の説明を織り込ませたりしているので世界が判りやすいです。
    色術師の等級などもあるんですね、ゴシックな印象を持ちました。
    あと世話焼きな女の子とぶっきらぼうな男というコンビ大好きですヒャッハー!

    作者からの返信

    有難うございますm(__)m
    設定的には練りすぎたかってくらいに作ってあるのですが、どうやってそれを伝えていくのか。
    その辺はかなり工夫しながら頭を使ってます(汗)

    どばーっと放出したら情報量だけが氾濫しますので、気を付けています。

    2017年12月12日 22:23

  • 第4話 師から弟へへのコメント

    シエラに託せば、安心だと、ガジルさんも分かっているのですね。
    弟子が立派過ぎるとも。
    でも、その先は……?とも考える訳ね。新しい風か。

    作者からの返信

    この師弟関係の面白さに、少年が絡んでいくのが主軸となっていきます。
    姉弟子と弟弟子みたいな感じですね!

    2017年12月12日 22:21

  • 第11話 新米色術師セイルへのコメント

    師匠、、、失踪って(笑)
    しかも「抜ける」って軽すぎてうける(笑)

    人柄が出てて好きなエピソードですけど、流石すぎますね😅

    作者からの返信

    思うところを言わない男なのです(笑)

    2017年12月12日 22:20

  • 序章 アンダルフィアの色術師へのコメント

    モノクロな世界設定というのが新しく感じました。
    色を染めることで物質を変化させる(人間を木像にするとか)という戦い方も珍しいですね。
    中年親父と少女、という年の差コンビも素敵です。

    作者からの返信

    コメント感謝です!

    バトルは殆ど無い予定ですが、戦うとしたらこの方法になります(笑)
    どうぞ気長にお付き合い下さい。

    2017年12月10日 16:33

  • 第3話 押し付けられた色へのコメント

    アルム、すっごい優しい子だよ。
    そういう子は、色がなくても我慢ができるのかも知れないね。

    作者からの返信

    その「優しさ」が色彩魔術を扱う最大の素養なのです。

    2017年12月10日 11:32

  • 第7話 少年の旅立ちへのコメント

    トマトスープテロ!
    美味しそう😳

    作者からの返信

    お腹減りましたね……(*´ω`)

    2017年12月10日 11:31

  • 第6話 スープの行先へのコメント

    アルムがちょっと大人になった😄

    作者からの返信

    まだ少年ですけどね!

    2017年12月10日 11:31

  • 第2話 答えのない問いへのコメント

    おおー。面白かった。
    猫が最後にいきてくるとも思わなかった。
    いっちょうやられました。
    そうか、アルムは優しい子だな。
    金が五人って凄いのがよく伝わりました。

    作者からの返信

    有難う御座います!

    少年とおっさんの心のやり取り、猫をアクセントに仕上げてみましたが、良い感じに受け取ってもらえてよかったです。

    金は三人ですが、まあ細かい事は言いっこなしです!(笑)

    2017年12月10日 14:35

  • 第1話 色の無い裏路地でへのコメント

    生い立ちで色があったり少なかったりするのですね。
    いじめは、かわいそう。
    水墨画のところは分かりやすかったです。
    中年の男は、どうして涙ぐんだのかな?

    作者からの返信

    白と黒だけの世界って、なかなか想像がつかないものなんですよね。
    私たちが色のある世界にいるもので、漫画のカラーさえ脳内で補完して色付きの世界にしてしまっていますから。

    涙ぐんでいた理由は、次話で語られます(*・ω・)ノ

    2017年12月8日 12:41

  • 第0話 虹と金の色術師へのコメント

    虹は、フルカラーの象徴ですね。

    作者からの返信

    空に上がる虹は白黒なんですけどね。
    色を扱う人達の憧れみたいなものですね!

    2017年12月8日 12:26

  • 第3話 押し付けられた色へのコメント

    鬼才で凄腕?だけど不良中年の師匠と、優等生な美少女の弟子。
    この組み合わせ面白い👍

    作者からの返信

    有難う御座います!
    物語の中心になる三人の主人公のうち二人です。
    愛でてやってください(笑)

    2017年12月6日 13:52

  • 第2話 答えのない問いへのコメント

    私このおじさんに惚れそう😛

    作者からの返信

    どうぞどうぞ(笑)

    2017年12月6日 13:51

  • 第1話 色の無い裏路地でへのコメント

    そっか、、、
    色のない世界で色を付けるってロマンチックだなぁとおもった自分が恥ずかしい。
    素敵な事なのに、残酷な事だったんですね😣

    作者からの返信

    両面を書いていきたいなと思いまして!
    ですが、過酷な側面は序盤しか出てきませんので安心して読み進めて下さい!

    2017年12月6日 13:51

  • 序章 アンダルフィアの色術師へのコメント

    新感覚の世界観ですね👍
    魔法が色ってゆうのも素敵な予感!
    読むぞ〜😍

    作者からの返信

    コメント感謝ですm(_ _)m

    どうぞ気長にお付き合い下さい!

    2017年12月6日 13:47

  • 序章 アンダルフィアの色術師へのコメント

    カッコいい世界観ですね。
    描写もいいなー。羨ましい。
    次も楽しみです。

    作者からの返信

    コメント感謝です。

    世界観だけはそれなりに自信あったりするんですよね。
    物語はどうでしょう……。
    素人なりに作り込んだつもりです(笑)

    よければお付き合い下さい!

    2017年12月6日 11:36