白黒世界の色術師

作者 犬のニャン太

第5話 色の無い少年」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 色嫌い教と言う設定が良いですね。
    色をありがたがる人ばかりじゃないってことですよね。
    以前もテーマに異を唱える少年が出ましたが、色嫌い教も主人公のスタンスに真っ向から対立する考え方で、一方向だけじゃない多角的な世界構造を提示できていて感心しました。

    作者からの返信

    色嫌い教というのは探検家エンデカさんの皮肉めいた言い方であり、彼の主観なのですが、そのほうが雰囲気でるかなと思いまして。
    色の存在の意義を問い続ける事が本作のテーマになっているため、様々な思惑が交錯する世界を作りたかったので伝わって安心しました。

    2017年12月22日 10:12

  • うーん。
    反対の思想を持つのが出て来て、リアリティーが増したと思いました。
    重さでお金を量るのも良かった。
    そして、色がないのに色術師になりたい。
    銀河鉄道999を思い出しました。機械の体。

    作者からの返信

    物語が動き出すところですね!
    ない物を求めるという姿勢は確かに似ているのかもしれませんね。
    ですが、アルム君の本当の意図はこれから徐々に見えてくると思います。
    どうか気長にお付き合い下さいm(__)m

    2017年12月12日 22:25