白黒世界の色術師

作者 犬のニャン太

第1話 色の無い裏路地で」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 生い立ちで色があったり少なかったりするのですね。
    いじめは、かわいそう。
    水墨画のところは分かりやすかったです。
    中年の男は、どうして涙ぐんだのかな?

    作者からの返信

    白と黒だけの世界って、なかなか想像がつかないものなんですよね。
    私たちが色のある世界にいるもので、漫画のカラーさえ脳内で補完して色付きの世界にしてしまっていますから。

    涙ぐんでいた理由は、次話で語られます(*・ω・)ノ

    2017年12月8日 12:41

  • そっか、、、
    色のない世界で色を付けるってロマンチックだなぁとおもった自分が恥ずかしい。
    素敵な事なのに、残酷な事だったんですね😣

    作者からの返信

    両面を書いていきたいなと思いまして!
    ですが、過酷な側面は序盤しか出てきませんので安心して読み進めて下さい!

    2017年12月6日 13:51