ピンク髪の君が散った異世界の空はブルー ~おっさんはロフテッド軌道の夢をみる

作者 北乃ガラナ

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

ハゲで底辺でも明るく卑しく生きていくことの大切さを教えられたような気がします。ギリギリ。

どこかで聞いたような斬新な設定や言葉遣いに圧倒されます。

既視感という名の懐かしさに、思い出が刺激されます。

残酷で辛いこの世の中。

大事なのは愛と信頼と



お金ですね。

★★★ Excellent!!!

日帰りファンタジーコンテスト応募作品らしいのですが、スレスレの綱渡りが激しい作品です。ちなみに読んでいる時は応募作品という事をすっかり忘れるほど夢中になれました。一気読みでしたので、後から考えると連載中の緊張感はもっと凄かったのだろうと想像できます。
身を切る勢いで笑いをとってくる作者様の姿勢に脱帽する作品。

爽快感のある作風と意外な展開のオンパレードで、すぐに読み終わってしまうでしょう。もっともっと読みたいと思わせる作品です。
コンテストには文字数制限があるようで、そこがとても残念に思わせるほど面白い。そして最終回の完成度の高さに驚いて下さい。

短い文章の中に大切な事が沢山詰まっている作品でした。

★★ Very Good!!

ハゲに悩んでいるサラリーマンが異世界転生し、女神とともに旅をする話です。ほぼ無理矢理な形で連れてきてしまった女神ですが、泣いたり笑いあったりして徐々に互いを理解していく。

ただ、説明文に明記されているとおり、女神は死にます。

ネタがあらゆるところにぶち込まれていて滅茶苦茶なことが多いですが、最後は予想できないほど綺麗に終わります。他の異世界転生作品でもこれくらい綺麗に終わってほしい、というくらいに。
終わりよければ全てよし。

★★★ Excellent!!!

テンポのいい語り口と、マシンガンのようなギャグコメディー、さらになんだかおかしなキャラクターで定評のある作者の渾身の一作。
今回は短編ながらも、なんとも濃密な作品になっておりました。
髪が気になる主人公のカイト、彼が異世界で出会うのはかわいいプラスちゃん。
二人の会話の応酬がまた楽しいのですが、ストーリーがまたハチャメチャことに。
そして勢いのままに読んでいくと……
短編なのでこの先を書くのはヤボというもの。
ぜひ楽しんでみてください。

★★★ Excellent!!!

随所に散りばめられたネタがギリアウト(笑)
主人公のカイトも女神のプラスちゃんもゲスさがギリアウト(笑)
ついでに言うとカイトの毛髪量もギリアウト(笑)

さらには文字数もギリアウトやんけー!!

……と突っ込まずにはいられなくなる爽快な異世界ラブコメディ。

でもね。なぜか読みながらも読んでからも、爽快感が続きます。
ギリアウトも全部ひっくるめて楽しかった!読んでよかった!と思えます。

さすがはギャグの帝王ガラナさんの作品です✨

★★★ Excellent!!!

散りばめられたコメディが、スレスレの台詞が、男の哀愁が、
読む手を先に進めます。

物語はアイドリングを経て、直ぐトップスピードに入るのですが、視界が歪む程の急加速では無く、かといって単調に流れる高速道路から見る風景でも無く、ギリギリの良い加減で最後まで楽しめました。

残念なのは、このコンテストに文字数制限があった事くらいでしょうか。
あと数万文字は楽しめるのに勿体無い、と思ってしまいます。


作者渾身の文字通り『名』を賭けた作品。
賞味期限は一週間なので、それまでに開封して下さい。

★★★ Excellent!!!

疾走、爽快、笑い、不安、悲嘆、幸福、そして……ハゲ

この小説を書き表すには、角川必携国語辞典の全ての語彙を費やしても無駄なのだ。迷わず読めよ、読めば分かるさ、男が本当に大事にしないといけないものが全て詰まっている。

しかし! しかし本当の戦いは連載前から始まっていたと知れば、多くの読者の方は驚かれるだろう。
そう、この物語は男のプライドをかけた一戦、絶対に負けられない場外乱闘だったのだ! 
失われた自分の名を、そして毛髪を取り戻すために男は戦う。やる時にはやる! カイト! 俺はもう悲しまないぜ。お前みたいな子を増やさせない為に異世界転生を叩く、徹底的にな!

そんな作者のやりきった感を味わえる傑作、ぜひともご一読下さい。  

★★★ Excellent!!!

あらすじ冒頭部が「奥●は魔女」だったことに今更気付いた今日このごろ。
あちらこちらにネタをてんこもりに散りばめてまして、わかる人間には大爆笑ものなのですが、それだけでは終わりません。

頭髪の薄い底辺リーマンとディスられながら、実は結構外道な主人公。金さえ有ればと思っていた彼が、大金を手にするのと引き替えにしたものは……

大切なものは失ってはじめてわかるもの。お金じゃないよ、人生は。

そんな教訓をにじませつつも、最後はハッピーエンドに終わるので安心してご覧ください。

最後に一言。このくらいならセーフです。