その指先に、火を灯す。

作者 朝乃日和