第9頁 No matter what you say, I will follow you!

 デメルザ達3人は、屋敷を抜けた先の平原に立ちすくんでいた。と言うのも……。

「なぁ、おい。待ってやろうぜ。」

 シーラがデメルザの腕をガッシリと掴む。デメルザは振りほどこうとしつつ、前へ進もうとしていた。

「なんで、あんなエンラソォ〜なじゃじゃ馬待たなきゃいけねぇんだよ!置いていったってバチは当たんねぇよ。なぁ?」

 デメルザはオーシャルに尋ねる。オーシャルは割と真剣な表情で頷いた。

「全然問題ないと思う。」

「それを問題ないと思う事自体に問題があんの!」

 シーラは呆れつつ、それでいてより強くデメルザの腕を掴んだ。それに伴って、デメルザの逃げようとする動きも激しくなった。

「とにかく!!アイツと一緒に居たいなら、あたしは抜きにしてくれ!顔といい声といい、全面的に嫌いなんだ、アイツ!!」


「──それはそれは。随分と酷い事言ってくれるじゃないの。」


「……あと、神出鬼没なとことか。」



 シーラとオーシャルが振り返ると、やはりそこにはマリーナの姿があった。しかし、先程とは全く違う。綺麗にまとめていた髪は全て下ろし、青いワンピースに白いシャツ、赤いジャケットと庶民的ではないにしろ、貴族の面影など全くない身なりへと変わっていた。シーラは見とれ、オーシャルはひゅうっと口笛を吹く。

「なんだ。そっちのが可愛いじゃん。」

「どうも。」

 オーシャルの賞賛をそっけなくあしらい、マリーナはデメルザに詰め寄る。

「いいわね?アンタがなんと言おうと、私ついて行くから!」

 デメルザは眉間に皺を寄せて息を漏らす。

「かぁ〜っ!!この女は!」

「女を舐めないでちょうだいね!やる時はやるんだから!!」

「……あ?」

 デメルザは唖然とする。シーラとオーシャルも目を合わせるが、オーシャルは睨みつけるとすぐに目を逸らした。マリーナは状況が理解出来ていない。

「何よ?」

 デメルザはしばらく頭を悩ませてから口を開いた。

「あー……。この際だから、後腐れなくカミングアウトするね。えっと──、女子でーす。」

 マリーナは納得した顔をすると、腰に手を当て、デメルザを気まずい表情で見つめた。

「……今のくだり、どのくらいやったの?」

「お前が朝、二度寝した回数くらい。」

「あ、思ったより無いわね。」



 デメルザは深くため息をつく。

「もうさ、勝手にして!私知らない!!」

 泣き出しそうな声でそう言うと、両手で顔を覆い俯いた。

「じゃ、勝手にする。私の事は、マリーナって呼んでくれればいいから。あと、あんまり気を遣わないでいいわよ。」

 マリーナがシーラとオーシャルに微笑みかけるも、2人は浮かない顔をした。

「いや、元よりそんな気遣ってないから大丈夫。」

 シーラが言うと、マリーナは目を丸くした。

「え?」

「俺ら、もっとヤバい奴とタメ張っちゃったから。」

「あ、そう。それなら楽だわ!」

 マリーナはあくまでポジティブに捉える。


「それで、ツァルターに行くとかなんとか言ってたわよね?どうするの?」

 3人は揃ってデメルザを見る。

「あ?ったく……。えっとな。」

 デメルザは気だるげに話し出す。

「ホントは、デリエンスを北に向かって突っ切るのが早いんだが、アトメティアとのなんちゃらで北が通れなかった気がする。なんで、ちょっと遠回りになるが、カシャールを東に横切ってアトメティアに入った後、アトメティアを北に行く。それでいいだろ、メンドッチィけど。」

 やる気のなさそうなデメルザに対し、マリーナはやる気満々だ。

「そのくらい何よ!!多少の苦労は付き物よね!マリーナなら出来るわ〜。」

 ブツブツと自分に暗示をかけるマリーナをよそ目に、他3人は小声で話し合っていた。

「おいお前ら。ホントにアイツ、連れて行っていいのか?」

 シーラとオーシャルは苦々しい表情で答える。

「ぶっちゃけて言うと……、俺ヤダ。」

「僕も。」

「でもほら、置いていくのは可哀想かなって。」

 デメルザは肩を落とす。

「甘いなぁ〜。いいか?あたしのこの24年間の人生における知識によりゃあ、アイツ絶対にヤバい事するよ。断言する。」

 オーシャルはチラチラとマリーナの様子を伺いながら話していた。

「いや、大丈夫。僕ら全員分かってる事だから、ソレ。」

「うーん……。ま、とにかくアレだ。隙を見て捨てよう。」

 デメルザがそう言うと、シーラとオーシャルは突然態度を一変させた。

「あ、捨てんの。頑張ってね。」

「お前なら出来る!」

 オーシャルは親指を立てた。

「おい待てよ!その戦法が通用すんのは、ボール片付ける係決める時だけだろ!」

「知らんよぉ、そんなのぉ!言い出しっぺがなんとかしろよ!」

 オーシャルはからかうように言い放つ。3人共、だんだんと声が大きくなってきている。


「ちょっと!何捨てようとしてんのよ!!」

 背後からマリーナの声が聞こえた。3人はうんざりして彼女を見つめる。

「いや、捨てようとしたのはコイツで……。」

 シーラが言うと、マリーナはデメルザをキッと睨んだ。

「と、賛成した奴が申しております。」

 デメルザがシーラを、横目で睨みつけながら言う。マリーナは苛立ちながらオーシャルを見つめた。

「いや、僕は──。」

「共犯者!!」

 デメルザとシーラが同時に言い放った。マリーナは3人を睨みつつも、酷く傷ついた様子だ。

「まぁいいわ。どうせ私なんて、うるさいお荷物ですよーだ。」

 そう言いながら彼女は、俯いてトボトボと東へ歩き出した。

「ほら言い過ぎた。」

 シーラがこれ見よがしに言うと、マリーナは突然体を起こし、

「ほら!何モタモタしてるの!?早く行くわよ!!」

 と、とびきりの笑顔で3人に呼びかけた。

「……やっぱもっと言ったれ。」

 シーラが唖然として言うも、デメルザはやれやれと首を横に振った。

「いや、もうやめとこう。多分だけどアイツ……、キレたら怖い奴だ。」


「さぁ!!行くわよー!!!」






「ねぇ……。ちょっと休みましょうよぉ。」

 マリーナはヨレヨレとした足取りで、3人から大分遅れをとっていた。

「かぁ〜!!ムカつく!」

 デメルザは怒鳴りつけたいのを必死に堪えていた。オーシャルが、背中をさすってなだめる。

「アイツ何なの!?もっかい言うぞ、アイツ何なの!?」

 デメルザの怒りは未だ急上昇している。シーラは腕を組んでその様子を眺めていた。

「落ち着けよ。お前がキッパリ断らなかったのが悪いんだろ。」

 デメルザはいつも以上に深くため息をつく。

「それは……、まぁそうだけど。……つか、なんでお前らも当たり前のようについて来てんだよ?帰れよ。」

「だから帰らねぇっての!!」

 オーシャルが叫ぶ。いつも通りの流れだ。

「帰らないって言うからさ……。」

 シーラは物言いたげな表情でオーシャルを見つめた。オーシャルは彼と目が合うな否や、憎悪の表情で兄を睨みつける。

「お前、何ジロジロ見てんだよ!?気持ちわりぃな!!」

「えっ、ジロジロ見てたのか!?気持ちわりぃなぁ!!」

 デメルザも便乗し、シーラは呆れて何も言えなかった。


「ちょっと!!まるで居ないかのように振る舞うのやめてくれる!?」

 マリーナが息を切らしながら3人に追いつく。しかし、シーラ以外がまるで彼女が居ないかのように振る舞い続けた。

「なんか声が聞こえる。」

「聞こえない聞こえない。やめてくれ、あたし怖いのあんま強くない。」

 オーシャルとデメルザがそんな会話をしながら、さっさと歩き去る。


「私、嫌われてるの?」

 マリーナはシーラに尋ねる。シーラは一瞬戸惑うも、隠さず答えた。

「好かれてはないな。」




 4人は歩き続けるが、一向に人間の気配がしない。町などあるはずもなかった。

「しまったな……。カシャールともなると、あたしも知ってる所ねぇや。」

 その場に立ち止まったデメルザが呟くと、彼女とシーラ、オーシャルは一斉にマリーナを見た。

「な、何よ……?」

「今こそ、君がここに居る意味を見せる時だぜ。なんか知らない?」

 オーシャルはマリーナ相手だと、些か言葉遣いが優しい。だが、マリーナは言葉を詰まらせた。

「え、えっと……。」

 3人はじわじわと表情を強ばらせる。

「あ……だって、あんまり外に出た事ないから……。」

「さようなら。」

 デメルザとオーシャルはまたも歩き出す。

「待って!ちょっと待って!!」

 マリーナは必死に止める。デメルザは嫌々ながらも話しかけた。

「分かった分かった!いいからもう、ついて来るなら口閉じろ。」

 その言葉を聞いて、マリーナは笑顔で頷いた。4人は再び歩き出す。


 すると──。


「あ、川だ。」

 デメルザが呟く。

「え、川!?マジで川!?よっしゃあああぁぁぁぁ!!!」

 4人は跳んで喜び始めた。



 その時、喜ぶ4人を見つめる人影があった。血塗れのズボン──。その人物はデメルザの姿を見た途端、ニンマリと口角を上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます