第7頁 Why do people grieve?

 最期の王──。その言葉を口にしたのは、険しい表情のデメルザだった。ギレンはそのまま続ける。

「ランビレス最後の国王にして、祖国を滅ぼした張本人であると言われる。ただ、ランビレスを知る者が少ないように、最期の王を知る者もまた少ない。」

 するとシーラが口を出した。

「何でランビレス、そんなに知名度ないんだよ?」

「交易をしなかった事が原因だろうが、どうやらある1国とは、かつて盛んに繋がっていたようだ。」

 そう言うとギレンは、自分の持っている本を4人に見せた。そこに書かれていたのは、童話のような物語だった。




 メイディアでは、相変わらずベルドと人喰い悪魔が一緒に座っていた。夜もすっかり更けきり、寒さはピークに達していた。2人は互いに全く喋らず、ベルドは延々と星を見ていた。

「夜空なんか見て、楽しいの?」

 人喰い悪魔が話し出す。ベルドは少し驚くが、慣れてきたのか冷静に対応した。

「星の光は、何百何千という年月としつきを経て、やっと地上に届くと言います。果てしない過去を示すものです。過去は未来を教えてくれます。」

「あらそう。」

 人喰い悪魔はあまり関心を持っていないようだ。流石のベルドも見上げ疲れたのか、下を向いてため息をつく。

(ルーフィン様とはぐれるなんて……。)

 その様子を見て、退屈そうにしていた人喰い悪魔が声をかける。

「1つ、ちょっとした昔話をしてあげようか。別に俺の思い出話じゃないけどさ。」

 ベルドは少し間を置いて答えた。

「お願いします……。」




 昔、ツァルターの一地方を治める1人の男がいた。その男は貧しい平民の生まれだったが、圧政を敷く領主に耐えかねて、たった1人で彼を殺し、自ら領主の座に着いた。

 彼は、海より深い愛情と優しさを持った人物だった。貧しい者には食べ物を与え、罪人にも情けをかけ、全ての民を平等に扱った。人々の笑顔、それが彼の生きる意味だったのだ。


 しかし幸せは永遠とわに続くものではない。


 ある日、海の彼方から不穏な影が忍び寄って来た。ツァルターと繋がりを持っていた、ランビレスのある方角からだ。その影──否、分厚い黒い雲は、あっという間に空を覆い尽くしたかと思うと、その瞬間とき屋根の下にいなかった者を、一人残らず飲み込んで消し去ってしまった。

 生き残った人々は恐れおののいた。一瞬の出来事であったが、家族や友人を一気に失ってしまったのだ。男の治めるその地方には、悲しい思いで満ちていた。


 そこで、優しい領主おとこは考えた。この悲しみを終わらせるにはどうしたら良いのだろうか?確実な答えは出なかったが、彼は引きこもってしまった民を一人ひとり訪ね、元気づけようと試みた。


 ──だが彼を待っていたのは、人の笑顔ではなかった。


 元気づけようとした人々は、男の姿を見る度に怒り出したのだ。中には、彼を殺そうとする者も現れた。人々は口を揃えて言うのだ。まともに外にも出ていなかったお前に何が分かるのか、と。


 人の喜ぶ姿が生きがいだった、男は絶望した。誰かが自分を殺しに来るかもしれないと、日々怯えるばかりだった。そして、恐怖か絶望か、はたまた怒りか、何かの拍子に気が触れてしまった男は、最初に妻を、次に息子を、使用人を、老人を、夫婦を、恋人達を──次々と殺していった。


 そして最後に、ただひたすら自らの体を傷つけ続け、男はどこかへ姿を消した。


 汝、決して嗤う事なかれ。彼の者の心は、傷つきながらも彷徨い続ける。




「悲しいお話ですね……。」

 マリーナが呟くと、シーラも後に続けた。

「これは、誰かの記憶にある出来事なのか。」

 ギレンは本を静かに閉じると、表紙をジッと見つめながら答えた。

「そうだ。だが、この記憶の保持者は、この話は他の者から聞いたと記憶している。そうなれば、これは作り話だろうな。」

 事実ではないと聞いて、シーラとマリーナは安心したようだ。


「ランビレスは、ツァルターと……。」

 デメルザが独り言を言う。

「そこへ行けば、何か掴めるかもな。保証は出来ないが、これで満足いっただろう?」

 デメルザは少しの間黙っていたが、やがて普段の意地悪い顔つきに戻る。するとマリーナが口を挟んできた。

「何?アンタはランビレスに行くのが目的なの?」

 デメルザは少し不機嫌になって返した。

「バカンスみたいに言うなよ。ランビレスに行って、暗雲を根っこからぶちのめす。それが目的だ。」

 マリーナの表情が強ばる。

「暗雲を……。」

 それを無視して、デメルザはギレンに話した。

「じゃ、あんがとさん。もう用は済んだから──。」

「待て。」

 ギレンは厳しい表情でデメルザを睨んだ。

「虚ろの者が何故なにゆえ疎まれているのかを忘れた訳ではあるまいな?ただで帰らす訳にはいかん。」

「あぁ、何か聞いてくんだっけ?」

 ギレンは得意気な表情に変える。

「そうだ。ここの本を読むだけでは、人間を理解しきれない。だからこういう接点が必要なんだ。」

 するとシーラが口を出す。

「俺達を選んだのか?」

「いいや。選別などしない。ある特定の言葉を発して扉を開くと、ここに繋がるようになっている。今は、“ボンボン嬢ちゃんには関係ねぇよ、だぁーってろ!”だったな。」

 故意かどうかは分からないが、ギレンの口調はデメルザを真似ているように聞こえた。しかし、当のデメルザは唖然としている。

「え、そういう事なの!?」

「そういう事だ。私の気分次第で、合言葉はコロコロ変えるがね。」

 ギレンは何故か楽しそうだ。

「ここは会員制クラブか何かか……。つか合言葉がピンポイント過ぎるだろ。何人引っかかるんだよ?」

「月1、2人は来るぞ。そりゃ、今時の奴はこういう事よく言うだろうなぁとかは考えてるからな。」

 ギレンとは正反対に、4人はもはや呆れていた。オーシャルがボソッと尋ねる。

「何でそこまでして人間に会いたがるんだよ?ここから出ればいいだろ?」


 しかしギレンは、深刻そうな表情で深く息をつく。

「私は生前、死んだ人間を蘇らせる術がある事を知って、自分が死んだら即刻使おうと考えていた。事故を恐れて、他人には使わなかったがね。しかし、“最期の王”でも、そればかりか“狂術士”でもない者に、完全な術は扱えない。私はここから出られないし、この世の者ではないが故に、亡霊には寿命が存在しなかった。」

 ギレンは切ない表情を浮かべてはいたが、悲しんでいるようには見えなかった。マリーナは胸を締め付けられる思いを抱きながら尋ねる。

「貴方は聡明な方だったと伝えられています。そんな方が何故……。」

 ギレンは本の列から1冊取り出すと、開いて眺め始めた。

「それがどうにも思い出せない。完全な存在でないせいか、記憶に欠落した部分があるらしい。……こうして他者の記憶を表せるようになった時には、記憶の保持者は死んでいた。」

「それでもここにいらっしゃるのですね……。」

 ギレンは不敵に微笑むと、パタリと本を閉じた。

「私は人間の未来が見たい。世界の行く末を見守りたい。終わりから生まれる始まりが、しんなるものかを見てみたい。」

 もう一度息をつくと、真っ直ぐにマリーナを見据える。

「それだけだ。」

 マリーナは納得はしていなさそうだが、彼の意志を尊重するかのように頷いた。



「それでは、君達の意志も聞かせてくれたまえ。1人ずつだぞ。むやみに語るのはよろしくない。」

 ギレンが静かに質問を投げかける中、デメルザは1冊本を取り出すと、ペラペラと適当にページをめくり始めた。文章は読んでいない。些か目が泳いでいるように見える。


「そういう事でいいんだな?」

「はい。」

「そうか……。少し残念だが。」

「申し訳ございません。しかし、私は未練のない生き方をしたいのです。」

「分かったよ。」

 ギレンとマリーナの会話が聞こえたと思えば、マリーナの姿はすうっと消えてしまった。シーラとオーシャルは既にいなくなっている。

「さぁ、最後は君だ。」

 ギレンはデメルザに向かって歩き出す。手には先程とは違う本が、開いた状態で持たれていた。デメルザは背中を向けたまま、そっけなく返す。

「へいへい。何だよ?」




「人は何故悲しむ?」




 デメルザの動きが止まる。表情は落ち着いていたが、目つきは恐ろしいものになっていた。それとは構わず、ギレンは本の文章を読み上げる。



 少女は問うた。

「人はどうして悲しむの?」


 しかし答えは返ってこない。


 少女は問うた。

「人はどうして悲しむの?」


 やはり答えは返ってこない。


 少女は問うた。

「人はどうして悲しむの?」


 返ってきた答えはひとつ。




「世界が──。」

 デメルザはそう呟くも、言葉を詰まらせる。ギレンは本を閉じ、その場に立ち止まった。

「君は答えを知っているんだろう?何を惑う?」

 ギレンに問われると、デメルザは険しい表情で言った。

「それはフェイルギースの答えだろう……!」

「だがそれは──。」

「あたしはフェイルギースとは違う!責任を逃れて死んだあいつなんかと一緒にするな。」

 デメルザは半ば振り向き、横目でギレンを睨んだ。一方でギレンは難しい顔をしていた。

「そうとまで割り切るか……。良い流れとは言えないよ。」

「知るか。あいつと同じが最も不愉快だ。」「……まぁ確かに。君はフェイルギースとは──、最期の王とは違うようだ。」

 ギレンは諦めたように顔を背けながら静かに話し出した。

「しかし、君が知っている答えは、どんなに君が嫌う人物のものであったとしても、君のものにする事が出来る。答えが見つからないのなら盗め。」

 ギレンの声音には、怒りと焦りが滲んでいた。デメルザは拳を握り、歯を食いしばって答えた。


「──世界が悲しませるからだ……!」


 ギレンはほんの少し目を閉じると、響く声で静かに言った。

「……もし迷ったら、また来るがいい。出会うには、運命にねだれよ。」


 周りの景色が次第に溶けて行く。そして最後には何も見えなくなった──。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます