第3章 In Kashar

第1頁 Welcome it is a traveler to Teber which the town of the flower.

 リミアムスとユーシルの案内で、デメルザ達はカシャール王国へと向かう。


「扉を開けると別空間に出る時があるって言ったよな?それはカシャールでだけなのか?」

 シーラが口を開いた。ユーシルが答える。

「“虚ろの者”ですか。いえ、似たような現象は、デリエンスでも目撃情報が出回っていますが、虚ろの者が関わっているというのはカシャール限定となりますね。同じなのかもしれませんし、似ているだけで全く違うものなのかもしれませんが。」

「カシャール行かなくてもいいんじゃ?」

 デメルザが首を突っ込む。

「確実に奴の尻尾を掴まねぇと。折角行けんだし、行けるだけ行った方がいいだろ?」

 シーラはいまいち腑に落ちない様子だ。

「オーシャルの気が済んだら、早い内に帰りたいんだけど……。」

「お前、僕が気ぃ済ますとでも思ってんのかよ!バカか!?」

 オーシャルの発言に、シーラは眉を寄せる。

「口が悪すぎやしないか?」

「だぁーってろよ、このボケ!」

「チッ!!」

 シーラが大きく舌打ちした。この兄弟の仲は、相も変わらず険悪だ。


 カシャール王国との国境は、思ったより近くにあった。とは言っても、日は傾きかけていたのだが。

「じゃあ、話は合わせといたから、俺達はここまでだ。3人だけで大丈夫か?」

 リミアムスが問うと、オーシャルがデメルザを見る。

「大丈夫なのか?」

 デメルザはシーラを見る。

「大丈夫?」

「やめろ。俺を見るな。」

 3人の茶番には目もくれず、ユーシルが冷静に話し出す。

「とにもかくにも、私達はこれで失礼致します。何かあったら、またデリエンスに戻ってきてくだされば、どうにかお力添え致しますので。」

「あいはい。」

 デメルザの軽い返事と共に、3人はリミアムス、ユーシルと別れた。



 3人は門をくぐる。




「ようこそ、旅の方。花の街“テベール”へ。」

 見張りの兵が3人に告げた。テベールは珍しく国境に接した街で、「花の街」の名に相応しく、一目見ただけでも多種多様な花を見る事が出来る。花壇はもちろん、玄関前や壁飾り、更には街人の服装にまで取り入れられている。

「お?コレ、アトメティアの北部じゃないと咲かないやつじゃん。こんな所で見るなんてな!」

 デメルザが民家の壁に飾られている、カゴに入った黄色い花を見て呟いた。

「改良に成功したってとこかな?」

 シーラはそう言うが、あまり喜ばしくなさそうだ。

「嫌なのか?」

 デメルザが尋ねると、肩をすくめて答える。

「別に。」


 その夜は宿に泊まった。代金は当然──。

「あのさ、そろそろ払ってくんない?自分達の分だけでいいから。」

 シーラは腕を組んで、2人を睨みつけていた。2人は聞こえないフリをする。そのまま無視して、オーシャルが話題を変えた。全員、小テーブルの椅子に腰掛けている。

「で?虚ろの者はどうやって探すんだ?」

「おい、無視する──。」

「とりあえず、奴に出会うには扉を開けなきゃならん。ひょっとしたらどっかの扉が、奴に通じてるかもしれない。」

「おい!だから──!!」

「あー、もう。落ち着けよ。テメェの愚痴は後で聞いてやるから、今はあたしの言う事を聞け。」

 デメルザは機嫌の悪いシーラを制止すると、再び話を続けた。


「とにかく扉が多い所だ。たんまりありゃ、どれかにブチ当たるだろ!で、さっきしれっと聞いた話、この辺りには地方貴族様の屋敷があるそうな。」

 デメルザの顔が意地悪く歪む。2人は顔をしかめた。

「まさか……。」

 オーシャルが呟くと、デメルザは指を鳴らして答える。

屋敷そこを狙う!」

 2人はうなだれた。

「おい待て。どうやって入れてもらうつもりだ?“虚ろの者に会いたいので、お屋敷の扉を全部開けてみてもいいですか?”とか聞くのか?」

 シーラは呆れた表情でデメルザを見る。

「いや。流石にコネがない所には、あたしでも交渉できねぇよ。それに、虚ろの者は一般には良いイメージねぇから、尚更だな。」

 デメルザはテーブルにひじを付き、手の甲に顎を乗せる。

「なら、もう手は1つだ。」

 シーラの表情はどんどん憐れむようになった。

「……忍び込むのね。」

 デメルザは過去最高の笑顔を浮かべた。



 翌日──。


「うわぁ……。」

 3人は呆然と佇んでいた。例の地方貴族の屋敷へとやって来たのだが……、まだ庭しか見てえいないのに、思いの外警備が厳重だ。

「なんで兵士が2人いんのに、番犬3匹もいんの?正面口にケルベロスかよ。」

 デメルザが愚痴をこぼす。

「まぁ、どうせこっから入るつもりはなかったろ?他当たろうぜ。」

 シーラが言うと、3人は見張りに見つからぬよう、そろそろと回り込んだ。


「いまいち隙がないな、この塀。よじ登るのは難しくないけど。」

 オーシャルが石造りの塀を見上げて言った。高さは見積もっても、3m程だが、石の凹凸を利用すれば、なんとか登れそうだ。

「じゃ、ちょいと時間を稼ぐかな。」

 デメルザは来た道を戻ると、見張りの兵に近い茂みの中から、敷地の前を歩いていた男の後頭部に向かってこぶし大の石を投げつけた。


 ゴンッ!!

「いった!!!」


 男は後ろを振り返ると、見張り兵に詰め寄る。

「おい!何しやがんだ!!」

「は?なんだ貴様!?」

 男と兵士達は口論になる。

「ハン!しめたぜ……!」

 デメルザは嬉しそうに呟く。


 しかし──。


「ワンワンワンワン!!」

 番犬が一斉に吠え出した。3匹共デメルザの方を向いている。

「ん、なんだ?誰かいるのか!?」

「クソッ……!」

 デメルザは犬を睨むと、石を反対側の門の柱に投げつけた。


 コンッ!


「ん?」

 兵士と男が音のした方を向く。その隙にデメルザは音を立てずに駆け出した。去り際に、番犬の1匹にも石を投げる。

「キャン!!!」

「なんだなんだ!!?どうしたんだ!?」

 兵士が驚いて振り向くと、犬達は一斉に走り出す。追いかけてみると、3匹とも塀を見上げて吠え続けていた。

「誰かが忍び込んだな……。」



 一方──。


「完璧にバレてんじゃん!どうすんだよ!」

 シーラが小声で怒鳴る。デメルザの顔から察するに、あまり余裕がなかったようだ。

「ま、まぁ。入れたは入れたんだし?結果オーライだろ。」

「その結果も、じきにオーライじゃなくなるんだぞ。」

 オーシャルも呆れた様子だった。デメルザは嫌そうな顔をして先へ進む。

「もういいから、行くぞ。」



 広い庭を抜けてようやく屋敷へと辿り着いた。屋敷の中は大理石の床が、水のように景色を映している。

「いやぁ、助かった!都合良く窓が開いててよかったな!」

 デメルザはやけに上機嫌だ。シーラは頭を抱える。

「なんでこんな事してんだろ?俺。」

「まぁまぁ、いいだろ?さ、片っ端から開けてくぞー!ブチ当たること祈れよー?」

 3人は作業を開始する。。


 30分後、3人はとある空き部屋に集まっていた。妙に薄暗く、埃が床一面に被さっている。

「まぁ、扉多い方がいいとは言ったけどよ……。こんなに多くちゃ敵わんぜ。」

 デメルザがぼやく。後の2人も顔をしかめていた。

「どうする?手分けする?」

 オーシャルが尋ねるが、デメルザは頷かない。

「いやぁ、手分けた所で効率上がるとは思えねぇな。全部開けたら、多分人生終わってるぜ。」

「お前がここにしたいって言い出したんだろうが!」

 シーラが怒鳴る。デメルザも怒鳴り返した。

「だから!そんなに来たくないならついてくんじゃねぇっつってんだろ!!」

 オーシャルも加わる。何故かシーラを責めていた。

「バカなのか、お前!?勝手についてきてんのはお前なんだからな!このクソボケ野郎が!!」


「いい加減に口閉じろ……!ガキん頃にお前の世話してやったの誰だと思ってんだ!!」


「関係ねぇだろ!!」


「敬意を払えってんだよ!」


「兄弟喧嘩ばっかしてんじゃねぇよ!!」


 なんとも醜い争いである。




 すると突然──!


「あら?誰かいるの?」

 部屋の外から女性の声がした。今の話し声を聞かれてしまったらしい。

「うわっ!ヤベ……!!」

 オーシャルが焦るが、もう手遅れだ。

「なんでこんな部屋に……?あの、入ってもいいかしら?」

「うぅ……、どうするよ!?」

 シーラも慌てる。


 その時、デメルザが突然、腰の短剣を引き抜いた。

「え?おい、何してんの?」

 シーラの問いに、デメルザは真剣な表情で答えた。

「悪いがよ、お前ら……。余計な事言ってもらっちゃあ困るんだ。分かってるな?」

 剣先を2人に向ける。


「えっ、ちょ──!!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます