第6頁 If you don't believe a fairytale with reality, what I speak will be only a fairytale for you!

 ──暗雲の日がやってきた。



「……さむっ!!ヤバい……。」

 毛布を被ったオーシャルは体をガクガクと震わせ、暖炉の火に手を当てていた。もう昼間だというのに真っ暗で、昨日までの暑さが嘘のようだ。辺りが凍りついている。


「だからもう少し着た方がいいって言ってんだろ。寒がりが。」

 シーラも火に当たっていたが、オーシャル程寒がってはいなかった。叱りを受けたオーシャルはムッとして、シーラの脚を蹴り飛ばす。

「おい!!」

 オーシャルはそっぽを向いた。


 シーラが呆れていると、部屋からデメルザが出てきた。服装がいつものままだ。

「お前それ、寒くないの?」

 シーラが尋ねると、デメルザは軽い口調で答える。

「全然。こんなの平気だろうよ!弱っちぃな、お前ら!!」

 デメルザはそう笑うと、暖炉の近くへ寄り、床に紙切れを広げた。──海図だ。


 デメルザはどこからかペンを取り出すと、海図上の「ヤーハッタ島」の場所にペン先を当てた。そこからに向かって1本、に向かって1本線を引き、2本線の間を斜線で塗りつぶす。


「何これ?」

 オーシャルが尋ねる。デメルザは笑顔のまま、しかし真剣な声音で話す。

「昨日のジジイの話から、暗雲がどこへ行ったかを割り出すんだよ。」

「ん?じゃないのか?」

 シーラの問いに、デメルザは呆れ気味に答えた。

「あの暗雲さんが、素直に真っ直ぐ飛んでる保証でもあんのかよ?道草だって食うかもしんねぇだろうが。」

 シーラは少し落ち込んだ。しかしすぐに、ある疑問を抱く。

「じゃあ、それはなんだ?」


 海図上には、もう一つ印があった。メイディア公国の東、「デリエンス王国」の西部からに線が引いてある。

「何年か前に、別の奴から得た情報を書いたんだが……、クソッ!ズレてやがる!」

 オーシャルは驚く。

「2人からしか情報得られてないのか!」

 デメルザはため息をついた。


「17年間聞いて回ったが、当時暗雲を見てて生きてる奴なんてほとんど居ねぇんだ。で、折角集まった情報も食い違いますよ、と。」

「悪いな──。」

「だぁーてろ!!」

 老人の謝罪を遮った。余程進展していなくて苛立っているのか。

「……すいません。」


 再びシーラが口を開く。

「でも大体の位置は分かってんだろ?船でなんとか探せないのか?」

「暗雲の拠点を探すんだぜ。海は凍ってるだろうし、そんな中で船を動かすのは辛い。第一、あんな所船で探せるなら苦労しないぜ。」

 オーシャルが口を挟む。

「拠点がどういう所かは、知ってんのか。」

 デメルザはしばらく黙り込んだ。


「……知ってる。だが、位置だけが分かんねぇ。どの地図を見ても載ってないんだよ。」


「なんて所なんだ?」

 シーラが問うと、デメルザは鼻で笑った。

「お前に話した所で、おとぎ話の世界だよ。無駄だな。」

「え?だって、現実の場所だろ?」

「だから!奴に何を話したって、それはおとぎ話でしかないんだよ!あたしが追ってるのは現実だ!口出すな!!」


 何故か怒り出すデメルザに、シーラは少し戸惑った。オーシャルはニヤニヤと笑いながらからかう。

「つまり、石頭に話す事はねぇよってさ。アホ。」

 デメルザも同調する。

「そういうこった。アホ。」

 シーラは顔をしかめた。



「……にしてもさ、寒くね?」

 オーシャルは腕を擦る。

「だから重ねて着とけっちゅうに……。」

 シーラはもはや微動だにしなかった。

「気をつけろよー。ひと月経てば、またこんなだからよ。」

 デメルザは意地悪く笑う。




 ──翌日。


 いつが夜かも分からずに寝ていると、いつの間にやら暗雲は消え去っていた。ナプティアは、再び暑さに包まれる。

「うぅえ……。気温差で死ぬ……。」

 オーシャルの顔は血の気が引いて、体調も優れぬようだった。どこかへ出掛けていたのか、ヨレヨレと老人の家へ戻る。

「お!船の用意できたか!?」

 椅子に腰掛けるデメルザは、いつにも増して機嫌がよかった。

「知り合いに頼んで、大陸までのを出してもらえるようにしたから。ただし、行き先は“カディナルタ”限定だとよ。都合が良いらしい。」

「まぁ、ヤーハッタから出られるならどこだっていいさ。」

「あと、費用は銀貨60枚だと──。」

「はあぁっ!?」

 デメルザは驚いて、勢いよく椅子から立ち上がる。その顔は、怒りとも恐れとも読み取れた。

「流石ヤーハッタだな。」

 シーラは冷静に呟く。


「チッ!……しゃーねぇか。お前らはどうすんの?」

「出来るだけすぐに、ロットバーンズにかえ──。」

「一緒にカディナルタへ行く。」

「えっ!!?」

 自分の言葉を遮って言い放たれた弟の言葉に、シーラは愕然とした。

「この期に及んで、まだ帰らない気か!!」

 オーシャルは苛立った表情でシーラを睨んだ。

「今僕が帰っても気まずいだろ。ちょっと期間を開けたいんだよ、分かんだろ?」

 しかし兄は騙されない。

「一生帰らないつもりなんだろうが!」

「分かってるじゃねぇか。……つー訳で、同行しまーす!」

 デメルザは眉をひそめていた。

「あんまり一緒に居たくないんだけど。」

「そういう事言わない!……だって、このままヤーハッタに居続けると、ちょっとヤバいんだもん。」

 シーラは絶望してテーブルに突っ伏した。デメルザも頭を抱える。


「カディナルタ……。良くない噂を聞くけどねぇ。」

 デメルザの目が据わる。




 オーシャルの知人は、ロットバーンズの船乗りとは違い、なんとも胡散臭い人物達だった。何故か全員、古傷やあざがいっぱいだ。

「なんか泣きそうだわ、俺。」

 シーラの声は若干、鼻にかかったように聞こえる。デメルザは彼の肩に手を置いた。

「気をしっかり持て。男だろ。」


 シーラ、オーシャルに続いてデメルザが船に乗ろうとすると、船員の1人に止められた。

「おい。大陸に行きたいって言い出したのお前だろ?料金は前払いだ。」

 デメルザは嫌な顔をするが、相手は屈強な男だ。デメルザも細い訳ではないが、シーラに腕相撲で惨敗した事もあり、ここは大人しく従った。

「えーっと、いくらだっけ?10枚?」

「60枚だ。」

 男達は鋭く彼女を睨む。デメルザは怯まないが、少し警戒している。

「60は取りすぎだな。20枚ならいいぜ。それがダメなら乗らねぇ。」

 デメルザは交渉にうってでる。


「ダメだ。60枚。」

「は?……えっと、30枚!」

「60枚。」

「……40枚。」

「60枚。」

「……50枚?」

「60枚。」

「だぁー、もう!!額、減らせよ!」

 デメルザは苛立って叫ぶ。だが、船員達は全く動じる様子がない。

「いやだから、60枚じゃないとダメだってば。」


 シーラとオーシャルは、静かにその様子を見ていた。

「何アレ。」

「すごいな、ヤーハッタは。ちゃっかりしてんねぇ……。」

 シーラは死にそうな表情だ。



 デメルザが折れて銅貨を60枚支払った事で、ようやく船が出航した。

「うぅぅぅ……。全財産の18分の1が……。」

 デメルザは泣いていた。オーシャルは戸惑いつつ慰める。

「それならいいじゃん、全然。僕は全財産無いぞ。」


 前と違って船員が充実しているだけあり、船の進みは快調だ。

「なんで2人だけで動かしたのに、あんなに進んだんだ?この前。」

「決まってんだろ、女神様が味方したんだよ。」

 デメルザは唐突な笑顔でVサインを作る。



 つい昨日の凍てつく寒さが嘘のようだ。海風が心地よい。風がないと焼け付くような暑さだ。

「カディナルタは治安いいよな?」

 シーラが不安そうに尋ねる。デメルザは割と涼しい顔をしていた。

「安心しろ。少なくとも絡んでくる奴はいない。」

「よかった……。」

 シーラは胸を撫で下ろす。デメルザは横目でじっと見た。

「さぁて、どうかね……。」



 夜になると、船員達はゲームを始めた。本当に違和感なくデメルザも混ざっている。

「えっ!?またゾロかよ、ありえねぇだろ!」

 ダイスの勝負だったが、デメルザは賭け事はとことん弱いようだ。どういう訳か、相手はゾロ目を連発する。


 シーラとオーシャルは互いに背を向けて座っていた。シーラが一心に話しかけている。

「オーシャル、寒くないか?」

「うっせぇ!!」

 やはり仲は良くない。



 一行はカディナルタへと近づいて行く──。


「あ、オーシャル!流れ星だぞ!」

「うっせ──え、嘘。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます