第5頁 It may be destined turn if I meet you somewhere again.

 デメルザ達は、シーラの弟・オーシャルに連れられ、17年前「暗雲」の被害にあったという人物を訪ねた。出発の準備が整った頃には、やや日が傾いていた。案内された場所は、島の中にある、極々普通の家だ。

 オーシャルがノックして入ろうとすると、脇からデメルザが割り込む。彼女はそこまま押し入った。

「え!?ちょっと、何よあなた!」

 中にいた女性は慌ててデメルザを押さえる。しかし、いつになく真剣な眼差しの彼女を止めることは出来なかった。デメルザは部屋の奥にいる老人の前に立つ。


「これはまた、随分と元気な若者だ。」

 その老人は介護を要する程年老いてはいないはずだ。だが、彼はベッドに入っている。そばにある小さなテーブルに食べかけの食事がある事から、ここずっとベッドから出ていないのだろう。


「どこへ行った?言え。」

 デメルザはいつもより低いトーンで問いかける。顔つきも険しい。

「ん?わしの酒瓶か?」

「違う。“暗雲”だ。17年前に見たと聞いたぞ。」

 老人はやんわりと微笑んだ。

「お若いの。そんな事は知らんでいい。ただじっとが過ぎ去るのを待てばいいのだ。」

「いいから言え……!」

 デメルザは凄みをきかせて睨みつけた。その目には、どこか卑屈な色が滲み出ている。


 老人はしばらく呆然としていたが、やがて深刻な顔で、体にかけていた布団を剥ぎ取った。そこにあったものは、想像を絶するものだった──!


 ベッドに横たわる老人の右足。しかしその隣に片割れはなく、空になったズボンの裾が寝ていたのだ。


 老人は脚がない方のズボンを捲りあげる。付け根近くに、切断された脚があった。いや、切断されたのではない。断面は食いちぎられたようにまばらで、虫に食われた布のような、ボロボロの状態になっていた。

「17年前、わしは牛を飼っていてな。外に出て、その日の仕事をしていた。いつも通りの日だと思ったよ、その時はな。まさかあんな物が現れるとは、誰も思っとらんかったんだ。」

 一同は老人の話に聞き入った。デメルザの顔は、どんどん深刻さを増す。

「陽が昇りきる前だった。突然辺りが陰り、わしらは慌てて空を見上げた。そこにあったのは、今でも恐ろしい!」

 老人は頭を押さえると、1度気を取り直した。


「──雲だ。真っ黒い巨大な雲が、空1面を覆っていた。この世の終わりのような、なんとも禍々しかった……。だがその直後、ある事に気がついて、わしはもっと恐ろしくなった。」

 老人は布団をギュッと握りしめる。

「牛が、わしの連れていた牛達が、次々と消えていたんだ。跡形もなく!そして空の雲が、わし目掛けて突っ込んできた。わしは身の危険を感じて、咄嗟に家に駆け込んだ。だが遅かったのか、雲はわしの左脚を飲み込んでいった。苦痛などという感覚はない。しかし、わしの脚はなくなっていたんだ。」


 老人は一言ひとことを噛み締めながら話していた。老人以外の誰も、口を開く事は無い。みんな黙って聞いていた。

「その後知ったことだが、あの日外に出ていた者はみんな死んでいったらしい。……身が震えた。仕事が出来んので、ヤーハッタに住み着いたが、あと一歩遅かったら──。」

「思い出話を語れとは言ってないぞ。それがどこへ行ったのかをさっさと話せよ。」

 遂にデメルザが口を開く。口調に反して、表情は苛立っているようには見えなかった。


「東北東だ。定かではないが、その辺りに行った。」

 老人がそう言うと、デメルザはやっと表情を崩した。

「それを早く言えよ!老いぼれの癖して焦らすなぁ。」

 デメルザはいつもの意地悪い笑いを浮かべると、軽快に振り返った。


「よーし!!用は済んだし、戻るか。また大陸に行かなきゃだな。」

「えっ、まだ付き合えってのか!?」

 シーラが驚く。デメルザは口元に手を当てて、天井を見始めた。

「いぃや?ここまで来ればもういいよ。弟連れて帰れ。」

「あ、そう……。」

 シーラはホッとする。するとデメルザは指を差して言った。

「たーだし!オーシャルくんに頼まれてほしい事がある!!……あたし用の船、どうにか用意して。沈んじゃったから。」

 オーシャルは露骨に嫌がった。

「はぁ?やだよ、そんなん。」

「まだ30枚返してもらってないよな?船の手配してくりゃ、それでチャラにしてやっから!ほれ!!」

 脅迫じみた口調で、デメルザは詰め寄る。オーシャルはしかたなく承った。


「でも、明日は暗雲の日だぞ。船出して大丈夫か?」

 シーラの問いに、デメルザは凍りつく。忘れていたようだ。

「なら、うちに泊まっていけ。もう夜になるし、どっちにしろ外には出れんだろ。」

 老人が優しく言った。

「カリン。3人の寝床を用意してやれ。」

「はーい、パパ。」

 老人のそばに立っていた、先程の女性が元気よく返事をする。



 泊まった家の人は、食事や清潔な寝床で暖かくもてなしてくれた。兄弟2人は、他人の家で過ごすのは苦手のようだったが、それなりに楽しんではいたようだ。


 夜も更け、民家は静寂に包まれる。デメルザはこっそり家を抜け出し、町へと出ていた。いつもはやかましい程賑わうのに、今日に限って活気がない。デメルザは酒場へと入っていった。今日飲めなかった分を補おうとしたのだ。


 酒場の中も、やはり数人しかいなかった。それだけ、酔っ払いの話し声が鮮明に聞こえる。暗雲の日のことをすっかり忘れているようだ。


 するとデメルザは、店の奥、カウンター席に横を向いて座る男を見つけた。妙な出で立ちだ。傷んだブルネットの髪は毛先の方で括り、頭には破いた白い布を巻いている。コートの下にきた服は、庶民にしては高級そうだ。──だが何より妙なのは、頭の布や服のあらゆる所に「血がついている」事だった。しかもまだ赤く、つい最近ついたように見える。男本人も、よく見ると顔や指──素肌の見える部分には、いくつものザックリとした深い切り傷がついている。これも新しそうだが、血は出ていない。


 男は酒瓶から、左手に持った杯に酒を注いだ。利き手は左なのだろう。男は近づいてきたデメルザに気がつくと、瓶と杯を持ったまま、動きを止めた。

「君、酒は好き?」

 男は突然問いかけた。酔ってもおらず落ち着いているが、やけに楽しそうだ。

「そこそこ。」

 デメルザは短く答え、男の2つ隣に座った。

「いいよねぇ。発明した人は天才だと思うんだ。」

 男は依然として静止したまま、淡々と話し続けた。淡い若葉色の瞳。優しい色合いなのに毒々しく思えるその目は、夢を見ているかのようにうっとりとしていた。……、だ。


「辛い事があった時はね、ものすごく強いを一口だけ飲むといいよ。ちゃんと水も飲んでね。」

 デメルザが黙っているのをいい事に、男はウキウキと話す。デメルザは少し苛立って口を開いた。

「今日は人少ないな。」

 男はキョトンとした。

「そうなの?俺が来る時ってどこでもこんなだから、これが普通だと思ってたよ。」

 男はクスクスと笑う。

「ま、暗雲の日が近いからなんだろうけどね。」

「お前はいいのか?帰るタイミング逃すと、明日一日中ここにいることになるぜ。」

 男は椅子の背もたれから背中を離した。

「君もだろ?」


 するとデメルザは立ち上がり、男の持っていた杯を奪って一気に飲んだ。

「確かに。じゃ、行くかな。」

 そう言うとデメルザは杯をカウンターに置く。彼女の行動に動揺するも、男は穏やかに微笑んだ。

「じゃあね。ないとは思うけど──。」

 男は一旦言葉を切ってから、カウンターに置かれた杯を持ち上げる。


「君とまたどこかで会ったら、それは運命の巡り合わせかな?そんな予感がするよ。」


 男の言葉を深く考えることなく、デメルザは去っていった。

「ごちそうさん。」



 デメルザが出ていくと、男は手を持った杯をまじまじと見つめた。先程の夢を見ているような目つきではなく、現実を直視したようなハッキリとした目だった。しばらくして男はその杯を、


 ──カラン。


 後ろに放り投げると、酒瓶から直接酒を飲む。そして酒が無くなると、仰け反るようにして座り、瓶を持ったまま両手を下にだらんと垂らした。


 静かで不気味な笑い声が聞こえる。

「フ……フフフフフッ……!」


 彼のすくそばの床には、赤い液体が垂れていた。




 民家に戻ったデメルザは、音を立てぬように部屋に入った。何も聞こえない。起こしはしなかったようだ。


 しばらく座り込んでいると、突然空気が冷え込んだ。肌が寒さでピリピリとする。部屋に飾ってあった花の水も凍ってしまった。

「暗雲の日……来たか。」

 デメルザはそう呟くと、締め切った窓を見つめて不敵な笑みを浮かべた。


誕生日おめでとうHappy Birthday。……フェイルギース。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます