好きって言いたい!

作者 安佐ゆう

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第52話 異世界ファンタジーは好きです…へのコメント

    こんばんは、お久しぶりです。拙作パパドラ先生を再び紹介して頂けてとっても嬉しいです。ありがとうございます~

    作者からの返信

    お久しぶりです。第2章も楽しく読ませていただきました。というか、もう一回第1章からよみました。
    続きも楽しみにしています。またある程度たまったらまとめて読みますので!

    2019年9月14日 06:23

  • 第51話 雨の日は本を読めばいいじゃないへのコメント

    雨はですねー、途中までは濡れると、ああぅ濡れるのや…、みたいな感じになるんですけど、一定ライン超えますと私もう濡れるの気にせず遊び始めるようなところありますねー(小さい頃は傘ほっぽり出して全身びしょ濡れになるまで友達と遊んで怒られました)

    >「オレに告白すると彼氏ができるらしい(オレ以外の)」

    さりげなく気になってます……高羽さまですから安定のクオリティだと思われますんでね(確信)
    でも彼氏が出来るなら、女子から告白されてその女子に彼氏が出来るのかなーと思うのに、なぜBLなのだろう……?(小首を傾げる)とふと思った久遠なのです…(読めば謎が解けるのだろう、きっと)

    作者からの返信

    私は濡れるの嫌なんですけど、傘をさすのが嫌いで、小雨だとそのまま歩くのはよくあります。子どもが小さい頃、水のある場所に連れて行くと必ず最後はびしょぬれになって着替えが必要だったなあ。いつからそんな遊びをしなくなったんだか。成長も時には寂しいものです。

    高羽さんの恋愛は、そんなに長くありませんので是非お読みください!
    BL疑惑は……読めばわかる!久遠さん、BL大丈夫でしたっけ?
    恋愛ものとしては可愛いお話だけど、高羽さんが書いたってところで驚愕してましたwww

    2019年9月7日 20:08

  • 第50話 小さいおっさん祭りへのコメント

    >ラノベは27歳からおっさんだとか聞いたので!

    そそそそそそうなのですかああああああああああっ!!(狼狽)

    作者からの返信

    どっかで聞いたんですよ。恐ろしい話です!

    一般的にはラノベは30くらいから、おっさん認定のようですよ。
    つらいwww

    2019年9月7日 20:03

  • 第1話 夜中に書き始めたから……へのコメント

    これはな○うの名物エッセイストひ○ろさんの作品に並ぶモノになる可能性が……?

    作者からの返信

    ありがとうございます!!
    これは本当に私の好きなのを羅列しているだけなのです。
    わりと広範囲のものを読んでいますので、いくつかはきっと気に入っていただけるはず。(でも駄目そうならそっと閉じてください)

    2019年8月23日 08:35

  • 第50話 小さいおっさん祭りへのコメント

    あっ、お名前が!!ヽ(*´∀`)ノ変わってるー♪

    作者からの返信

    ほーい!変えたんですよー!

    コメありがとー(≧▽≦)

    2019年8月8日 21:59

  • 第50話 小さいおっさん祭りへのコメント

    ちゃんと検索に引っ掛かったよ! 笑

    作者からの返信

    やったー!
    検証ありがとうwww

    2019年8月8日 21:36

  • 第50話 小さいおっさん祭りへのコメント

    改名なされたのですねっ✨。素敵です。

    作者からの返信

    ありがとうございます(≧▽≦)

    思いきって改名してしまいました。

    2019年8月8日 19:05

  • 第50話 小さいおっさん祭りへのコメント

    名前が!!

    素敵です✨

    作者からの返信

    ありがとうございます(笑)

    改名、ドキドキしますね!

    2019年8月8日 18:03

  • 第50話 小さいおっさん祭りへのコメント

    名前が!!

    作者からの返信

    きゃー(≧▽≦)

    youです。よろしくお願いします!

    2019年8月8日 17:04

  • 第49話 ジャンルを楽しむへのコメント

    まさかここに書いてくださっていたとは……!!!

    実は確かに最初はそんな感じで書いてたはずなんですけど、だんだんあの2人(人?)がいい感じになってしまい……という(笑)
    実はこれカクヨムコン用にまとめたやつあります↓
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054887948221
    ほんともうまとめただけなんですけど(笑)

    ヒマワリマートは現代ファンタジーかな、と私は思って読んでます。殺虫剤出てきますし(笑)
    私、youさんの動じないマダムのお話が好きみたいです。京子さん然り、美香さん然り。

    作者からの返信

    えへ。書いちゃいました。
    デラックス版があったんですね……見落としてた。追記しときましたから!
    後で読みます。
    面白かったです。
    私のも読んでくださって、ありがとうございます^^
    現ファンかなー。うんうん。

    2019年7月7日 17:23

  • 第49話 ジャンルを楽しむへのコメント

    あああっ、宇部様の――っ!!(≧▽≦)
    これ、気になっているんですけれど、未読なのです……(><)

    宇部様の作品は「オリヴィエ旅行記」や「片岡君はしゃべらない」を拝読していて、もう絶対に間違いなく面白いだろうというのはわかっているのですが……(*ノωノ)

    ヨムヨム時間がもっとほしいです……っ!(>﹏<)

    自作のジャンル登録も、いつも悩みます(;´∀`)
    恋愛要素があったら、とりあえずそこにしちゃいます(*ノωノ)

    作者からの返信

    自分が長編を書いていると、なかなか読めまないと思います。私もたくさん積んでる……
    恋愛要素と異世界要素、どっちを選ぶかは迷うところですよね。
    私のは恋愛要素はゼロなのですが、異世界と現代ファンタジーでよく迷います。
    (異世界ジャンルにした方が多少は多く読まれる気も……)

    この作品は異世界要素が濃いけれど、異世界苦手な方にも大丈夫じゃないかなって思いました。すごくかわいい恋愛ものだったので!

    2019年7月7日 13:51

  • 第49話 ジャンルを楽しむへのコメント

    女子向け、ぐあぐあ。

    作者からの返信

    うみさんのは、ジャンルで迷うことは少ない。
    女子向けか男子向けかってのでは、かなり迷うよ!

    2019年7月7日 12:53

  • 第45話 きっかけが必要なのですへのコメント

    大好きな作品が紹介されていて、嬉しくなりました!(≧▽≦)
    武州様の作品は、私の好みにばっちり合うのか、外れがない印象です(*´▽`*)

    ホラーも書かれていますが、ホラーが苦手な私でも、武州様のは読めます!(; ・`д・´)

    作者からの返信

    ほんと、読みやすくて素敵な作品ですよね。キャラも好き。
    まだに作品しか読んでないけれど、時間を見つけて他のも読もうと思っています。

    綾束さまには、素敵なレビューもいただき、ありがとうございます。
    コメント、嬉しいです(≧▽≦)

    2019年6月22日 17:20

  • 第44話 フクコン……省略しすぎだよへのコメント

    私自身は参加作を追わせていただくだけでしたが、こんな短期間に短編を書かれる方はほんとにすごい!Σ( ゚Д゚)
    と、感心してばかりのイベントでした……(*´▽`*)

    作者からの返信

    すごい勢いでしたよね、皆様w
    私はこの時は勢いに押されてあまり読めなかったんですが、いろんな方のレビューを追っかけてみるのも面白かったです。
    こういう短編のイベントはまたやってほしいですね。

    2019年6月22日 17:17

  • 第23話 桜と言えばへのコメント

    すごく色々なラインナップですね!(≧▽≦)

    桜って、本当に日本人の心に根付いて、訴えかけてくる植物なんだなぁって思います(*´▽`*)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    なんでも読むので、雑多なリストに。
    恋愛ジャンルが少し弱いんですけど(;^_^A

    桜は花の時期は短いのですが、心に残りますね。桜を描いた作品も好きです。絵も、文も。

    2019年6月22日 17:16

  • 第48話 ミステリーだからなーへのコメント

    ぐあ。

    作者からの返信

    びば!

    2019年6月15日 13:20

  • 第48話 ミステリーだからなーへのコメント

    金田一少年の事件簿……っ!
    本編で高遠さんは捕まったのでしょうか……?(聞かれても)

    ミステリーはね、いわゆるラノベ的(と言うと偏見と誤解を招きそうですけど)な軽快さや派手さはないけど、こうハラハラ感もあって好きですね!

    作者からの返信

    高遠さん誰だっけと検索かけた(記憶力がやばいw)
    ああ、ああ、いたわ!ぐふふ。最近のは見てないので懐かしいな。

    うんうん、異世界もののラノベとは少し読むときの感覚は違いますね。軽めのミステリーもいいけど、ドロドロぐねぐねしてるのもまた良いかと。
    雪山山荘とか孤島の別荘とか、そんな舞台も大好きです。
    登場人物がちょっと多いので、出来れば簡単な人物紹介のページが欲しい(記憶力が激しくやばい)!
    語り手と探偵が別なのも、古典ミステリーっぽくて素敵です。

    2019年6月13日 19:09

  • 第48話 ミステリーだからなーへのコメント

    確かに、ミステリーを読み出すと止まりませんね。だから手を出さずにいたのですが、気になっていたタイトルが紹介されている……フォローを……ぽちっと……

    作者からの返信

    ああ、ぴおにさんも気になるタイトルでしたか。
    私はどこで見つけて読んだんだっけ?きっかけは忘れましたテヘッ゚。(〃∇〃)ゞ
    ほんの数日前のことなのに。
    お話は面白かったです。アントリオンのほうが時間軸が早く、オカルト録の主要キャラが出会う場面があります。でもオカルト録だけでも読めるとは思います。

    2019年6月13日 16:55

  • 第47話 自主企画って、どう?へのコメント

    この自主企画に本作で参加してみたらどうでしょう?(笑)
    『好きな作品をキモいくらい熱く語ろう』
    https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054889749558

    作者からの返信

    お!他薦企画ですか。

    キモいくらいwww
    いやーん。でも私のは、おとなしいですよ?
    多くの企画はレギュレーション違反に対してかなり気を遣っているし、参加は少し躊躇しますね。私、いい加減だからうっかり違反しそう。
    こう見えても豆腐メンタルなので、怒られたら凹むんですよ……

    あ、読む方で参加なら、時々こっそりとw

    2019年5月29日 07:58 編集済

  • 第41話 自分の書いたのを読んでほしい…へのコメント

    マダム京子シリーズ!大好きです~(*゚∀゚人゚∀゚*)♪

    作者からの返信

    ありがとおおおおおお!
    マダム京子、次の冒険を書かねば。
    いや、マダムは冒険なんてしてないですからね。散歩です、散歩。

    2019年5月29日 07:28

  • 第47話 自主企画って、どう?へのコメント

    「車大好き」♪
    読んできましたよ~! ほんと皆さん車好きで読んでて楽しかったです\(>o<)/

    PS.
    本当は私も愛車の話をしたくなりましたが、恐らく業界の一部に身バレするので思いとどまりました。
    主人にも「確実に、メーカーの人間には特定されるな」と請け合われましたし>_<

    作者からの返信

    おおー!見に行ってくれたとは!
    好きなことを語ってる人っていいですよね。うんうん。

    2019年5月29日 07:26

  • 第47話 自主企画って、どう?へのコメント

    自主企画って本当に面白いんですよねー。
    私も面白そうなものを見かけると、ぽちぽち呟いていたりします。

    >多くの企画主さんが、要綱をしっかり読んでほしいと願っているようです。

    あ、はい…それは良く聞きますね。
    私は約1/2の確率で企画主様に確認を取りに行っていますね…。

    追伸

    ん…と、す、少しだから大丈夫だと思います!!
    コメントをわざわざ下さった上に率直に言ってくださるような方(?)のようですから、趣旨から著しく離れているようでしたら多分なんかおっしゃってくると思う…んですけ、ど…。

    作者からの返信

    面白そうだけど、少し怖くもありますね。
    私、センスがイマイチほかの人と違うらしく、何度か「これは大丈夫だよね?」って友達に聞いたら「あー……ちょっと、違うかな」って。

    あ!今気が付いたんだけど、以前参加した自主企画にコメントがついて「でも少し趣旨と違いますね」って言われたのは、あれ、取り下げたほうが良かったのかな?その時は普通にコメントありがとうございましたって返しちゃったよ……

    2019年5月24日 20:49

  • 第47話 自主企画って、どう?へのコメント

    グバアさんがでてくる物語で企画だな。うん

    作者からの返信

    そうね。



    参加作品、ひとつやん!

    2019年5月24日 08:01

  • 第47話 自主企画って、どう?へのコメント

     じつは、『当て書きをしてみたい。』が気になって(笑)。

     うちに一作あるんですけど、この企画主さんは読まないみたいだし、読み合いでもないみたいだし、だれも参加して無いし。
     ……見送りました。
     

    作者からの返信

    なるほど。私の私見では当て書きに限らず、自主企画でPVアップはさほど期待できないかと。
    自主企画って、私はコミュニケーションツールだと思っているのですが、コミュニケーションを蛇蝎のごとく嫌う人もいらっしゃるようですし、「そうではないんですよ」と言う意思表示のために読みません宣言をされるのかなあとも思います。
    ワイワイと賑やかで楽しそうな自主企画に集まっている作品は、やはり読んでも楽しいことが多いなって感じだし、自分が参加した自主企画には愛着が出て読みたくなるのは自然なことと思いますけどね。

    当て書きってなんだろうと思って調べたので、私も少し気になる自主企画ではありました。

    2019年5月23日 19:22

  • 第47話 自主企画って、どう?へのコメント

    ナゾのひとつが気になるのですが……

    作者からの返信

    謎は謎のままにしておくのが、いいのですよ♪(´ε` )

    2019年5月23日 19:13

  • 第46話 季節を花で表現できるようなへのコメント

    きゃーっ(//∇//)
    youさんにご紹介いただけるなんて!
    舞い上がっちゃうw

    ありがとうございます!

    作者からの返信

    い、いやあ……´д` ;
    私のはそんな大層な事ではないですよ。勝手に載せちゃってすみません(笑)
    ぴおにさんのエッセイは、ああ、この花の季節だ!って外に目を向けるきっかけです。

    2019年5月3日 09:38

  • 第46話 季節を花で表現できるようなへのコメント

    ごめんなさい。
    「犬とのたそがれ」はしばらく読めそうにありません。
    長年一緒に過ごした愛犬を失って3年。ようやくやってきた仔犬が現在足元で暴れまわっております。
    最初の子を飼い始めた時から覚悟はありますが、今はまだ駄目です。

    「鳥、撮り、トリッツ」
    「私の花園」
    こちらはわんこが落ち着き次第読みたいです。
    写真と園芸は我が家共通の趣味なので。

    それにしても、犬に駄目な植物の多いこと多いこと!
    先日アロエをかじった仔犬を抱えて動物病院へ行きましたらば、諭吉さんが飛んでいきました>_<

    作者からの返信

    ああ、わんこさんの冥福をお祈りします。家族ですものね。私も覚悟はしているつもりですが、いざとなったらどうなることか……
    でも仔犬が来てくれたということは、また日々が賑やかになりますね。そして、本能で危ないものは食べないとか……ないんだ?いやあ、それは怖い!
    お大事に。そして今は楽しく過ごしたいですね( ^ω^ )

    鳥のも花のも、さらりと読めますので、スキマ時間を持て余した時は是非!

    2019年5月3日 09:35

  • 第45話 きっかけが必要なのですへのコメント

    女装王子のジュリア、なら読んでもいいかも。
    最近、意味もなく女名のヒーローが多くて、ちょっとうんざりしてましたので。
    そのせいかどうか、うちのグレイス(ワンコ・4か月・♀)はたびたび♂と間違えられます>_<

    作者からの返信

    女の子として育てたのでジュリアみたいですよ。それ以上はネタバレ厳禁(笑)
    そうか……男の子にグレイスってつけてもいい時代なんだ!慣れるまではびっくりしちゃいますね。

    2019年5月3日 09:25

  • 第46話 季節を花で表現できるようなへのコメント

    なんか、いろいろなところで、つながっているのですね。
    私もフォロワーの方のレビューから、たどり着くことがあります。

    作者からの返信

    そうですね。あまり考えずにポンポンと渡り歩いていると凄く面白い作品に当たったり。
    知らない人のリンク先がたまたま大好きな作品に繋がっていたり。
    webならではの楽しみ方です。

    2019年5月3日 07:30

  • 第45話 きっかけが必要なのですへのコメント

    武州さんは、確かにホラーも多いですね。
    でも、伝奇や現代ファンタジーが守備範囲なら、ホラー嫌いの方でも読めそうに思います。

    うちのなんちゃってファンタジーアクションにも触れていただき、ありがとうございます。
    そうですか、アクションは少ないですか。
    ……では、youさんが書いてしまえばいいのだ!

    作者からの返信

    なんという無茶振り。
    私は読むのが好きなんであって、書くのは書けそうなのにしか手を出しません!
    ちなみに、アクション物が少ないって訳じゃないですよ。探してないけど。
    高羽テイストの物語が読みたいのです。

    武州さんは、うむ……伝奇ですか……
    元気があるときに覗いてみることにします。

    2019年4月25日 14:10

  • 第45話 きっかけが必要なのですへのコメント

     武州青嵐さんからレビューのお礼と一緒に、フォロー来たとか☆もらったとか報告いただいたのですが、youさんでしたか!

     なにはともあれ、お役に立てて幸い。読んで面白くて、さらに幸い。おいしさ2倍でしたね。

    作者からの返信

    ああ、雲江さんのレビューにはいつもお世話になっております。
    ありがとうございます。
    あれは、雲江さんのレビュー読んでなかったら絶対に読まなかったと思う。自分が読むときにサブタイトル、かなり重要視してるんだなって分かりました。
    一話だけでも読んでみようと思ったのは、信頼できるレビューのおかげです。

    2019年4月24日 22:28

  • 第45話 きっかけが必要なのですへのコメント

    ブシューさんの話は面白いですよね。

    作者からの返信

    いや、多分今まであまり読んだことはない方なんですよ。
    多分自己紹介にホラーって書いてあるからなんですけど。
    私、ホラーが苦手なんですよね……

    これは面白かったです。

    2019年4月24日 16:51

  • 第45話 きっかけが必要なのですへのコメント

    女装の王子様と男勝りな女の子の恋を……書くといいのだな。

    うふふ。

    作者からの返信

    嫌いじゃない要素ですよw

    2019年4月24日 16:50

  • 第44話 フクコン……省略しすぎだよへのコメント

    お久しぶりです♪
    ちらっと見に行ってきましたが、どれも面白そうなお話でそそられます。
    が、それよりもコンテスト後の解説の方がより興味深く読めました。この解説を念頭において、紹介された作品を読むとなお面白そうですね。
    それにしても、500話とはすごい~!


    作者からの返信

    お久しぶりです!
    500作品も読むってのは、すごいですね。しかもこの短期間に。
    たくさん読んでその中から選んだってのがわかるので、良いリストでした。
    okyoさんの好みの話が見つかるといいですね。
    私もいくつか、良いなって思うものを見つけました。

    2019年4月8日 00:47

  • 第44話 フクコン……省略しすぎだよへのコメント

    私は殆ど読んでいなかったものの……
    知ってる作品が二つもあってニヤニヤ(笑)

    作者からの返信

    知ってる作品www
    叶さんのが二つと結城さんのが一つ。それとあと三つか四つは読んでた。
    こういうところで知った作品が出てくるのはうれしいよね

    2019年4月8日 00:45

  • 第44話 フクコン……省略しすぎだよへのコメント

    ご紹介ありがとうございます。
    結構頑張って読んだつもりですが、それでも全体の1割にも満たない。
    埋もれた作品がまだまだありそうです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    普段は自分でも読み漁るんですけれど、今回は本当に探す時間がなくて読めていなくて。たまたま@hiro1969さんの作品に出合えてラッキーでした。
    さすがに参加作品全部を読むのは無理でしょう(笑)
    でも、埋もれた作品の中から素敵なものを拾い上げたときは、嬉しいですね。

    @hiro1969さんのそのほかの作品も、ゆっくり読んでいきたいと思っています。時々コメント残したりするかもしれませんが、お気になさらずに。

    2019年4月7日 10:52

  • 第8話 どうしよう!?へのコメント

    古代ローマ物が!!Σ( ゚Д゚)
    自分自身、古代ローマ物を書いているので、すごく気になります!
    さっそく拝見してきます!(*´▽`*)

    作者からの返信

    ヾ(*´∀`*)ノ
    ありがとうございます。ちょうどこの話、

    「打倒ローマのやり直し ~ハンニバルは過去に戻り再び立ち上がる~」

    なんと書籍化が決まったのです。ぐふっ、ぐふふ。

    あ……失礼しました。つい興奮してしまい……w

    2019年2月23日 15:46

  • 第4話 でも今夜の月は美しいからへのコメント

    こんにちは~(*´▽`*)
    カクヨムのエッセイって、面白いものが多いですよね!
    小説も気になるけれども、ついついエッセイも読んじゃいます。
    そして、同じ作者様のエッセイから小説、小説からエッセイっていう流れになったり……(*ノωノ)

    作者からの返信

    綾束さん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。
    そうですね。エッセイ、面白いのが多くて、ついつい読んでしまいます。
    エッセイを読んでいいなーって思った方の小説は、好きになることが多い気がします。私は作者読みするので、好きになったらとことん追っかけます。でも聞くところによると、作者読み派の方は少ないらしいですね。読み方も色々だなあ……

    2019年2月23日 15:44

  • 作者からの返信

    ^^) _旦~~

    2019年1月29日 22:40

  • 第43話 「注目の作品」から読みに行く…へのコメント

    今ちょっと図書館で借りた本を攻略中なんで、落ち着いたら読みに行きます。
    この中で気になるのは「魔弾~」かなぁ。理由は……、youさんと一緒(爆)
    だって、「殺虫剤」が気になったんですもの(笑)

    ここ数ヶ月まともに本を借りに行けなかったので、久しぶりに読むライトノベル以外の本がきっついです>_<
    特に子母澤寛の「勝海舟」は何度も読んでいるにも拘らず文体やら文字使いやらに引っかかる引っかかる。
    あー、先が長そう。。。。。
    平岩弓枝辺りからリハビリすればよかったと後悔中。

    作者からの返信

    魔弾の作者さんの作品はどれも好き!
    あまりラノベっぽくはないかな。ラノベに近いものなら魔弾か「十八番煎じの勇者放浪譚」ってのがあるけど、もしアクション系のミステリーとかホラーとかサスペンスとか、そっち系が大丈夫なら「血海に潜る」
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884190535
    が、私は好きなんです。(ただしすごく読む人を選ぶ作品)
    あ、でもこれは私の「好き」を語ってるだけなので、無理しないでくださいね。
    子母澤寛の「勝海舟」は今の私には無理かもしれない……
    もうすっかり、拡大できるタブレット読書に慣れ過ぎてしまいました(笑)せっかくの図書館の本だから、期限までじっくり読んでください。ではまた!

    2019年1月29日 00:16

  • 第43話 「注目の作品」から読みに行く…へのコメント

    ゆうさんの紹介を私が手放しで褒めることは少ないけど。
    (趣味が真逆だからね(笑))
    『ささやき』はよかった!
    好き。
    時々ぴったり嵌まるのよねえ。

    作者からの返信

    おー、「ささやき」は、私の範疇から外れてるからなあ(笑)
    翠さんとは趣味が真逆なのに、話してて楽しくて、
    視野が広がる気がします。
    翠さんと話していてこその、この詩集との出会いと言えよう。

    2019年1月27日 22:06

  • 第43話 「注目の作品」から読みに行く…へのコメント

    (‐人‐) 拝んどこう。
    紹介、ありがとうございます。二度目じゃないですか。

    女子高生、覗いてみました。
    続きが気になりますね、これ。

    「ささやき」は私もチラチラ拝見しています。

    作者からの返信

    殺虫剤の紹介は二度目だったかな?
    これはピックアップで見つけたって印象が強い作品なんですよ。
    あと、ゴリラ。
    このふたつがタイトルに惹かれた新旧2トップですね。

    ええ。私の趣味に関しては、どんな評価も甘んじて受けましょうとも。

    2019年1月27日 21:54

  • 第42話 コンテストから気になるものを…へのコメント

     ご紹介ありがとうございます。
     他の方も書いておられましたが、「刀剣オカルトMØDE」、あらすじ書きにくいですよね。自分でもそう思います。
     じつは公開直前まで、ホラーにするか迷っていたんですよ。ただ募集要項読んだら、「人を怖がらせる話」とあったので、まあ怖がらせる気はないな、と現代ファンタジーにしました。
     読者選考に関してはちょっと怪しいですが、それも含めてカクヨムWEBコンテストでしょうね。

    作者からの返信

    そうですか。内容はホラーで問題なさそうだって思ったけど。
    このエッセイは私の気のむくままに書いているので、変な紹介文になってごめんなさい(;^_^A
    レビューも難しいんですよ。思いついたら書きたいけど、なかなか……

    2019年1月18日 09:57

  • 第42話 コンテストから気になるものを…へのコメント

    ひまわりちゃんの読みたいの~~(TT)

    作者からの返信

    おおw
    ひまわりさんの、良いですよ。
    時間がないかなー……お疲れ様です!

    2019年1月17日 23:26

  • 第42話 コンテストから気になるものを…へのコメント

    混ぜてくれてありがとうございますっ\(*´▽`*)/✨

    作者からの返信

    ひまわりさんの陰陽師を紹介したくてこれを書いたようなもんですから!

    2019年1月17日 19:06

  • 第42話 コンテストから気になるものを…へのコメント

    取り敢えず、下から上に読んでみようかなっと。

    立ち読みは、B○○k〇ffで5~6時間は可能です。いつぞや8時間いたような気がするのは、きっと気のせい……。

    作者からの返信

    おおー、B○○k〇ffで5~6時間は厳しいなwww小説だと集中力あるのは2~3時間くらい。
    高校生の頃は学校帰りに毎日3時間、漫画を読んでたんです。部活みたいなもんですね。当時は漫画の立ち読みができたので。
    異色の取り合わせかと思いますが、好みに合うものがひとつでもあればいいな。

    2019年1月17日 19:05

  • 第42話 コンテストから気になるものを…へのコメント

    ぐあ。まぜるな危険。

    作者からの返信

    混ぜてみたwww

    2019年1月17日 11:14

  • 第41話 自分の書いたのを読んでほしい…へのコメント

    youさんの作品、好きですよ~!
    ちょっと、感想に力が入ってしまうのがあれと言えばあれですが……(笑)

    作者からの返信

    いつも読んでくれてありがとうございます。
    okyoさん、立ち読みでアシモフはキッツいでしょうwww
    感想も、楽しませてもらってます。感謝!

    2019年1月16日 12:47

  • 第40話 SFといえば何?へのコメント

    SFと言えば……
    色々迷いますが、ロバート・A・ハインラインの「夏への扉」でしょうか。
    何度でも読める名作だと思います。
    私がSFを読むきっかけになったのはハリー・ハリスンの「宇宙船ドクター」で、その後なぜかいきなりE.E.スミスやE.R.バロウズに転向し、気づいたらローダンシリーズにのめりこんでいた、という中高時代です^^;
    この間に高校受験があったもので、親にお小遣いを止められ本棚ごとすべての本を没収され、しかたなく、アシモフもハミルトンもアーサー.C.クラークも本屋の立ち読みで済ませた記憶が……(爆)
    古典ミステリもいいですよね!
    クリスティは親が読むというので実家に置いてきたのですが、どこの図書館でもほぼ全巻揃えてくれているので、気軽に借りられて助かっています。
    そう言えば、私の高1の夏休み読書感想文はエラリー・クイーン「レーン最後の事件」で、現国のおじいちゃん先生に物凄い変な顔されましたっけ。

    活字中毒患者にこの辺の話を始めさせると、本当にきりがなくなります……。

    作者からの返信

    おお!SFもミステリーも、読んでますね(笑)
    内容を語れる程覚えてないので申し訳ないけど、夏への扉とか、E.R.バロウズは火星シリーズかな?その辺は読んでるはず。
    ローダンは、あれ読み始めたらきりがないですけどね。しばらくハマってたなあ。ローダンとグインサーガを買いに本屋に通う日々!
    ミステリーはいろいろ読み漁ってはみたものの、繰り返し読んだのはやっぱりクリスティかな。
    しかし、アシモフやA.C.クラークを立ち読みとは……強者。
    この時期の海外の翻訳物は、独特の雰囲気があって良いですね。新しいものは多分、翻訳らしい違和感とかは少なくなってるんだろうなって思うんですけど、古いのも嫌いじゃないです。
    ただ、日本人作家のと交互に読むと感覚がおかしくなるので、時期的には、日本人作家にハマった時期と翻訳物を読んでいた時期は、わりとはっきり分かれます。そういう読み方は今も続いてて、今はweb小説にハマってるので、webばっかりですねえ……

    2019年1月16日 12:41

  • 第41話 自分の書いたのを読んでほしい…へのコメント

    こんばんは。
    youさんの物語は、youさんの香りを各所に感じます。
    あまり読めていないので申しわけないのですが、その中で『御神木』が一風変わっていて好きです。

    いえ、変わっているから好きということではなくて。
    なんというか──一人で古ぼけた神社を訪れてみると、急にそこここの薄闇が怖ろしく思えた。
    みたいな怖さがあります。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    けっこうたくさん書いてるので、全部読めないと思います。それでも雪羽さんにはたくさん読んでもらって、いつも応援してもらって、とても励みになってます。
    御神木と今回の雪の朝の光景は、私の母の実家なのです。古ぼけた神社は子どもの頃、よく遊んでいました。田舎の光景というのは少し怖いと、私も思います。そして面白くて素敵。だから、好きだといってもらえて、本当に嬉しい。
    ありがとうございます!

    2019年1月7日 21:26

  • 第41話 自分の書いたのを読んでほしい…へのコメント

    こんにちは

    マダム京子シリーズ、親近感があって好きです。鹿せんべいもそうなんですね。
    足音のお話は読んだのですが、他のシリーズはどのお話になりますか?

    作者からの返信

    ぴおにさん、ありがとうございます。
    元々シリーズで書き始めたわけではないし、全然統一感はないんです(笑)なので、読んでもがっかりされるかもしれませんが、聞かれて嬉しいので一応書いておきますね。

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054883556384
    「今宵は月も」
    ちょっと入院してた時期がありまして、その時の話です。

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884455031
    「アカシックレコードに問う」
    ちょっと友達に怪しげなセミナーに誘われましてwww、その時の話です。

    2019年1月7日 14:18

  • 第40話 SFといえば何?へのコメント

    ぎゃああああああああああああ!

    なんですか!
    ベタほめられまくっているじゃないですか!!
    いやちょっとまって!

    どうしよう!!!!!

    年始明け、体調崩してまして今日ようやく読みましたが!

    どうしよう!!!!!

    すみません!ありがとうございます!
    最高のレビューじゃないですか!

    うひゃあああああああああ!!!!!!!!

    もう何言ってるのかわかってないわ!

    作者からの返信

    わおwww
    喜んでもらえたなら良かった。
    秘密基地トイレはとても好きなタイプの小説で、続きも楽しみにしています。普段のコメントはかなりふざけたことを書きますが、そもそも嫌いな話にはコメントとか残さないので、ああ、またコイツ、ふざけたこと言いやがってwと笑って読んでいただければなあと思います。

    2019年1月7日 14:04

  • 作者からの返信

    ぐばー

    2019年1月7日 14:14

  • 第40話 SFといえば何?へのコメント

    ん、こう、ジャンルのネタ元にできるのは参加になるかなーと。

    クラークの幼年期の終わりに。
    争わずに違う方向性を示すうつーじん。

    闇よ落ちることなかれ
    主人公がベリさんの時代にトリップして歴史改変。知識チートの原型。

    タイム・マシン
    時間もの。

    高い城の男
    ディストピア

    アンドロイドは電気羊の夢を見るか
    サイバーパンク

    あとは宇宙もののヒロイックファンタジーなら多数。
    リングワールドとか。

    この辺結城大先生が詳しい。

    作者からの返信

    結城さんは詳しそうよねー
    幼年期の終わりか!うみさんも古典好きだよね。
    アンドロイドとかその辺のは、当時不思議な雰囲気だなあと混乱しながら読んだ覚えがw
    リングワールド!あったねー!
    ヒロイックファンタジーは好きだったけど、シリーズものは買い集めるのが大変でした。当時はあまりお金もなかったので、古本屋巡りするのが好きだったなあ。
    うっかり同じ本を二冊買ったりしてた!

    2019年1月5日 10:24

  • 第40話 SFといえば何?へのコメント

     アシモフのエッセイは「たった百億」? そんなのを読んだ気がします。あとは科学エッセイでは、アーサー・C・クラークの「未来のプロフィール」が面白かったなぁ。

     そして、ご紹介は「トイレ」だ!

     たしかに、あの第一章は小学生主人公でもいいかもしれないですね。まあ、そのあとの展開が無理なんだけど。
     古典SFでは、ぼくは「銀河遊撃隊」が好きでした。もうちょっと新しいのだと、やっぱ「星を継ぐもの」が面白い。

    作者からの返信

    雲江さん、ありがとう。レビュー時々参考にしてます。「トイレ」は良かったです。好きだわwww
    全体的に登場人物が優しくて、冒険も無理がなく等身大で、児童文学の方が向いてる気がしたんですよねえ。だったら小学生主人公の方が良いかなと。でも後半、大きな話になってきたので、続き気になる……

    古典SFはかなり読んだんだけど、あまり覚えてないので語り合えずに残念。たったの一兆は探せば出てくると思う。アシモフは科学エッセイと黒後家蜘蛛が好きなんです。「星を継ぐもの」は読んだはずだけど内容出てこないな。そして「未来のプロフィール」と「銀河遊撃隊」は他の方と話した時にも話題に上ったんだけど、読んだ覚えがない。何でだろう……時期的に、その頃出たハヤカワSFは全部読んでるはずなんだけどな。
    アーサー・C・クラークは、他のはいくつか読んでますが。
    大好きってのとはちょっと違うんだけど、ジェイムズ・ティプトリー・Jr.は、インパクトありました。
    そういえば、小説じゃないけど、宇宙モノといえばコブラ、大好きだった!あと、ロック。
    ぼく球は、SFかな?違うか。男性には本当に不評なんですよね。私、好きなんですけど。
    ちょっと本棚みてきたけど、すぐ見えるところにあるのはアシモフとジェイムズ・ティプトリー・Jr.ばっかりだったwww引っ越し何度かするうちに、ほとんど処分したんですよ。でも押し入れの奥にあと何箱か、あったはず。
    SF好きなんですけど、古典ミステリーも好きです。クリスティとか。ミステリーはシリーズ物が良いですよね。何か読みたくなってきた。押入れごそごそしてみようかな……

    2019年1月4日 17:19

  • 第3話 若さへの憧憬と嫉妬を……へのコメント

    you様のエッセイから参りました、というコメントを見て「?」っと思い調べてみたところ、こちらでご紹介していただけていることを知りました。
    本当に今更になってしまいましたが、ご紹介ありがとうございます。

    チートとかハーレムとかなしの、ただ熱い男の異世界物が書きたいという思いから生まれた作品なのですが、違う意味でアツアツになってしまいました。いやはや不思議です。

    ハーレムに関しては私も個人的に少し苦手です(笑)。サブヒロインが報われないのが何とも悲しくて。

    最近忙しくてなかなか手をつけられていなかったのですが、おかげさまでやる気がもりもり上がりました。改めて本当にありがとうございました!




    Q. 転生というか、転移かな?
    A. あっ

    作者からの返信

    炙り出し→さま、お名前変わったんですね。
    見つかってしまった。
    この作品は何度か読み返させてもらい、その都度泣いてしまうので、結構困った作品です(笑)
    一人の時にこっそり読まなければね。

    このエッセイは紹介というよりも、私がただ好きだと叫びたいだけのものなので、あまり宣伝にはならないと思いますが、秘かに応援しています。

    2018年12月6日 18:59

  • 第2話 居酒屋で隣の席が気になるへのコメント

    こちらから飛んで来ました、という方のコメントを見てこちらで紹介されていることを知りました。
    今更ですがご紹介頂き、ありがとうございます。

    完結してしまったけれど、広島ネタはいろいろ語りたいことが多いので、いつかまた続きを書けたらなぁとは思っています。

    拙作を「好き」と言ってもらえて光栄です。
    改めてありがとうございました。

    作者からの返信

    あ、わざわざ読みに来てくれてありがとうございます。
    すみません、お断りもなく載せちゃってました。
    広島あるあるで、楽しめました(笑)
    今はカープも調子がいいので(日本一にはなかなかなりませんが)飲んでるおっちゃんたちも、一層元気な事でしょう!

    2018年11月12日 20:45

  • 第21話 好きなのですへのコメント

    追っかけ仲間と知って本当に嬉しいです!

    先日4巻の話が出てましたが、まだまだ先は長いですねぇ、本当に。
    引きこもり~で18~20巻くらいだとしたら、愉快な~が今現在で10巻分くらいですかね。
    そこまで来て、シウ君にようやく「芽」が出たばかり……。
    最終的には確実に全50巻超えますよね。出版社さんがそこまで出してくれるかどうか……。
    出してくれるといいなぁ。
    出してください、お願いします!!!
    東京方面に向けてお祈りしましょ。

    作者からの返信

    追っかけ仲間ですヾ(*´∀`*)ノ
    あの日は本当に、呆然としました。今は笑って話せるけど(笑)
    検索かけて、いろんな人のブログとかに捜索情報が出てて。

    でもそれがきっかけで本になったので、良かったかなとも思います。何巻まで出るんでしょうね。楽しみ!

    2018年11月12日 19:10

  • 第3話 若さへの憧憬と嫉妬を……へのコメント

    読んできました。
    素敵な作品ですね。
    ああいう人生が送れると、いいな~!
    と思います(笑)

    作者からの返信

    そうですね。いや、お年寄りの恋を描いていますが、若いなーって思うのですよ。なかなか、実際年を取ってみると上手くいかないことも多いものですゆえ。

    2018年11月12日 19:05

  • 第2話 居酒屋で隣の席が気になるへのコメント

    読んできました。
    ちなみに我が家は水島『風』です(笑)

    作者からの返信

    私自身はあまりお好み焼きにこだわりはないのですが、広島に住んでいるとどうしてもこの話題は盛り上がってしまいますwww

    2018年11月12日 19:04

  • 第1話 夜中に書き始めたから……へのコメント

    読んできました!
    面白かった~~~!って、叫びに戻ってまいりました(笑)
    私があの世界に連れて行ってもらえるなら、登山リュックに我が家の撮影機材をこれでもか!と詰め込んでいくことでしょう。
    あぁ、でもその前に捻挫治さなくちゃ……T_T

    作者からの返信

    捻挫、本当に早く治さないとですね!
    異世界散歩に、カメラは必須!
    ちなみに私は高倍率のちっちゃめなデジカメがお気に入りです。最近はスマホで撮ることの方が多いですが、光学30倍ズームはやはり面白い!

    2018年11月12日 18:29

  • 第39話 こたつ×ミカン×ファンタジーへのコメント

    バールのようなもの

    作者からの返信

    バールもいいけど、メガネレンチ売り場の幾何学模様展示にこだわりがあるみたい!

    2018年11月12日 09:56

  • 第38話 ノートの闇が深い……へのコメント

    だからエクスカリバーはもうええってw

    作者からの返信

    いや、エクスカリバーの続編を期待する声が続々と……

    2018年10月11日 17:04

  • 第38話 ノートの闇が深い……へのコメント

    「甘美なる泥と屈辱の味」がブームと聞きまして、思わずご質問(何やら変態が現れた

    ……you様って割とそこそこ雑食でいらっしゃいますか?(失礼)

    し、失礼しましたぁぁぁぁぁぁぁぁっ!(逃走)

    作者からの返信

    おー、久遠さん、何に反応したかと思えばwww
    好きなジャンルはSF、ファンタジー、ミステリーだけど、それ以外も何でも読みます。
    ジャンルで絶対読まないってのは無いですね……あ、いっこあった。伝記はほぼ読まないです。
    グロはあまり好きじゃないけど、エロもBLもおっけー。
    どちらかというとコメディー要素が入ってる方が好きです。
    雑食かな。うん。

    2018年10月10日 22:16

  • 第38話 ノートの闇が深い……へのコメント

    なんでや!「灯籠の村」すごい面白いのに!

    どれくらい面白いかというと、嫁と娘と仲良く暮らしている私が最近夜、自室で後ろを振り返ることが多くなったくらい。

    多くの方に同じ思いをしてほしいです!

    作者からの返信

    酷いな、叶さん。
    エロいっていうから楽しみに読んでたのに、ぐえええ。

    ご家庭では最近奥さんのサービスが良くなったとか?
    充分満足出来ましたか?もう……

    2018年10月10日 22:10

  • 第37話 タイトル斬りは功罪あると思う…へのコメント

    こんばんは。
    タイトル斬りですか。

    タイトルというのは、出来上がった作品の内容のうちの半分を占めると言う方もいらっしゃいますね。

    それほどのものを固定しているのだから、文章と構成の力を測るものさしとしているのでしょうね。
    川柳などで、お題を決めて詠み合うような感じで。

    まあ……こういうタイトルが欲しいと投げた時に、都合のいい内容を書ける人を探しているんだろうなと。穿ってみたりもしていますが。

    作者からの返信

    こんばんは!
    求められたお題にふさわしいものを書くというのは、結構楽しい作業だと思うし、そういう事が自分でもできるといいなって思います。
    自主企画の同題異話でしたっけ?毎月開催の。あれ、良いなあといつも眺めてます。

    タイトル斬りも、面白い企画だとは思うんですよ。ただ、5万字越えの同じタイトルがいくつもあると、なかなか手を付けにくいなって思っちゃって(笑)

    こっから先はちょっと違う話になりそうなので、ノートの下の方にこそっと書くね

    2018年10月6日 22:58

  • 第37話 タイトル斬りは功罪あると思う…へのコメント

    ふわわわ、「好きって言いたい!」に
    載せていただけるなんて……感無量です。
    ありがとうございます!

    何というか、
    作品とキャラに愛を込めて書いていれば、
    わかっていただける方にいつか巡り合える、
    それが信じられるように……なれました。

    でもこれで満足しちゃダメですよね。
    これからも楽しんでいただける作品を
    がんばって書かないとなのです!
    頑張りマス!

    ―――――――――――

    ちなみに、タイトル斬り参加者的には
    お題からの選択肢がそれなりに限られることも
    ありまして、既に投稿済の同じお題の作品が
    否が応にも目に入ってきて、お題の選択や
    アイデアの思いつきにかなり影響する副作用
    もありました。
    実は、「振り返ればあの時ヤれたかも」は、
    うみ先生のを拝読して……私の選択肢から
    さくっと消えています。

    でも、魔王でよかったって今は思ってますよ~^^

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    タイトル斬りのは、試験のようなもので、試験に通れば本番はやっぱり10万字以上の作品を仕上げることになるんでしょう。良い結果になればいいな。星が少ないんで、中間突破するにはピックアップしかない。
    ドキドキしながら中間発表を待ってみます。

    なるほど、先に出してる他の方の作品は確かに気になりますね。
    うみさんの「おっぱい」は純愛ものでなかなか良かったでしょうwww
    私はひそかに、うみさんと英知さんは笑いのツボが似てるんじゃないかと思っています。
    あ、ところで英知さんはツイッターとかしないの?いや、しなくてもいいしツイッターで宣伝してもさほど効果はないみたいですけれど、おしゃべりするには楽しい所なので。

    2018年10月6日 21:20

  • 第37話 タイトル斬りは功罪あると思う…へのコメント

    タイトル考えなくていいのは、書く方は楽なんですけどね。
    読者にしたらたまったもんじゃなさそう。
    キャッチフレーズが最重要になるのかも。

    作者からの返信

    高羽さんもタイトルが……ね(笑)
    いえ、高羽さんのタイトルは私は好きですけど、検索に引っ掛からないという点で。
    そういえば「狂血のチェイサー」ってタイトルもかっこいいと思うけどな。「渦は青く、災厄の如く」はスタイリッシュだけれども「狂血のチェイサー」の方が今のところイメージが近い気がします。
    高羽さんの作品はほんと、大好き!

    2018年10月6日 14:01

  • 作者からの返信

    振り返ればあの時ヤれたかも
    作者 うみ
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886640312

    こちらもよろしくね(笑)

    2018年10月6日 11:46

  • 第37話 タイトル斬りは功罪あると思う…へのコメント

    紹介するとしても、タイトル全部同じになるしね。

    作者からの返信

    それなんですよ!
    私、基本的に作者名は書いてなくて(面倒だから省略してただけなんだけど)
    でもこれは、書かなきゃねーw

    2018年10月6日 11:37

  • 第3話 若さへの憧憬と嫉妬を……へのコメント

    お年寄りもの、散見しますね、この頃。

    作者からの返信

    あ、コメント見落としてました、ごめーん。
    お年寄りもの、ありますね。あまり読んでないなあ。

    2018年9月11日 12:02

  • 第35話 都市伝説コンテストへのコメント

    まさかココに載っているとは思わず、驚きました。
    ご紹介してくださりありがとうございます!!

    作者からの返信

    あー、私が褒めるのもおこがましい、安定した上手さですので。
    勝手に紹介して怒られなくてよかった(笑)

    2018年8月23日 20:14

  • 第35話 都市伝説コンテストへのコメント

    10m先に道がないって怖いです!!!
    ご無事で何より✨

    怖い話、苦手なんです💦
    でも……👻三回体験してます👻

    怖くないのだと、、、

    祖母の家は後ろが山で前が海みたいな場所なんですが、小さい頃海で遊んでたら視線を感じて。
    振り向いたらですね、山のてっぺんに馬よりでっかい鹿みたいな生き物が見えたことがあるんですよ。
    その時は「でっかい鹿がいたよ😊」って親に報告したんですけど、大人になって、もののけ姫を見たときに『あ!これだ』と(笑)

    決して不思議ちゃんではありませぬ(笑)

    作者からの返信

    えー、まりこさん、それはすごいじゃないですか!
    何なんだろう?ブロッケン現象かな?
    遠くならいいけど、近くで馬よりでかい熊とかだったら笑えない!

    道がない事件はマジで冷えました。夏だったけどヒンヤリ。
    他にも車関係はけっこう怖い思いをしてまして。というのも私、独身の頃は一人で山の中を車で走るのが好きでして。
    走り屋じゃないんですよ?
    最初は運転の練習だったんだけど、なんだか夜の山道が楽しくなってしまいまして。
    九州は熊が出ないので!

    2018年8月22日 21:02

  • 第35話 都市伝説コンテストへのコメント

    このまくらの話怖すぎです・・・ぷっつりこわい。

    作者からの返信

    まじで怖かったですよ、でも怖かったランキングで断トツ一位と言う訳ではないです。あといくつあるかなあ……
    あ、それを作品に書けばいいのか?エッセイかな?

    2018年8月22日 20:54

  • 第34話 シリアスで重厚なのに読みやす…へのコメント

    ご紹介ありがとうございます、頑張ります。

    作者からの返信

    紬さんのはどれも好きなんですが、新しいのを読むたびにますます好きになって困ります(笑)
    好きって連呼していますが、ここはそんなエッセイなんで、笑って許して!

    2018年8月17日 20:16

  • 第22話 同じジャンルでもへのコメント

    はじめてコメントします。もちだと申します。
    本当に今になって……ですが、ご紹介いただきありがとうございます。
    残念ながら賞は取れずでしたが、良い経験になりました。
    ジャンル迷子のばかり書いているので、いつも困ってますw

    作者からの返信

    もちだもちこ先生、コメントありがとうございます。
    こんな所にこっそり書いたのを見つかるとは(笑)
    コンテストは残念でしたが、楽しく書けるのが一番かと思います。
    これからもますますのご活躍を楽しみにしています。

    2018年8月4日 16:55

  • 第33話 短編をいくつかへのコメント

    くえっくえっ

    作者からの返信

    くああ?
    きゅっ!

    2018年7月25日 23:47

  • 第33話 短編をいくつかへのコメント

    ありがとう(^ ^ )

    作者からの返信

    あ、返信忘れてたごめーん。
    素敵な話だったからね。どこかで紹介をと!

    2018年7月25日 15:39

  • 第32話 すごく好きなのを見つけてしま…へのコメント

    こんにちは、ご紹介ありがとうございます。
    作品本体のほうにも豆な応援コメントとレビューを頂いて、とても励みになりました。
    私の好きな要素を詰め詰めしているので、好きと言って頂けて嬉しいです。
    更新を再開した時には、またお時間を頂ければ幸いです。これからもどうぞよろしくお願いします。

    作者からの返信

    葦田さん、すみません(;'∀')お断りもせずにこんなの書いちゃっています。
    作品大変楽しく読ませていただきました。これから先の展開も楽しみだし、できれば過去編は別作品で独立して読みたいなと思っていたり(笑)
    自由奔放に「好き」と叫んでいますけれど、えっと、これからもよろしくお願いします。
    コメントとお星さま、ありがとうございました。

    2018年6月9日 23:27

  • 第31話 もふもふ繋がりで動物ものをへのコメント

    わたし、まるまる、いまあなたの系のタイトルは怖いw

    先輩紹介ありーくああ!

    作者からの返信

    そうw
    メリーさんじゃなくてリリーさんだったから、怖くはなかったよ。
    カラス先輩、続き頑張ってね。とりあえずの目標は50話!

    2018年5月15日 08:44

  • 第30話 もふもふと言えば何?へのコメント

    ぐ、全然間に合わなくて参加できなかった……GW、仕事忙しかったんです。
    未だに厳しいんですが、上を参考にして読んでみよう。
    「僕が見つけたよくわからないもの」が一番気になりました。

    作者からの返信

    お疲れさまです。GW、お仕事ですか……
    亀の話は残念だけどまたの機会に!
    そして僕が見つけたものはwww
    もし読んだらノートの方にでもコメントしに来てください!

    2018年5月8日 22:17

  • 第30話 もふもふと言えば何?へのコメント

    カラスが別枠なのと、ドーナツに笑ってしまいました!!
    色んなもふもふが世の中にはあるんですねぇ。そして考える事は一緒かな。
    せっかくだから民俗学部門にも足を突っ込みたくなっちゃいますよねぇ。

    うちの「御使い様と巫女少女」は大きなもふもふかな……?
    いずれにせよ「可愛いやつ、笑える話」でいいんだよね!?
    こ、こわくなんてないよ。

    作者からの返信

    草詩さん、一言書き加えた。
     御使い様と巫女少女(でっかくてもふもふ、でも……)
    大きなもふもふで正解です!
    カラスは別枠にしろとオーダーが入りましたので(笑)
    ドーナツは最初のほうしか読んでないんだけど、どうもドーナツの話っぽいんだよね。
    民俗学の方は分類できなーい(笑)

    2018年5月8日 19:47

  • 第30話 もふもふと言えば何?へのコメント

    くああ!
    鳥じゃねえ、カラスぐあ。

    作者からの返信

    烏、線一本じゃん!
    まあ、分けといたけどwww
    先輩、そんなわがまま言ってると後ろから、トンビが来るよ?お前も鳥だろうって!

    2018年5月8日 18:44

  • 第30話 もふもふと言えば何?へのコメント

    すごいね!
    全部読んだの!?( ゚ロ゚)!!

    わーい♪
    少数派ー♡

    作者からの返信

    いやいや、さすがに全部は読んでないです(笑)
    20作品以上は読んでると思うけど……
    悲しいのは今回は上げてないです。
    そして龍とか超少数派だよwww
    あ、五右衛門読んだ?可愛い!翠さんにもオススメ。BLだけど!

    2018年5月8日 18:41

  • 第29話 静かなお話を、よっつへのコメント

    you様

    こちらに紹介された作品を読んだわけではないのですが、「蟲師」の言葉に反応して思わずコメント残してしまいました。
    あれ、いいですよねぇ。最近は読んでないのですが、今でも続いているのでしょうか。こう独特の世界観というか静かさが好きです。

    系統は微妙に違うかも知れませんが「夏目友人帳」も私は好きです。存在自体は以前から知っていましたが、がっつりはまったのはつい数カ月前です(笑)

    余裕ができたら、こちらの作品も読みに行きたいと思います。

    ありがとうございました。

    作者からの返信

    わーい、コメントありがとうございます。
    蟲師は、アニメしか見てないんですよ。それも相当前のことなんですけど。好きです。
    夏目友人帳もいいですよね!うんうん。夏目は漫画から入ったけどアニメもいいですよ!

    えっと、私のはwwwお暇な時に気が向いたらでいいですからねー(笑)
    あ、短いけど自分で気に入ってるのはこれ
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884161916
    桜の木の根元には(日帰りコン用に少し加筆)
    5000字くらいなんで、よろしかったらどうぞ。

    2018年5月1日 22:17

  • 第1話 夜中に書き始めたから……へのコメント

    はじめまして久遠と言います。
    新参者がいきなり失礼します。

    好きなものを好きと叫びたい気持ち、非っ常によくわかります!
    ええ、叫びたいですよね!? 世界の中心で愛を叫びたいですよね!?
    聞いて聞いてーって話したくなるんですよ。わかりますその気持ち。
    共感のあまりコメント&応援してしまいました。すみません、本文はまだ全然読んでないです。ですが読みます。明日から読んでいきます。

    私も好きなものは面白いものは叫びたいタイプです。そして、好きで面白くて素晴らしいと思った作品は、がんがん紹介して布教してみんなで共有したいタイプです。むしろ、みんなで愛でよう!みたいな。

    すみません、あまりに嬉しいエッセイだったので、テンションハイになってしまいました。
    そして触発されました。私のエッセイの方でも、you様のように叫ぶことがあるかもしれません(というか既に微妙に叫んでいるかも)
    二番煎じというかパクリとか不快に思われるようであれば、やめますのでおっしゃってください。
    ここまで読んでくださってありがとうございました。

    作者からの返信

    わーい、コメントありがとうございます。
    そうそう。叫びたいのですよ。これが好き―って。そして何で好きなのか、ファン同士語り合いたかったりするじゃないですか。
    うんうん。久遠さまもどんどん叫んでください。
    そして好きになった作品がもっともっと盛り上がると嬉しいですね!
    ありがとうございました。

    2018年4月18日 23:03

  • 第27話 少し読んでみたへのコメント

    おわっ!?
    まさかうちの作品をご紹介頂いているとは思わず、驚きました(笑)
    ご紹介いただき、ありがとうございます!!

    精油、いいよね!精油!

    作者からの返信

    精油良いですよねー!
    この前の検索した時には無いなあって思ったら、31話だったんですよね。
    で、こっちに紹介させていただきました。

    2018年4月7日 12:39

  • 第27話 少し読んでみたへのコメント

     ご紹介ありがとうございます。

     「パラドックスの魔女」が面白そうですね。読みに行って見ます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます(^^)
    パラドックスの魔女、面白そうです!ゆっくり考えないとわからないので、時間がある時だなあ。でもスマートニュースで連載されたら、1日1話で、翌日の答えまでゆっくり考えられてちょうどいいかもしれないですね。

    2018年4月7日 12:36

  • 第27話 少し読んでみたへのコメント

    父さんが異彩を放っている。

    作者からの返信

    父さんだけ、もう、こんな感じにしか書けなかったw
    父さん最高に面白いw
    あ、青木も大好きよwww

    2018年4月6日 23:57 編集済

  • 第26話 スマートニュースのを読んでみ…へのコメント

    父さんの圧倒的存在感。

    作者からの返信

    父さんはいいね!最高です。マジで怖いし笑える。
    うみさんの喫茶店も好きよ!

    2018年4月4日 08:16

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    ロボ魂、わかります! 知っているのはもちろん、知らないのも楽しく読めてしまうんですよね。高羽さんも読みに行かなくちゃ。

    作者からの返信

    オレンジ11さん、ロボ魂、ついつい読んじゃうんですよね。
    高羽さんも超オススメ物件(笑)

    2018年3月29日 09:03

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    実はもう10話隠し球が……無いです。
    短編は続けて書くと、息切れしそうになりますね。
    でも、短いのも好きなので、引き続き挑戦してみます。
    ありがとうございました。

    「1Gの世界」、見に行ってみよう……

    作者からの返信

    「1Gの世界」どうでした?

    隠し球はないか……残念。
    短編ってネタ作るの大変そうなのにあっという間に読み終わっちゃって次を要求されるから大変!
    でも要求するけど!
    待ってます(笑)

    2018年3月17日 00:36

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    完結はさせます!
    その前にもっとドロドロさせたいけれど、youさんの好みにどんどん外れていったらごめんなさい(^_^;

    作者からの返信

    ドロドロかあ(笑)
    ひまわりさんの全力の泥んこ遊び、見せていただきましょう!
    好みは今までの傾向から行って多分大丈夫だと思うけど、状況によっては完結待ちするかもしれません。
    基本的には完結してから一気に読むほうが好きなので。

    2018年3月16日 21:53

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    いや。
    きっとお友達になるんじゃないかなw

    作者からの返信

    ……甘いよ!甘々だよ!

    けど、すいりゅうさんに怒られちゃうからねえ(笑)

    2018年3月16日 21:10

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    宣伝ありがとうございます。
    だはは、確かにそれ、ものすごくやりそう!(笑)
    引かれるんだ、これが。見合いの席とかでやっちゃうと(爆)。
    そういう話が通じる友達が数人居ると楽しいんだけどねえ。
    飲めないけど、そういう友達との飲み会は損して(割り勘の酒代の分)でも行くんだなあ。

    作者からの返信

    結城さん、残念!あまり深い話にはついていけないなあ。でも好きなことを一生懸命話してる人が好きなんです。
    あ、でも見合いの席は駄目かもね(笑)

    2018年3月16日 19:11

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    結城さんの、そこがポイントなんだw

    作者からの返信

    そこがポイントなんですよ!

    それよか、叶さん!
    最近父さんの更新してないから、忘れてた!!
    せっかくだから最後まで書きましょう!
    一番上に紹介文書き足しとくからw

    2018年3月16日 19:07

  • 第25話 連載を読む⇔完結を読むへのコメント

    みゅー

    作者からの返信

    にゃあ!

    2018年3月16日 17:57

  • 第24話 カクヨム二周年を祝おう!へのコメント

    奴は引きずり下ろすふも

    作者からの返信

    トリとうっしーの対決が見れるのは3年後。
    乞うご期待!

    2018年3月14日 12:25

  • 第20話 この人のレビューを見てみようへのコメント

    φ(..)メモメモ

    作者からの返信

    オススメ♡

    2018年3月8日 23:54

  • 第16話 評価が入ることに複雑な思いをへのコメント

    縦書き? と思わず見に行きフォローしました。

    このエッセイ、とても楽しいです!! いくつかまとめて作品が紹介されていると、単品よりも気になります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    縦書き?って思いますよね。
    見にいって、後悔はさせません!

    私が書いたんじゃないけど(笑)

    このエッセイも楽しんでくれてありがとうございます。
    面白いと思ったものを共有できるのは嬉しい!
    コンテストとかはまとめ読みするので、また書きます。

    追記 星もありがとうございます。

    2018年1月23日 12:11 編集済