Rain Parasol

作者 RAY

97

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

雨傘と日傘。
似通った形をしていてもその用途は違う。
ここをどう決断するかが問題だ。

「降り具合」と「減り具合」も重要です。
ここ、本当に大変重要なのです。

そうそう、ありますよね~わかる!と思いつつ、にこにこしたり、にやにや(少し悪い顔)をしたりしながら、拝読させていただきました。
イベントも楽しそうで、可能なら是非参加させて頂きたい!と力を込めて思った次第なのであります♪


すっと風が吹き抜けていくような、清涼感のある作品です。
陽だまりのような、そよ風のような。

ありがとうございます!

Good!

RAYちゃん(*^-^*)
ずっと前に読んでたんだけどスマホから何故かログイン出来なかったの( ;∀;)
内容は同じなのに、書き方を変えると一気にテイストが変わってて良かった!半年待って取り寄せたお気に入りのセリーヌのパラソルを傘代わりに使おうか、でも人目を引いてしまう…って最初は思ってた主人公が、今回は、神通力の事を想像するシーンが前のより長くて、主人公は自分なりに解釈して、エイッ!と赤いパラソルを差して歩き出す。横浜の街に調和した自分の姿を恥かしいっていう気持ちから、徐々に人目を気にせず颯爽と歩き、その姿には自信すら感じさせられました☆彡
お仕事をバリバリこなすキャリアウーマンは、こういう時に、迷った挙句、最後は自分に自信を持って堂々と行動するよね~って思ったよ!
きっと午後からのクライアントとの打ち合わせも、上手くいったのだろうな(*^-^*)
これからも、楽しみにしてるよ!!!

★★★ Excellent!!!

「雨」と聞くと、「あー嫌だなぁ」とか「気分が落ちるなぁ」という印象があると思います。
もちろん主人公もそう感じていたと思いますが、読み手側から見ると、主人公の取った行動が、とても素敵で「雨も良いな」と思いました。

とても幻想的な雰囲気で、鮮やかな色使いが印象的でした!


それから、お昼には中華粥がおすすめです♪

★★★ Excellent!!!

キャリアレディが遭遇したあること。そして迫られる決断。
とはいえ、SFやファンタジーの世界ではありません。
日常の中で、いつでも誰にでも起きることです。
なぁんだ、と思われたかたはぜひご覧になってください。読後に、気づけば肩の力を抜いて空を仰いでいる自分がいます。
絶妙な文章で、現実世界なんだけどちょっぴり違う世界へいざなってくれます。
こういうお話はとても素敵ですね。

★★★ Excellent!!!

何か元気になってしまう生き方
沈んだ雨の中に鮮やかなカラーが頭の中で映しだされる
そんなシチュエーション
プレリュード
これからどんな展開が始まるのか期待感を感じさせてくれる
もしかしたら
素敵な出会いがあるのかも
いや
危険を予感させる瞬間があるのか
いろいろ想像させてくれる

★★ Very Good!!

『狐の嫁入り』といえば天気雨のこと。

彼女の妄想世界の狐たちの降らせた雨が現実の彼女の気持ちにも変化をもたらします。

雨がうとましいとか、雨には雨傘をさすべきだとかそんな固定概念こそ放り出して繰り出そう。彼女らしく。

彼女の、そして作者の背中を押したくなる作品です。

★★★ Excellent!!!

予報外れのお天気雨。手元にあるのは日傘が一本。
恥を忍んで、雨の中日傘をさすかどうかが迷いどころです。そんな時は楽しい想像をしてみると良いです。
もしこのお天気雨の中、狐達が宴を開いて楽しんでいるのかと思うと、自然と恥ずかしさも無くなり、前向きな気持ちになる事でしょう。
そんなほっこり心が温まるお話です。