誘蛾灯

作者 屋根裏

7

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 こういう、静かで、感じることや考えることが読者にゆだねられている作品は、好きです。題名の『誘蛾灯』は小説にしばしば登場し、比喩や描写に使われますが、ここではその答えが丸投げにされているので、読者側がその意味を感じる作品です。
 余談ですが、小生はかつて米蛾を大量発生させて、夜中にその蛾たちと戦うはめになったことがあります。米の中には大量の幼虫もいて、今でもトラウマです。