サトル君は異世界に興味がない

作者 @muuko

11

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

世の中に妖怪モノの話は数多くありますが、この物語の最大の特徴は中心人物であるサトル君が周りで起こっている怪異を全くと言っていいくらい気にしないという事です。
鈍感?天然?そう思って読み進めていきますと、最期に意外な事が語られます。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、少し切なく、読んだ後はどこか温かくなるお話です。

★★★ Excellent!!!

求人広告を見て喫茶店風の店のドアを開けた、二藤サトルくん。
ちょっと感じが悪いくらいしっかりしているのに、その店の変異に気付かないご様子。
いろいろ誤魔化して雇い入れようと企んでいた店長、夜見が何だか心配になるくらいに。
サトル君!それ人間じゃない!人間じゃないよ!
夜見のツッコミが空しく響くなか、事件が……

どうしてサトルくんは気が付かないのか。
人は、妖は、何を思い何を見るのか。

ちょっぴり切なくて、そして何より、サトルくんも妖たちもとても魅力的!

優しくて温かい不思議なお店に、私も立ち寄りたくなりました。