一番街を出た時は秋風が吹いていたはずなのに、やってきた十二番街は雪景色だった。

「うへえ、まじかよ」

 雪の中では自慢の翼が使えない。仕方ないと腹を括り、一歩踏み出したその瞬間、呑気な声が飛んで来た。

「あれえ、今日も配達?」

 ばったり出くわしたその人こそ、今まさに向かおうとしていた配達先――ユージーン骨董店のぐうたら店主だったから驚きだ。

「おっさん、店の外に出ることなんてあるんだな」

「ひどいなあ、僕だって買い出しに出ることくらいあるよ。そろそろ冬籠りをしないといけないからね」

 長い耳を押さえながら、冗談とも本気ともつかないことを言ってのける男。枯草色の髪を掻き分けて伸びる右耳は痛々しいほどに赤く、そして反対の耳はと言えば、半ばからぺたんと折れている。

 《垂れ耳エルフ》のユージーン。その左耳の理由を、誰も知らない。聞けばあっさり教えてくれそうな気もするが、わざわざ聞く必要もないだろう。そう思っている。

「その耳、寒そうだな」

 思ったことを率直に口にしたら、そうなんだよお、と盛大に嘆かれた。

「フードを被ると引っ掛かって邪魔だし、帽子を被ると圧迫されて痛いんだよねえ」

 折れた耳をよいしょと伸ばしてから、毛皮の帽子を被ってみせる男。

「その耳、伸ばせるのかよ!?」

「え? なんで? 伸ばせるよ?」

「古傷かなにかで、戻らないのかと、思って……」

「まっさかー。まあ、折れ癖がついちゃってるから、伸ばしてもすぐ戻っちゃうけどね」

 何でもないことのように答えられてしまっては、深刻に考えていた自分が馬鹿みたいじゃないか。

「いやー、そんな風に思われてたのかあ」

 まんざらでもなさそうな顔で照れてみせる男は、相変わらずのほほんと――掴みどころのない笑みを浮かべている。

「まさか、横向きに寝てたら癖がついちゃった、とかそんなオチじゃないよな」

「あれーよく分かったね」

 いやははは、と笑う男に、どっと疲れた表情で手を振るオルト。

「おっさんの冗談は笑えねえ」

 ほらよ、と郵便物を押しつけ、くるりと踵を返す。

「店まで配達に行く手間が省けて良かったぜ。確かに渡したからな!」

「うん。ご苦労様。十二番街はしばらく雪だから、空便はお休みした方がいいと思うよ」

「局長に言っとく。じゃあな。また――春になったら」

「うん。またね」

 嫌味を込めたつもりが、男はやけに嬉しそうな顔をして、力強く頷いた。

「次に会う時までに、玄関の扉を直しておくよ」

「そりゃ助かる」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

垂れ耳エルフと世界樹の街 ~Prequel~ 小田島静流 @seeds_starlite

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ