第275話 秋葉原買い出し紀行

 今朝は皆で名古屋名物モーニングを食べ、新幹線で東京へ。

 東京駅から山手線で2駅、秋葉原を降りてすぐのホテルに荷物を預ける。


 残念ながら和室の大部屋が無かったので、トリプルの部屋を3つとツインの部屋を1つだが、まあしょうがない。

 何せ行きたい場所、秋葉原ここが一番要望が多かったのだ。

 ディズニーリゾートとかが全く希望に出てこないうちの連中、何か変だ。


「行くですよ」

 ジェニーとソフィー組が速攻で消える。

 風遊美さん、奈津季さん、香緒里ちゃん、ルイスは東京甘味の旅に出るそうだ。

 愛希ちゃん理奈ちゃんは渋谷・原宿方面へ行くとのこと。

 そして俺は詩織ちゃんとロビーに引っ張られ、部品屋巡りだ。


「そう言えば修兄、デジタルアンプ持っていましたよね」

「あれの改造が流行っていたから2基買ったけれど、今は使っていないな。ちょうどいいスピーカーも無いし」


 昔は小さいスピーカーを持っていたのだが、草刈り機を作る際警告メッセージ用にバラして使ってしまったのだ。


「ならスピーカーと導線と、あとロビーは何か買うものあるですか」

「抵抗各種とコンデンサ各種デスネ。あとは各種リレーとサーボモーターと……」

 キリがない。


「親父の懇意の店があるから、まずはそこで電子部品を押さえるですよ」

 詩織ちゃんについていくままに裏路地に入りビルの中へ。

 入ってみると思った以上にちゃんとしたお店だ。

 通路もこういう店にしては広い。


「ここは一通り何でもあるですから、まずはここで仕入れるですよ」

 との事なので俺も色々見てみる。

 確かにあの親父が懇意にしているだけあって、品揃えもいいし安い。

 変な基盤とかも色々揃っているし。


「この安いアルデュイーノ互換機11台パック、買っておくかな」

 とんでもなく安い互換機が売っているのでついついまとめ買い。


「アルデュイーノやラズパイ使うと色々冗長になるから嫌いなのです。私はPICにアセンブラ直書きする方が好きなのです」

「そんなんデバッグ面倒じゃないか」

「メモリの1ビットは血の1滴なのです」

 詩織ちゃん、若い癖に流儀が古い。


「ちなみにロビーはどうなのですか」

「まずはパワーデス。力こそパワーなのデス。マイコンはオレンジピコで十分デス」


 おいおい。

 こっちもなかなかに極端だ。

 そんな感じで三者三様の細かく怪しい買い物をしていたら。

 最初の店だけでかなり時間が経過していた。


「まずいです。飯を食べに行くですよ」


 再び詩織ちゃんの歩くままについて行き、坂を登り階段も上り大きい橋を渡ってついたのはホテルの中。


「ここのバイキングが安くて美味しいのです」

 言われるがままに入る。

 確かにバイキングで二千円しないのはこの場所なら高くはない。

 そして内容は、自然食メインだがベーコンもソーセージもあるバイキング。


 ああ、健全なメニューだなと思ったら。

 俺以外の2人は不健全な量を爆盛りしてきた。

 まあ、そうなるよな。

 いつものパターンだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます