とりあえず かなえとく

作者 深川 七草

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても優しい雰囲気で、一種独特な世界観を持った物語。
この不思議な感覚は作者さま天性のものなのでしょう。

あらすじを読めば「魔法」の存在がある世界なのだと気付くのですが、その魔法も決して万能系の凄まじい威力を持ったものではなく、どちらかと言えば「魔法(?)」と言う感じで、ご都合主義とは程遠く、物語の雰囲気を損なわない物です。

菜園とそこで出会う少女たちとの交流が中心となってお話は進むのですが、リアルとアンリアルが少しづつ混ざっていくような、それでいてどこか安心できる進行具合は、本当に読んでいて楽しく感じました。

そして、
とりあえず かなえとく のタイトルに相応しく、読者(私)の望んだ結果、(いえ、それ以上かも)がラストに待ち構えていました。

目標に向かって歩みだしたヒロイン達の今後に祝福あれ。

★★★ Excellent!!!

 秋の章まで読んで、どうしても紹介したくなり書き込みました。

 ちょうど興味のあるテーマだったので読み始めましたが、文章が軽妙で面白いです!
 またひとこと紹介にあるように、野菜の栽培から恋から魔法まで何でもアリの女子高生ばなしが最高です!