それは、よかった!

作者 長束直哉

62

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作を読む前、文字数を見たらたった400字ちょい。
こんなのでどうミステリするのかと思ったら、まさかの展開。
作者の言葉の使い方が光る秀逸なオチ。
今まで生きてきて、最高の400字と出会えたと思える作品。

たった一行の衝撃的なオチに貴方はきっと、



――爆笑する。

★★ Very Good!!

ネタバレになるので多くのことは語れない。
だが、読み終わり「それは、よかった」と思うこと間違いなしとなっている。
短じかく会話だけの文章となっているため、読みやすい。

★★★ Excellent!!!

「ミステリー」短編と言うことで、詳細にレビューを書くと完全にネタバラシになってしまいますので、簡潔に述べさせて頂きます。

確かに、これで「よかった」と言える結末かもしれません。
登場人物、全員にとって。