それは、よかった!

長束直弥

掌編ミステリー

それは、よかった!

 

「店長、昨晩バイトの帰り道で、痴漢に襲われそうになったんです」


「えっ! それで、大丈夫だったのかい?」

「ええ、何とか大声を出したら慌てて逃げていきましたから」


「それは、よかった!」

「はい」


「でも、そんなことがあったのに今日もバイトに入ってくれて助かるよ」

「ええ、アルバイトの人数が減って、お店も大変でしょうから……」


「ありがとう。でも、また帰り道で痴漢が出るかも知れないよ」

「まあ、少し遠回りになりますが、今日からは帰り道を変えますから……」


「そうだな……、それがいい。それで、その痴漢の男の顔とかは見ていないのかい?」

「ええ、痴漢に襲われそうになった場所が人通りの少ない薄暗い路地裏だったうえに、その痴漢――黒っぽいニット帽を深めに被っていたので……、顔のほうは……」


「――見ていないんだね。それで……、警察には届けてないのかい?」

「ええ、まあ、たいした被害もなかったことですし……」



 ――それは、よかった!




          <了>


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

それは、よかった! 長束直弥 @nagatsuka708

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ