誓剣のクロスクレイモア

作者 いつき樟

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

片手には忠義の剣。もう片方の手に持っているのは────誰よりも騎士らしくあろうとするけれどなかなかうまく行かないアスラルさんのお話です。人間だもの、なかなか物語みたいな騎士にはなれませんよねえ。
騎士道精神に忠実なのはともかくとして、それで本当に姫様が救えるのか? とか思ってしまうのは、少々意地悪でしょうか。

リース様がとにかく格好良いです。最後の方とか特に。パナヴィア様もうかうかしていられませんね。

★★★ Excellent!!!

もし自分が主人公なら…諦めてしまうだろう、死にたくなるかもしれない。

あんな絶望的な状況で、主人公達が死に物狂いで得た結末は、他の人はどう感じるんだろう。男性なら?女性なら?

いろんな人のレビューが読んでみたくなった、賛否両論必至な問題作。


この狂わしい問題作を、ぜひ大勢に読んでほしい。

★★★ Excellent!!!

 いかなる苦境に立たされようと、己の剣をささげた主のため、どこまでも愚直に戦い続ける――この作品は、そんな熱い魂と、手にした双剣のみを頼りに戦場を駆ける、一人の騎士の物語。
 本作の魅力の一つは、やはり白熱のバトルシーン。この物語は戦記物なので、戦いの舞台は何千何万の兵たちがぶつかり合う戦場です。その中にあって、長大な大剣を二本振り回し、悪鬼羅刹のごとき活躍を見せる主人公アスラル――なんとも浪漫あふれる風景ではありませんか。
 戦場というのは、むろん主人公ひとりの力でコントロールできるものではありません。主人公のみにスポットライトを当てていては、全体的な戦況は描写できないわけですが、この作品は『個人』と『全体』との描写のバランスが優れているように思えます。
 そして、しっかり描くべき場面と省略して流すべき場面のバランス感覚にも優れており、結果冗長さを感じず、かといって物足りなさも感じない、臨場感のある戦闘となっていると個人的には感じます。
 次にキャラクター。
 主人公アスラルは、まさに「たとえ泥水を啜ってでも」という比喩がふさわしい、強い意志と忍耐力を持ったタフガイです。彼が抱く失われた故国、そして主君リースへの思い、そしてリースを救うためとはいえ、彼女以外の人間のもと戦うことへの苦悩――揺れ動くアスラルの感情が、この作品の一つのテーマとなるでしょう。
 アスラルが(彼の中ではあくまでも仮に、ということになりますが)仕えることになるのが、ルーセシア女王パナヴィアです。作品タグにあるとおり、いわゆる「のじゃロリ」キャラ。国と民を深く愛し、類稀な戦闘力と統率力とを併せ持つ、王たるにふさわしい人物です。はじめは不承不承パナヴィアに従っていたアスラルも、彼女の志に感化され、徐々に共感を得ていくことになります。ふたりの関係は、かたちの上では主従ですが、どちらかというとバディに近い… 続きを読む