魔装討女マレキウムレオ ―パワードスーツとオタクと魔法少女―

作者 ミレニあん

53

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかくニチアサ。ニチアサ好きにはたまらん内容です。

趣味のために戦うオタクの星、マレキウム!そう、何故かパワードスーツの魔法少女はオタク趣味の守護のために戦うのだ!

デバイス音声にニヤリッと笑い、フィギュアにあぶない笑顔を向ける様に「あるある」と共感したりする、アナタ!
この作品は、アナタ向けです!

この作品は四の五のいうよりも、ニチアサ好きは読め!とだけ言いたい。
無論、色んな伏線やら、キャラ同士の関係性とか、語る点は沢山あるんだが、総じてニチアサ好きは読め!という結論なんだから仕方がないんです。

★★★ Excellent!!!

素晴らしい。
何が素晴らしいかといえば、これは非常に良い意味で”オタク”を狙い撃つために作り上げられた作品だからに他なりません。

まず主人公の玲央ちゃんからして、妹でジト目で物理系魔法少女!
あざといですね、非常にあざといです。素晴らしい。

しかも、出て来る敵は特撮的な文脈における”怪人”の数々
にも拘わらず、触手を倒したらまた触手…!
不健全ですね、非常に不健全です。素晴らしい…

もはや列挙し切れないほどのオタク要素を練り上げて作品として昇華させた上に、メタ的な導入を経てすんなりと乗り込めるこの造り!見事というしかありません。
深夜帯のノリでニチアサを見たい方、お勧めです!

★★★ Excellent!!!

魔法少女とヴィランが日常的に存在する世界観。そんな道理を蹴っ飛ばすように一際異彩を放つ全身パワードスーツの魔法(?)少女が主人公のお話です。
作者様の特撮作品への愛やリスペクトがとにかく溢れた作風で、まるで日曜日の朝のような爽やかな読み心地となっております。また登場する魔法少女も多彩かつ魅力的であり、中には他の作品ではなかなか見られない奇抜な魔法少女も……!
シリアスとコメディが絶妙な塩梅の快作。オススメです!

★★★ Excellent!!!

構成は怪人や怪獣が出て、魔法少女がそれを倒すシンプルな構成。
しかして主人公のストイックさがこの物語をアクの強いものとしている。

いやもうこの度重なる特撮ネタについてこれるの中々いないよ
ニチアサキッズだった人達は楽しめるでしょう。

あと触手プレイあるよ
触手プレイがあるよ
まじであるよ

もう一度書きます。

触手プレイあります!!

★★★ Excellent!!!

変種の魔法少女ものが増えている昨今、変身後はパワードスーツ、魔法のステッキで物理攻撃(殴る)と、かなりナナメから攻めてきた作品。

ニチアサというように、魔法少女というよりは某変身ヒロインシリーズのイメージが強く、そういう意味では絵面の可笑しさに反してストーリーは実に王道。仲間が増えていく過程など、要所はしっかりと押さえてある。

主人公の清々しいオタクっぷりも、考えてみれば本家ヒロインたちもオタク気質のキャラは多く(あっちも変身して肉弾戦だし)、むしろ正統進化系と呼べるかもしれない。

ところどころに放り込まれる濃い特撮ネタなど、分かる人はもっと楽しめるし、ニチアサを卒業してしまった人も、全く興味がなかった人も、間口は広いので抵抗なく楽しめる作品になっていると思う。

★★★ Excellent!!!

 待望の連載開始、ミレニあん先生の新作は魔法少女モノ。しかしてその実態は、氏の特撮へのリスペクトと愛が溢れたニチアサ系日常バトルロマン!?のっけから魔法少女の主人公がオカシイ…予想を裏切っても期待を裏切らないハイペースで飛ばしています。ありそうでなかった、鋼の装甲に身を包むパワードスーツ系魔法少女…そして、繰り出される蹴りや杖での打撃!我々読者に「魔法とは…(哲学)」と考えさせつつ、ガチオタ一直線の可憐な女主人公で攻めてくる。この秋、オススメの一作です!