曖昧な恋のものさし

作者 まゆずみそる/汐屋伊織

39

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作品の中に男女にまつわる関係性を示しつつ、それを逆転させてアンバランスさを生み出しながら、それと微妙な恋心を絡めたラブコメ作品です。

身長差、年の差、知能の差(?)。いろんな違いは二人の関係にどんな結果をもたらすのか?
ちょっと斜に構えた主人公と一癖あるヒロインの掛け合いで進むストーリーは、のんびりとした陽だまりのようなほのぼのとした雰囲気です。

★★ Very Good!!

中々素直になれない二人の15センチメートル。
主人公の家にて二人きりで夏休みの宿題をやるという、お互いを憎からず思っている男女ならば甘いイベントが起こりそうな状況下で、この二人は憎まれ口を叩きあったり相手の弱みをつついたり悪戯をしかけあったり。
恋が花開く前の、そんな微妙な関係が絶妙です。

★★★ Excellent!!!

逆身長差の主人公と先輩の関係は、お互い素直になれず…な微妙な距離感。

主人公を苛立たせる先輩ですが、物語が進む中で先輩の寂しい秘密が明かされます。
そして夏といえば海やプールを連想……ですが、明かされる先輩の可愛らしい秘密と、距離感が縮まりそうな主人公の思いが、いい形で物語を締めくくります。

素直になれない恋も微笑ましいものですね。