零れる

屋根裏

零れる

太陽が水平線の彼方へ沈む。

広大な海の、無限の水に、大きくて熱い身体を溶かしてゆく。

光の速さで何億年もかけてようやく辿り着けるような、果てしなく遠い距離は、その瞬間だけゼロになるかのよう。

空は赤く灼け、曇りなく広がる赤に浮かんだ月が、少しずつその存在感を増していく。

小さな星の数々が、今にも消えそうな輝きで、月と僕を取り囲む。

 

その小さな輝きを数えながら、僕は第三者になりきってみる。

広い海をバックに、赤い空を見上げる僕。

写真にしろ絵画にしろ、余白が大きすぎるような気もする。

なんせ僕のいる砂浜には、目印になるような建物もなければ、海に浮かぶ船の一隻も見当たらない。

太陽と海が溶け合っているその更に向こう側では、探検家のヨットが波に揺られているかもしれない。

海賊船は嵐と仲良くやっているだろうか。

 

大きすぎる余白にぽつんと落とされた僕は、間違いだろうか。

誤って零れてしまった絵の具だろうか。

風景画を描きたかった画家にとって、スケールの大きな写真を撮りたかった写真家にとって、僕は邪魔者だろうか。

それともいいアクセントだと笑われるだろうか。

 

どの結果にも、意味は無いのだろう。

 

点は面積を持たない。

僕の見る星も、星の見る僕も。

きっと目に見えるだけの、空虚な形。

 

見上げた空は、黒に滲み始める。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

零れる 屋根裏 @Atc_Strtl

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ