8 差し伸べられる手が二本しかいないのと同じように

「子供たちと触れ合ってみてどうだった?」


 走り回ったり、はしゃいだりする子供たちを眺めながら、僕は隣に座るチャイカに声をかける。


「子供たちの多くは、成人する前に死亡する確率が高いと思います。彼らのほとんどは栄養失調で、免疫力が低下しています。それに現時点で、いくつかの病気や感染症に罹患しています」

 

 チャイカは『iリンク』で診断した結果を告げた。

 無慈悲なまでの真実を、表情も変えることなく話し、続ける。


「スバルが彼らに渡した『医療用パッチ』でできるのは、せいぜい応急処置程度のものです。根本的な症状の回復には繋がりません。早急に『医療サーバ』による正確な診断を受けることを進言します」

「ああ、そうしてあげたいんだけどね――」

 

 僕は、力なくそう言って肩を落とした。

 

 確かに、ここにいる子供たちの多くは成人を迎える前に死亡するだろう。

 しかし、それはチャイカたち『マキア』だって同じことだ。

 

『マキア』の多くが初の迎撃任務で死亡する。

 新人への洗礼である七パーセントの壁を越えられるものは、ほんの一握り。そして、その壁を越えたとしても――いや、その壁を何度も越えた精鋭トップと呼ばれる子供たちでさえ、ほとんどが五年以内に死亡する。

 

 五年以上生きられる『マキア』の数は――

 わずか数パーセント。

 

 この旧中華街の子供たちと、いったい何の変りがあるだろう?

 こんなクソッタレな世界は間違っていると思ったけれど、子供たちに肉まんを与えることしかできないのと同様に――僕が『マキア』に対してできることも、ほとんどなかった。

 

 戦闘機に乗って――

『ガンツァー』で、迎撃に出るだけ。

 

 僕には、特別な力がある。

 それでも、僕にできることは僅かだった。

 

 差し伸べられる手が二本しかいないのと同じように。

 この手からこぼれ落ちて行く多くのものを守りたいと、救いたいと願っても――それら全てを守り、救うことは不可能だった。


「にゃお」

「スバル、足元に何か来ました」

 

 僕がぼんやりと空を見上げていると、チャイカに声を掛けられて足下に視線を向けた。

 そこには、痩せこけた黒猫がいた。


「猫だね」

「猫。食肉目ネコ科ネコ属に分類される動物。哺乳類。現在の猫のほとんどが、ヨーロッパヤマネコが家畜かされたイエネコ。これは、野良猫ですね?」

 

 チャイカは猫の検索結果を口に出した。


「にゃーにゃー」

 

 猫は何かを抗議するみたいに大きく鳴いた。


「チャイカ、手を出してごらん」

「こうですか?」

 

 チャイカは猫に向って手を出した。

 すると、痩せこけた黒猫はチャイカの手をペロペロと舐めはじめる。まるで、そこに栄養があると言わんばかり――母親の乳にありつこうすると赤ん坊みたいに。


「これは、いったい何をしているのですか?」

「肉まんの匂いがするんだろうね。きっと、ものすごくお腹が減っているんだよ」

「にゃーにゃー」

 

 黒猫は、もっとお乳を出せと言わんばかりに不平を漏らした。


「何か食べる物でもあればいいんだけど、肉まんは全部あげちゃったし」

 

 僕は、困ったようにあたりを見回した。


「食糧なら、これを携帯しています」

「おおっ、基地支給の固形食糧。こんなまずいものをどうして携帯してるんだ?」

「規則です。基地を離れる際は、固形食糧と飲み水を携帯するように定められています」

「さすが、規則に厳しいソ連の『マキア』。そんな規則を守っているなんて――っていうか、今までそんな規則知りもしなかったよ」

「猫に食べさせるべきですか?」

 

 チャイカは、コートに下から取り出した固形食糧と水筒を手に持ちながら尋ねた。


「チャイカはどうしたい? 猫に食べさせたいと思うならそうすればいいよ」

「私は、この猫に食料を与えることに意味を見つけられません」

 

 チャイカの言葉に、僕は少しだけ残念な気持ちになった。


「ですが、スバルが子供たちに食料を与えたように――私も、この猫に食料を与えてみたいと思います」

 

 その言葉を聞いて、僕はたまらく嬉しくなった。

 チャイカはビスケットのような固形食糧を砕いて、それを手の先に乗せて猫に与えた。


「にゃーにゃー」

 

 猫は、一心不乱にそれを食べた。まるで砂漠でようやくオアシスを見つけたみたいに。食事の後、チャイカは手のひらに水を注いでそれを猫に飲ませて上げた。とても優しく、とても丁寧に。

 母親のように。


「かわいいなあ」

「これは、かわいいというのですか?」

「きっと、そのうちチャイカも猫を可愛いと思うようになるよ」

「理解不能です」

「ねぇ、チャイカ――」

 

 僕は少しだけ声のトーンを落として、少しだけ真面目になって言った。

 空を見上げながら。


「忘れないで欲しいんだ。チャイカたち『マキア』は――そして、僕たち『ガンツァー・ヘッド』は、『地下都市ジオ・フロント』で暮らす人類だけを守っているんじゃない。僕たちは、地上で暮らす数少ない人たち、こんな環境でも必死に生きている子供たちのことも守ってるんだってことを。もちろん、この猫も」

「私たちは、地上で暮らす人類や子供たち――そして、猫を守っている?」

「ああ、僕たちの作戦や任務が失敗すれば、地上で暮らす多くの人が被害にあって死亡する。だから、僕たちは絶対に失敗できないんだ」

 

 僕はその言葉を、自分自身に言い聞かせるように言った。

 そう、僕たちは失敗できない。

 僕は、失敗したらいけないんだ。

 

 やり直すことのできない――

 本当の失敗を。


 その時、僕の『iリンク』に緊急のメッセージがポップアップする。

 けたたましい警報を鳴らし、赤い『emergencyエマージェンシー』の文字と共に、基地の作戦司令部からの命令書が『拡張現実階層ARレイヤー』に展開する。


『iリンク』使用者の意志にかかわらず強制で展開される命令書は――

『第一種迎撃配置』の意味を持つ。

 

 そして、出撃の意味を。


 僕は、黒い雲に覆われた空を睨みつけた。

 その先から訪れる、

 飛来する、

 襲来する――


 そして、降り注ぐ、

『巨人』を迎え撃つように。


「チャイカ、行こう」

「はい」


「『ゲーゲン・ヤークト』――『ギガント・マキアー』だ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます