君との間合い、一足一刀

作者 REIA

33

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この距離感とても好きなのです。
甘々のもどかしい感じはありません。例えるなら、相手の間合いを読みあう剣道のような恋の真剣勝負。真っ直で緊張感のある青春と恋でした。

部活少年と少女。二人の立ち位置は剣道をお互いに続けながらいつしか自分から開けてしまった距離感。その距離感がたまらなく絶妙でした。

凛とした剣道少女、恵梨の佇まいと最後の頬を赤らめる可愛さのギャプは反則です。面をとりに挑み、抜き胴一本とられた感じでした。

部活女子との恋。それも互いに真剣に取り組む二人のあり方。凄く面白く、読了後の満足感に満たされています。

素敵なお話ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

間合いを詰める勇気は、剣道も恋も同じ。
15センチの使い方が、とても印象的な作品でした。
踏み出す一歩のドキドキ感が伝わってきます。
思わず共感を覚えてしまうのは、自分が中学生の時に剣道部だったからでしょうか。
剣道に馴染みのない方にもオススメの青春ストーリーです。

★★★ Excellent!!!

剣道部を主体に置いた気迫溢れる一作。
まるで試合会場に立たされているかのようなリアルな表現と、時折感じるその甘酸っぱい描写にぐいぐいと引き込まれます。

武田くんから飛び出した名言は最高! いい覚悟でしたね!
剣道の間合いと、飛び込みたい気持ちの掛け合いも大変良かったし、弱音と雨の雰囲気は、『カク』側が勉強になるほどの表現力。

ハラハラしながら読ませてくる青春ストーリーに、スクロールする手は止まりません。

この夏、大変おすすめな物語。ぜひお手に取って頂き、青春時代を思い出してみるのはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

恋愛小説と言えば、わりとふんわり遠まわしに好きだという感情を伝えるものが多いように感じますが、本作品はとても真っ直ぐというか馬鹿正直というか。
このくらいはっきりとした恋愛って、読んでて気持ちがいいですね。
なんとなく恋愛感情をふんわりほっこり伝えるのもいいですが、青臭い少年少女の素直な恋愛って、なんかいいなあって思いました。
あの頃に戻りたくなります……しみじみ……
でも内容や文章そのものが単純というわけでもなく、心の描写にもモチーフとしている剣道を上手く活用していたり、上手いなあと感じました。

★★★ Excellent!!!

高校生になった今、男女別の剣道の試合で「僕」と君が同じ場所に立つことはない。だからこの先もずっと近づくことはできないと思っていた。

とあるきっかけから、「僕」と君はひとつの「間合い」をとることになる。その間合いを挟んでの会話がまさに試合のようで。踏み込むか、踏み込まれるか、はたまた踏み込ませるか。

二人のこれからが気になる爽やかな読後感です。

★★★ Excellent!!!

15センチの物語からのスコップです。
舞台は剣道。剣道の踏み込む距離と、気迫の描写がぐいぐいと読ませます。いつだって、好きな相手には踏み込み、飛び込みたい。
相手が強ければ強いほど、しっかりとした1歩を、今、踏み出す――。

その確かな剣道の筆致と、着眼点に驚きを隠せない。
たった15センチの短さに込められた気迫と、青春の風を是非とも感じ取ってみてください。

青春✕剣道=15センチとは?

初夏にぴったりの爽やかテイストな15センチ物語です。
読み終わった時、ふっと薫風が貴方の周りに吹くはずですよ。