けものフレンズ -First Code.-

作者 甘味しゃど

90

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

けものフレンズであるとか、それ以前に文章力が段違いに高い作品だと私個人としては思うのです

細かな伏線やパークが完成されていくにつれて起こる主人公の変化、あらゆる意味で変化が起きるのです

読むなら是非、最初の主人公の姿を忘れないで読んでいただきたいとお勧めしたい

とにかく作り込みが半端じゃない、考察好きな方は楽しくて仕方ない作品なはず

私はあれなんだ、難しいこと考えるの苦手なんだがこれはちゃんと読めた
だからとにかく凄いとか語彙力のないことを言っておく


最後に 
お前スゲーよ!なんでもできんじゃん!頑張れ!お前ならできる!頑張れ!って主人公を応援して読んでると、終盤にゴメンってなるかもしれません

だから最後の最後には、よく頑張ったお疲れさまでしたって言ってあげたい(休めるとは言ってない)

★★★ Excellent!!!

どこのメディアにも出ていないジャパリパークの創成期。それを文字通り0から書き上げたのがこの作品である。

生き生きとしたキャラ同士の掛け合い。
まき散らされ、綺麗に回収されていく伏線。
引き込まれたら果ての無い深海の様な世界観。
苦難に直面し、痛みを抱え、大切なものを失っても、それでも何度でも立ち上がる主人公。

君はこの甘味ワールドについてこれるか。

★★★ Excellent!!!

「けものフレンズ」というほんわかしたアニメの二次創作にもかかわらず主人公がとてつもなく不幸な小説がこの世に生まれて来た。これは悪か…それとも良か…

そしてTwitterにて、新しい単語がこの小説が由来になって生まれた。

「甘味感」である。
意味としては「主人公が災厄を被る」ことである。「みんみ」の対義語とも言われている。
また、派生形として「甘味ダイソン」なる言葉もあるらしい。

最終章、期待しています!