Live.24『魔法少女にあこがれて 〜CHANGE THE DRESS〜』

 眼前には傷を負った鳥のようにうずくまるメイド服型のドレスと、それを守護する“チミドロ・ミイラ”を装いし白きアーマード・ドレス。

 そしてタワーの屋上には、こちらを見下ろす漆黒のアーマード・ドレス“ローゼン・ゼスタイガ”。


 敵達の視線に晒されたゼスマリカの胎内で、プリンセスドレスをまとった鞠華は瞬きもせずに身構えていた。

 三者の間で流れる静寂──それを最初に打ち破ったのは、身を低く屈めた白いアーマード・ドレスだった。


「……ッ!」


 足底から這い上がるような緊張が、鞠華の全身を駆け抜けた。

 水面を跳ねる飛び石のごとき動きで、白いアーマード・ドレスはゼスマリカとの距離数百メートルをものの二、三歩で詰めてしまう。一瞬にして懐へと飛び込み、両前腕の熊手を勢いよく振りかざして来るのだった。

 寸前、鞠華はとっさの判断で腕をクロスさせて防御体制をとる。しかし左右交互から繰り出されるかぎ爪の連撃は、じわじわとゼスマリカのガードを削ぎ崩していく。


《あらあらぁ、一機だけに気を取られていていいのかしらぁ?》

「なに……っ!?」


 あおるような大河からの通信に鞠華がハッと視線を巡らせたときには、すでにホウキを構えたアウタードレス“ネコミミ・メイド”が斜め上方から飛び込んで来ていた。白いアーマード・ドレスの猛攻と入れ替わるように繰り出されたランスの刺突が、ゼスマリカのガードを強引に突き崩す。


「うわぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


 ドレスの攻撃に吹き飛ばされ、アスファルトの上へ倒れ込むゼスマリカ。そんな瀕死の獲物を付け狙うハイエナのように、白いアーマード・ドレスは両腕の牙を剥いて飛びかかる。

 華奢な肢体フレームの上に股がられ、敵にマウントを取られてしまうゼスマリカ。まさに姫君の衣服を包帯姿の暴漢が破り裂こうとしていた──そのとき、鞠華の耳に待ち望んでいた音声こえが届く。


《──“荒ぶるは炎の調べフレイム・テンポ”!!》


 不意に意識の外から飛び込んで来た二つの火炎が、白いアーマード・ドレスへと立て続けにぶつけられた。

 投げタンバリンの予期せぬ攻撃を食らい、敵機は大きく体を仰け反らせる。そこへさらに、駆けつけたもう一人の味方が追撃を仕掛ける。


《“抜刀一閃・灘葬送なだそうそう”ォッ!!》


 獣のような雄叫びとともに、日本刀を携えた青い影が斬りかかる。袈裟懸けさがけに降ろされた刃は、後方に跳んで回避しようとしていた白いアーマード・ドレスの胸部装甲をわずかにかすめた。


《チッ、浅いか……》

《遅れてゴメーン! 大丈夫だったぁ!?》

「嵐馬さん、モネさん……!」


 地面に這いつくばっているゼスマリカを敵から守るように、それぞれの武器を構えた“スケバン・ゼスランマ”と“カーニバル・ゼスモーネ”が立ち塞がる。

 鞠華はゼスモーネの手を借りてどうにか機体を立ち上がらせると、この戦闘が始まってから初めての虚勢ではない笑みを浮かべた。


「これで3on3だ。やっとフェアプレイが出来そうだね、タイガ……!」

《ハァ、頭数さえ揃えれば対等だと思ってるワケ? まったく……見当違いもはなはだしいわね。アンタ達が束になったところで、アタシ一人にだってかなうはずないのよ!》


 嘲笑の混じった声で煽り立ててくる大河。するとそこへ会話を聞いていた嵐馬が割り込んでくる。


《なんだァその女っぽい喋り方? さてはオネエか、オカマか!?》

《だっだだだ誰がオカマですってぇ!!? 失礼な、アタシは正真正銘よッ!!!》


 その挑発めいたセリフを果たして嵐馬が本気で言っていたのか冗談だったのかは定かではないが、どうやら大河に対しての効果は覿面てきめんだったらしい。通信機越しに憤慨し始めた敵のアクターを無視しつつも、嵐馬は刀を携えて一歩前へ出る。


《白いヤツとドレスの相手は俺と星奈林セナバヤシでやる。クソアマ、お前はあのうるさくてやかましいゴスロリ野郎をどーにかしろ》

「えっ。でも、あの白いアーマード・ドレスは前に……」


 ──三人がかりでも歯が立たなかった相手だ。

 不安げにそう言葉を続けようとした鞠華を、嵐馬はぶっきらぼうにさえぎる。


《ケッ、あの時は不意打ちを食らったってだけだぜ。正々堂々正面から打ち合えば、十中八九俺が勝つに決まってらぁ》


 嵐馬の言い分はあまりにも根拠に乏しいものではあったが、それでも自分の背中を預けるには十分なほどの自信が宿っているように思えた。

 鞠華は潔くそれを認めると、臨戦態勢を取るゼスランマとゼスモーネに背を向ける。


「……わかった、二人はそっちに任せます。ボクはあの黒いアーマード・ドレスを倒して、それで絶対にアリスちゃんを救い出す!」


 鞠華は決意を固めると、前方数百メートルほど離れた場所に聳えるタワーを見据える。

 その屋上に黒いゴシックロリータの姿があることを確認すると、プリンセス・ゼスマリカはタワーの方角に向かって一目散に駆け出した。





「アタシには大キライなものが11つある。そのひとつが、このウザったいくらいに晴れた青空。ホンッと……眩しいったらありゃしないわ」


 歪に口元を緩ませる黒衣のゼスアクター・飴噛あめがみ大河たいが

 その慢心を契機に、何もない空間から雨傘アンブレラの形状をした武器が“ローゼン・ゼスタイガ”の前に現れた。ゼスタイガはその柄をつかんで引き抜くと、石突をはるか上空に向けて掲げる。


「……だから、真っ黒アタシ色に染め上げてアゲル★」


 ごうと、風がいた。

 雨傘の先端に現れた極小の裂け目クラックが渦となり、周囲に漂う空気の層を強引に巻き込んでいく。ヴォイドの作用によって物理的な法則や限界をも超えたそれは、やがて竜巻となり、なおも収束率を高めていき“剣”の形状を成す。

 いつしか横浜市街上空の天候は横浜グランドアークタワーの屋上を中心点に、快晴から暴れ狂う台風へと変化していた。風雨、黒雲、雷鳴──それらを一手にまとめ上げた雨傘の柄を、ゼスタイガはさらに強く握りしめる。その冷たき双眸に映るのは、タワーに向かって来るプリンセス・ゼスマリカただ一機のみだった。


「“裂キ誇ルルフトシュトロム”──」


 暴風の渦をまといし巨大なツルギ

 大河はそれを悦楽に満ちた笑みで振り下ろすと──。


「──“黒薔薇ノ荊フェアヴェーエン”!」


 刹那、傘布カサが開かれた/黒薔薇が開花した。

 限界を超えて圧縮されていた混沌カオスが一斉に弾け、赤黒い雷撃がほとばしる。風も空も音も容赦なく引き裂きながら、枝を織り成す稲妻は地上を駆けるゼスマリカへと突き進んでいった。


「アハハハハハハッ!! つまんなぁい、もうゲームオーバーかしら!」

《──ドレス……

「ほぇっ……!?」


 自らの勝利を確信していた大河だったが、通信回線越しに聞こえてきた鞠華の声に思わず血相を変えた。地上を覆っていた光輝が徐々に消え去っていき、大河はわが目を疑う。


《──換装完了コンプリート、“”!》


 直撃を食らったはずのゼスマリカは依然として健在だった。それも先程までのプリンセスラインドレスではなく、新たに薄い桜色を基調とした魔法少女のアーマーを身に纏っている。

 おそらくは着弾の直前に光の盾シールドを展開し、ゼスタイガの放った砲撃を防いだのだろう。それはゼスマリカ本体に限った話ではなく、なんと周辺の建築物への被害までもが限りなく無傷に近いレベルにまで抑えられていた。


「……へ、へぇ、少しはやるじゃない。でもそのドレス、どうやらパワーが凄いぶん燃費はすこぶる悪いようね。いきなりそんな広範囲にシールドを展開しちゃったら、すぐにを起こしちゃうんじゃないかしらぁ?」

《そう長続きさせるつもりはないよ。視聴者を飽きさせないのがボク流の戦術エンタメだからね……!》

「ハッ、上等じゃないの! ならそのあいらしい声帯ごと、徹底的に叩き潰してアゲルわッ!!」

 

 互いに強気な微笑みを交わす。それが合図となった。

 “マジカル・ゼスマリカ”はバトントワリングの動きでステッキを手の上で器用に転がすと、それを両手サイズの魔法の杖マジックワンドへと変化させる。そして杖の上へとまたがり、巨大化した白い翼を羽ばたかせて飛び立った。

 一方、タワーに向かって飛翔し始めたゼスマリカを迎え撃つべく、“ローゼン・ゼスタイガ”も武器を携えて屋上から飛び降りる。開いた雨傘アンブレラに風を受け、ひらひらと空中を舞いながらも、支配下にある雷雲から無造作に放電を放ち続けていく。


 地を見下ろす魔女。空を見上げる乙女。

 相反する二機のアーマード・ドレスによる舞踏たたかいの幕が今、切って落とされようとしていた。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます