愚者の炎にくちづけを

作者 Q式

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

正統派にして、問題作の現代ファンタジー。
異常にエッジの効いたキャラクターたちが色んな意味で大暴れする、まさに「豪華で劫火」な現代異能バトルとおねショタ要素がてんこ盛りである。
何より、美女なのか痴女なのか微妙な(でもカッコいい)水蜜さんが素敵すぎるぜ!
正直大丈夫なのか!?というサービスシーンも楽しめる作品だ。

★★★ Excellent!!!

異能を持つ一人の少年――鮫島朱空が、セクシーでミステリアスな女性――日向水蜜にスカウトされるところから物語は始まる。
それだけでは何の変哲もないストーリ―なはずなのに、ほかの作品と違うのは、ストーリーが進むごとに魅力的かつエッジが効いたキャラクターが大暴れすることにより物語世界が広がってくる。
何よりも魅力的なのは朱空と水蜜の関係性であり、生き生きとしたキャラクターたちの吸い込まれるような感情表現と心理描写だ。変哲のない物語だったはずなのに読者は読んでくうちにこの作品と作者がただものじゃないことを知るはずだ。
――炎はいつだって肉体の内側からやってくる。
読み始めたら最後、もう誰も止められない。面白さは保証する。