愚者の炎にくちづけを

作者 Q式

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異能者が一定数存在する現代。
念動発火能力<パイロキネシス>をもった少年――鮫島朱空は、超絶美女――日向水蜜に出会う。
自分が属する研究教育機関に来ないか?と勧誘を受けたその日から、朱空の日常は一転する。


キャッチコピーの「おねショタ×現代異能バトル」という言葉。
これだけで惹かれる人は多いと思います。
私も惹かれました。えっ何それ楽しそう。って軽い気持ちで引き寄せられて、重厚!?と衝撃を受けました。

謎が多い美女、水蜜はとにかくなまめかしい。
怪しい美人なお姉さんって、それだけで素敵ですよね。
翻弄され、少しずつ惹かれていく朱空のラブコメ要素にドキドキ。
派手な異能バトルにもドキドキと、いろんな種類のドキドキが詰まっています。

伏線の貼り方も丁寧で、序盤の段階からちゃんと回収してくれるんだろうな。という安心感を持って読み進めることが出来ました。
最初から最後まで、業火で劫火の名の通りに燃え上がらせていただきました。

そして最後に、ゼロがとっても好きです!
口悪い、戦闘狂金髪美少年……好きです……!

★★★ Excellent!!!

正統派にして、問題作の現代ファンタジー。
異常にエッジの効いたキャラクターたちが色んな意味で大暴れする、まさに「豪華で劫火」な現代異能バトルとおねショタ要素がてんこ盛りである。
何より、美女なのか痴女なのか微妙な(でもカッコいい)水蜜さんが素敵すぎるぜ!
正直大丈夫なのか!?というサービスシーンも楽しめる作品だ。

★★★ Excellent!!!

異能を持つ一人の少年――鮫島朱空が、セクシーでミステリアスな女性――日向水蜜にスカウトされるところから物語は始まる。
それだけでは何の変哲もないストーリ―なはずなのに、ほかの作品と違うのは、ストーリーが進むごとに魅力的かつエッジが効いたキャラクターが大暴れすることにより物語世界が広がってくる。
何よりも魅力的なのは朱空と水蜜の関係性であり、生き生きとしたキャラクターたちの吸い込まれるような感情表現と心理描写だ。変哲のない物語だったはずなのに読者は読んでくうちにこの作品と作者がただものじゃないことを知るはずだ。
――炎はいつだって肉体の内側からやってくる。
読み始めたら最後、もう誰も止められない。面白さは保証する。

★★★ Excellent!!!

おねショタです。いやまあ基本はそうなんですが、そこらに掃いて捨てるようなすぐ好きになって終わりじゃねえんだこれが。
内閣府直属の特務教育機関と民間軍事会社とのスカウト合戦に巻き込まれた少年がどうなっていくのか、ホント楽しみですよね。