とある精神障害者(2級)の独白日記

作者 NEO

46

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分も精神障害2級で精神科通ってて、安定剤やら眠剤などを結構飲んでますので、作者様の気持ちが良く分かります。
自分も薬飲みながらコンビニの仕事やってます。
勤務中、時々倒れそうになることもあるけど、
良く続けられるものやなぁ、って思います。
ラッシュアワーの電車に乗る時は安定剤が手放せません。
一つのエピソードの文章が短く構成されていますので、
一気に読めました。
自分にとっても大変参考になりました。
同じ障害を持つ方々の作家さんたちにも、
良い作品だと思ったので、星3つです。

★★★ Excellent!!!

まず、誰でもある日唐突になってしまう病気だと思って欲しいかな、と、近い枠の病気の私は思います。
傍から見れば、病気に見えず、本人にとってはそう見られる事に何より複雑さを感じる訳です。それが原因で悪化したり、
『ん、良くなった?』
と思わせておいて、そこで奈落に落とされる様な停滞状況になったりする病気です。
そんな事実を包み隠さず、日記として明かしてくれたNEOさんに敬意を表します。
その状態に陥らないで疑似体験させてくれるこの日記は、とても貴重だと言えるでしょう。

★★★ Excellent!!!

「双極性障害」
これがどのような障害であるのか、その障害を抱えている人の苦悩やバックグラウンドをこの作品はつつみ隠さず、リアルに伝えてくれています。

それはNEO様が包み隠さず日記ベースで語ってくれているからです。
このような日記型の作品には心打たれます。

皆様も是非読んでみてはいかがでしょうか!



※自主企画「ノンフィクション作品集まれ」から来ました!

★★ Very Good!!

 書くことで精神が保たれているのならば、それは大変良いことだと思います。書くことは生きる事、でもいいと思います。大変苦しい中でも、今、作者様は生産者であろうとしている。それはいいことだと思います。いろいろあって、しんどいと思います。本当にお疲れ様です。
 小生も障害者で2級ですが、手帳をオープンして働いております。誰にでも理解を、というわけにはいきません。しかし、誰かに理解を、と言う事は可能だと思わずにはいられません。

★★ Very Good!!

双極性感情障害に罹患されている方の日記です。

素直な想いや気持ちが飾らずに綴られており、その言葉は想いよりも叫びに聞こえます。

本当の意味でわかってあげることなんて出来やしない。

けれども、読ませて頂き、何か心を動かすものがあるのであれば、理解の一歩となるはずです。

もしかしたら曝け出すには、あまりにも辛すぎることを、如実に書き連ねてくたさっている、この想いを汲んでいただければ。

そう、思います。

★★★ Excellent!!!

同病者です。
なので、「ああ、そうそう!」「わかるわ〜」と思いながら読んでいました。
もちろん、同じ病気でも人それぞれ違うところはあるので、「なるほど、そういうこともあるのね」とも思いました。
思ったことをただ叩きつけてるようでいながら、ぐいぐいと読ませるものがありました。
私も躁うつ日記を書いてみたいのですが、きっとこんなふうにうまくは書けないでしょう。
これからも楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

ある意味、私には他人事には思えない、日記です。
真面目な文章です。
私に衝撃を与えました。
私の知り合いにも作者様と同じ様な女の子が居ます。
ですが、あまり詳しく知れていませんでした。
しかし、作者様の著書を拝読させていただき、本当に大変なんだ。
と改めて知る事が出来ました。
彼女は今は芸術大学に通っていますが.....。
私とは違う、大変さ。
これが知れました。
頑張って下さい。応援しています!