第9話 真奈美の弁当

次の朝。いつも通り一階に下りると、キッチンには姉貴が立っている。


「おはよう」


こっちを振り返りながら姉貴が言った。


「ああ」


短く答えた後、ふと気づく。そう言えば、今日から弁当を作らなくていいことを伝えてなかった。


「なぁ、姉貴」


「なぁに」


どうやら、もう、いつものように弁当を作り始めてるらしく、皿に盛られた卵焼きやほうれん草のソテーを弁当箱の中に詰めている。


「その……昨日言い忘れたんだけどさ」


「うん」


作業の手を止めずに、返事だけ返してくる姉貴に言った。


「俺の弁当、もう作らなくていいから」


不意に姉貴の手が止まる。


「……何で?」


「何でって、その……」


振り返った姉貴の顔が、どこか強張っていて、真奈美が弁当を作るからだと言いづらい。


「いや、姉貴も大変だろ?毎日二個作るの」


「大変じゃないよ!ついでだし、結構作るの楽しいし」


「でもさ……」


「野菜が多いから嫌だったの?じゃあ、これからは、お肉とか多目にするから。今日、唐揚げなんだけど、いつもより多く……!」


「悪い。真奈美が弁当作ってくれるらしいから」


なぜか必死に話してた姉貴の口が、ぴたりと止まった。


少しの間、重い沈黙が続く。


「……そう。杉野さんが」


分かった、と呟くように言うと、姉貴は再び俺に背を向け、そのままずっと、こっちを見ようとしなかった。



「屋上で食べようよ」


昼飯の時間になり、真奈美が俺の席に来ると言う。


「屋上?何で?」


「二人で食べようかなぁって、思って」


真奈美の手には、二つの弁当が乗っていた。


「いや、二人って、秀一が」


言いかけた時、秀一が側に立っている。


「俺のことは気にせず、二人で屋上で食べてきなよ」


秀一は真奈美に向かって爽やかな微笑みを投げ掛けた。


「もう、間宮君てば気が利く~!」


真奈美は嬉しそうに言いながら、俺の腕を引っ張る。


「さっ、行こ行こ」


ご機嫌な表情の真奈美に強引に連れていかれる俺の耳元で、「頑張れよ」と秀一が囁いた。


「今日はちょっと陰ってるから、屋上でも全然大丈夫だね~」


目の前で、空を見上げながら真奈美が言う。


「腹減った。早く食おうぜ」


「もうっ、今あげるわよ」


真奈美が嬉しそうに俺の隣に座ると、はい、と俺にでかい方の弁当を渡した。どう見ても男用の弁当箱だけど、このために買ったのか。


「頂きます」


礼儀正しく両手を合わせた真奈美を隣に、俺は黒い弁当箱を開けた。中には、海苔で巻いたおにぎり、豚肉のしょうが焼き、タコ型に切ったウインナー、春巻き、卵焼きなどが、ぎっしりと詰まってる。


「これ、みんなお前が作ったの?」


「うん!」


「思ってたより、スゲーな」


「へへ」


真奈美が照れたように笑う。


今朝は姉貴への、ほのかな罪悪感があったが、俺のためにこんなに一生懸命作ってくれた真奈美を思うと、その罪悪感も何となく薄れていくのを感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます