第3話 クラスメ-ト

「おはよ、高梨」


学校の駐輪場に自転車を置いていると、背後から声をかけられた。振り返ると、同じクラスの杉野真奈美が立っている。


「おう」


軽く答えると、真奈美と一緒に教室に向かった。


「ねぇ?」


階段を上がりながら、真奈美が聞いてくる。


「なに?」


「今日も持ってきたの?」


「何を?」


「愛妻弁当」


その一言に、俺は階段の途中で立ち止まり、真奈美を睨んだ。


「お姉さんのお弁当持ってきたの?」


「何だよ、愛妻とか。意味わかんね」


「だって毎日じゃない」


「姉貴が無理矢理押し付けてくるだけだよ」


「そうかなぁ?高梨、お姉さんのお弁当食べる時、すっごく幸せそうな顔してるよ?」


「どんな顔だよ。別に幸せじゃねーし」


くだらない真奈美の絡みに、俺はまた階段を上り始める。


「じゃあさ、今度私が作ってきていい?」


先を行き始めた俺に小走りで追い付くと、真奈美が言った。


「はぁ?」


「お弁当が欲しいんでしょ?だったら私が作ってきてあげる」


「いや、別に弁当が欲しいわけじゃ……」


「明日、作ってくるから。だから、お姉さんのお弁当要らないから」


「何で、勝手に決め……」


「約束だからね!」


一方的な約束を結ばせると、真奈美は教室のドアを開けた。


「おはよ、友梨!」


そして、すでに登校していた女子達のグループの中に入っていく。


ったく。女ってのは、なんで、こっちの話を聞かないんだよ?


ため息をつくと、俺は自分の席に向かった。


気づかない振りをしてるが、さっきのは真奈美の嫉妬なのは分かっている。真奈美は、たぶん俺に好意がある。真奈美は良くも悪くも真っ直ぐで、嘘がつけない。


高一の時から、真奈美の気持ちは何となく気づいていた。姉貴とはちゃんと距離を置いてるつもりなのに、真奈美には何度も「シスコン」だとイジられている。


きちんとコクられた訳じゃないのを理由にして、真奈美との関係を何となく先伸ばしにしていた。


でも、高二になったくらいから、真奈美の態度がよりあからさまになってきている。


退屈な授業二時間目に突入。


暑さも手伝い、もはやダルさしかない。この先の人生で、いつ使うんだか分からない数式を右耳から左耳に聞き流しながら、俺は、ふと開け放たれた窓の向こうに視線を向けた。ちょうど三年が、校庭で体育の授業をしている。


(いた)


姉貴を見つけた。


集団の中に埋もれていても、なぜか姉貴のことは簡単に見つけられる。それは、姉貴が客観的に見て美人なのと、恵まれたプロポーションだからってこともあるだろう。


でも、それとも違う理由の方がきっと大きい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます