料理の得意な妹に才能の差を見せつけられた兄が唯一勝てるモノ

作者 無月弟

42

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分の方が勝っていたのに、才能があるのは妹の方だった。
悔しいですよね。好きなことならなおさらです。
でも、だからって負け続けるわけにはいかない。兄として。
例え今は一つだけでも……。

そんなお話です。
思わずにやにやしてしまう、いい兄妹関係だなぁと思いますが、もし自分が実際そうだったら、やきもきして大変そうですね。
お兄ちゃん……がんばれ!

★★★ Excellent!!!

料理好きな主人公であるお兄ちゃんは、妹に料理では一歩及ばず。

そんなお兄ちゃんが『唯一勝てる料理』。それは……。

ネタバレになるので言いません(笑)

ただ、きょうだいがあり、長子である人は、結構主人公であるお兄ちゃんに共感するのではないでしょうか。
『料理』というジャンルだけにとらわれず、『きょうだい愛』という観点からもほっこりできる作品です。

★★★ Excellent!!!

主人公を兄貴と呼ぶ妹。
料理が好きで料理の才ある妹に嫉妬する兄。

才能ある妹と自分を比べながらも、進路の事で悩む兄が料理学校へ行く事を決めるところなど、この兄弟にとって料理が特別なものだと感じました。
兄貴、という呼び方も現実の兄弟感があって、兄弟のやりとりがとても好きです。嫉妬しながらも妹に作り方を教えてあげるお兄ちゃんもとてもいい。だからきっと、唯一勝てるものをお兄ちゃんはもっているのですね。
少なくとも妹にとって顔をしかめてしまう、兄の料理には特別な感情がこもった特別な料理。とても素敵なお話でほっこりしました。

二人はライバル。
これから先もきっとこんなやり取りをしながら切磋琢磨していくのでしょう。とてもおいしく読ませて頂きました。
皆さんも、お兄ちゃんの唯一勝てる……いや、兄弟な特別な料理を召し上がってみてください。きっとあなたを優しい気持ちと、笑顔にしてくれますよ。